FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

「This article by Han-Yi Shaw, a scholar from Taiwan」 英訳その1

 「台湾人学者の妄説など訳してもしょうがないわ」と思って昨日は「この後には「This article by Han-Yi Shaw, a scholar from Taiwan」が続くので省略する。」としたのだが、「敵を知り己を知れば、百戦あやうからず」だから気を取り直して訳してみたい。

Japan's recent purchase of the Diaoyu/Senkaku Islands has predictably reignited tensions amongst China, Japan, and Taiwan.
尖閣諸島の日本の最近の購入は、中国、日本と台湾の間の緊張を予想通り再点火した。
Three months ago, when Niwa Uichiro, the Japanese ambassador to China, warned that Japan's purchase of the islands could spark an “extremely grave crisis” between China and Japan, Tokyo Governor Ishihara Shintaro slammed Niwa as an unqualified ambassador, who “needs to learn more about the history of his own country”.
3ヵ月前、丹羽宇一郎(日本の中国大使)が日本の島の購入が中国と日本の間で「極度に重大な危機」の口火となり得ると警告したとき、石原慎太郎東京都知事は丹羽を彼自身の国の歴史についてもっと勉強する必要のある資格のない大使として非難した。
Ambassador Niwa was forced to apologize for his remarks and was recently replaced.
丹羽大使は彼の意見について謝罪することを余儀なくされ、最近更迭された。
But what is most alarming amid these developments is that despite Japan's democratic and pluralist society, rising nationalist sentiments are sidelining moderate views and preventing rational dialogue.
しかしこれらの出来事の中で最も人を驚かせることは、日本の民主的で多元的な社会であるにもかかわらず、高まる国家主義者的な感情が穏やかな見解を脇に追いやり、合理的な対話を妨げているということである。
The Japanese government maintains that the Diaoyu/Senkaku Islands are Japanese territory under international law and historical point of view and has repeatedly insisted that no dispute exists.
日本政府は、Diaoyu/尖閣諸島が国際法と歴史的見解の下での日本の領域であると断言し、論争が存在しないと繰り返し主張してきた。
Despite that the rest of the world sees a major dispute, the Japanese government continues to evade important historical facts behind its unlawful incorporation of the islands in 1895.
それにもかかわらず、世界の残りは大きな論争、すなわち日本政府は1895年における島の違法編入の背後に重要な史実を回避し続けていると見ている。
Specifically, the Japanese government asserts, “From 1885 on, our government conducted on-site surveys time and again, which confirmed that the islands were uninhabited and there were no signs of control by the Qing Empire.”
具体的には、日本政府は「1885年からずっと、我々の政府は再三再四現場での調査を運営した。そして、島が無人であり、清帝国による支配の徴候がないことを確認した。」と断言している。
My research of over 40 official Meiji period documents unearthed from the Japanese National Archives, Diplomatic Records Office, and National Institute for Defense Studies Library clearly demonstrates that the Meiji government acknowledged Chinese ownership of the islands back in 1885.
日本の国立公文書館、外交記録館及び国立防衛研究所図書館から発掘された40以上の明治時代の公文書の私の研究は、明らかに明治政府が1885年には島の中国の所有を認識していたことを証明している。
Following the first on-site survey, in 1885, the Japanese foreign minister wrote, “Chinese newspapers have been reporting rumors of our intention of occupying islands belonging to China located next to Taiwan.… At this time, if we were to publicly place national markers, this must necessarily invite China's suspicion.…”
最初の現場での調査に続いて、1885年に日本の外務大臣は「中国の新聞が、台湾の隣に所在する中国に属している島を占領する我々の意図という噂を報告している。… この時に、もし我々が公的に国家の標識を置くなら、これは必然的に中国の疑惑を引き起こすに違いない。… 」と書いた。
In November 1885, the Okinawa governor confirmed “since this matter is not unrelated to China, if problems do arise I would be in grave repentance for my responsibility”.
1885年11月に、沖縄県知事は「この問題は中国とは無関係でないので、もし問題が起こるならば、私は私の責任のために重大な悔悟にあるでしょう」と確認した。
“Surveys of the islands are incomplete” wrote the new Okinawa governor in January of 1892.
「島の測量は、不完全である」と、1892年1月に新任の沖縄県知事は書いた。
He requested that a naval ship Kaimon be sent to survey the islands, but ultimately a combination of miscommunication and bad weather made it impossible for the survey to take place.
彼は海軍船海門が島を調査するために送られことを要求した、しかし、結局のところ、伝達不良と悪天候の組合せが調査が起こることを不可能にした。
Japan Diplomatic Records Office.Letter dated May 12, 1894 affirming that the Meiji government did not repeatedly investigate the disputed islands.
1894年5月12日付けの日本の外交記録局書簡は、明治政府が論争のある島を繰り返し調査しなかったことを認めている。
“Ever since the islands were investigated by Okinawa police agencies back in 1885, there have been no subsequent field surveys conducted,” the Okinawa governor wrote in 1894.
「島が1885年に沖縄県警察によって調査されて以来ずっと、実行された後続の実地調査はない」と、沖縄県知事は1894年に書いた。
After a number of Chinese defeats in the Sino-Japanese War, a report from Japan's Home Ministry said “this matter involved negotiations with China… but the situation today is greatly different from back then.”
日清戦争におけるいくつかの中国の敗北の後、日本の自治省の報告は、「この問題は、中国との交渉を引き起こした、…しかし、今日の状況は、過去と大いに異なる。」とした。
The Meiji government, following a cabinet decision in early 1895, promptly incorporated the islands.
明治政府は、1895年前半の閣議決定の後、島をすぐに編入した。
Negotiations with China never took place and this decision was passed during the Sino-Japanese War.
中国との交渉は決して起こりませんでした、そして、この決定は日清戦争の間、通過されました。
It was never made public.
それは、決して公表されなかった。
In his biography Koga Tatsushiro, the first Japanese citizen to lease the islands from the Meiji government, attributed Japan's possession of the islands to “the gallant military victory of our Imperial forces.”
伝記において古賀辰四郎(島を明治政府から賃借する初の日本の市民)は、島の日本の所有を「我々の帝国軍隊の勇敢な軍事的勝利」のおかげであると考えました。
Collectively, these official documents leave no doubt that the Meiji government did not base its occupation of the islands following “on-site surveys time and again,” but instead annexed them as booty of war.
全体的に、これらの公文書は、明治政府が「現場で、再三再四調査した」あとに続く島の占領を基礎付けず、その代わりに戦争の戦利品としてそれらを併合したという大きな疑いを残している。
This is the inconvenient truth that the Japanese government has conveniently evaded.
これは、日本政府が便利に避けた不都合な真実である。


 ここまでの部分では、最後から2番目の文章に「no doubt」となっている理由が理解できない。これは意味からすれば正しくは「big doubt」ではないだろうか。訳ではそういう意味に訳しておいた。
(その2へ続く)
  1. 2012/10/06(土) 08:14:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「This article by Han-Yi Shaw, a scholar from Taiwan」 英訳その2 | ホーム | 「NYタイムズ「中国に同情」」 この著者がどこまで当時の尖閣を巡る客観的事実を理解しているか疑問!!>>

コメント

ご報告です

こんにちは。

拙ブログ
http://mich-maruyama.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/new-york-time-1.html
にて本記事、及び「英訳その2」を引用させていただきました。事後報告で恐縮ですが、ご連絡させていただきました。

金子様のブログ、引き続き拝読させていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。
  1. 2013/01/19(土) 09:29:51 |
  2. URL |
  3. Mich #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1175-17f37219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)