FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

「ロート製薬抗議に伴うチーム関西不当逮捕事件」 誤った言説の流布の訂正

 意図的かどうかは定かではありませんが、今回の事件について誤った言説が流布しているので、訂正しておきます。
1.「強要罪」は親告罪ではない。
 2ちゃんねるにこういう書き込みがありました。
強要罪は申告罪だからロートが刑事告訴を取り下げしたら4人ともすぐに放免されるんだよ。
弁護士を通じて4人がロートに謝罪を通達して「二度とロートには関わらない」と誓約して支持者たちも「4人への刑事告訴を取り下げしてください」という嘆願の署名を多数集めるしか方法はない。それを起訴決定前にやらなきゃ手遅れだ。
」(リンクはこちら)
 しかし刑法「第32章 脅迫の罪」の各罪は「親告罪」(親を申と間違えているのもご愛敬です。)ではありません。「親告罪」の場合は、例えば「第22章 わいせつ、姦淫及び重婚の罪」のように章の終わりに、「第180条 第176条から第178条までの罪及びこれらの罪の未遂罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。」と入っています。
 したがって「ロートが刑事告訴を取り下げした」からといって「4人ともすぐに放免される」わけではありません。非親告罪の場合は、「被害届が取り下げられると裁判ができないという決まりはありません」(リンクはこちら)ということからです。
 というよりも今回の場合、「ロート」が「告訴状」はもちろん「被害届」さえ出していない可能性だってあり得ます。昨日のエントリーで書いたように、今回は1月の事件からの一連の流れであるので、「ロート」の対応は今回の事件の立件に無関係であると考えられます。
 今後の再発防止のためはともかく今回の事件の解決を第一義に考える方はその点をよく念頭において行動して頂きたいと思います。
2.西村斉君は「脅さないと」という言葉使いをしたとは思えない。
 5月10日の産経新聞は,”西村容疑者は「日本の領土に関わることなので、あれくらい脅さないといけないと思った」と容疑を認めているという。”と報道しています(リンクはこちら)。
 しかし当方は西村斉君が「脅さないと」という言葉使いをしたとは思えません。おそらく実際には「抗議しないと」という程度の言い方をしたのをマスコミが「脅さないと」という言い方に変えたのではないかと推測されます。
 逮捕後に誰か弁護士が接見したかさえ明らかでないので断定的なことは言えませんが、当方が5日に彼らに会ったときの印象では彼らがそのような言い方をしたとは到底思えません。
3.チーム関西への寄附は在特会ではなくチーム関西の口座へ!!
 おつるさんのブログにはこうあります。
偏向報道はまた「在特会」が・・・とか言ってますが彼らは在特会ではありませんし、まだ籍を置いている西村斉さんも在特会とは精神的にも行動も決別されていますので、もしご支援したい、寄付をしたいという方がありましたら下記の方へお願いいたします
【チーム関西へのご寄付はこちら】
ご支援口座:ゆうちょ銀行 コード9900 店番448 普通 四四八店 2889702 チームカンサイ
」(リンクはこちら)。
 またジェリーさんのブログにはこうあります。
本当に西村斉さん、荒巻さんを応援してくださっている方々は、ご寄付は在特会ではなく、チーム関西へお願い致します。」(リンクはこちら)。
 ただし、「チーム関西の口座は今は凍結されているだけで、ゆくゆくは解除されます。しかし新しい新口座を開設予定らしいので、詳細がわかりましたら皆様にすぐにご報告申し上げます。」(リンクはこちら)。
  1. 2012/05/13(日) 12:57:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「慰安婦は単なる売春婦(Prostitutes)」こそ真実、恥を知らないのはどっちだ? | ホーム | 「ロート製薬抗議に伴うチーム関西不当逮捕事件」 相手方の陣容は?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1022-b28fe9d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)