金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

活動報告 11月28日救う会いばらき主催「金剛山歌劇団の公演に断固抗議」活動参加

 本日は午後3時から救う会いばらき主催により茨城県立県民文化センター前で行われた「金剛山歌劇団の公演に断固抗議」活動に参加しました。
 今日は晴天かなと思っていたのですが、水戸市内は雲がたれ込め、活動が始まる頃にはにわか雨が降り出し活動が終了した午後5時少し前まで降ったり止んだりでした。
 抗議活動は建物に向かっての普通の街宣だったのですが、警察が再三音量が条例で定められた85デシベルを超えていると停止命令が出ました。
 普段我々が都内でやっているより随分小さな音量なので「本当に合っているのか。機械を見せろ。」と言ったのですが、「見せる必要はない」という一方的な返答しかありませんでした。
 当方の後に街宣をした人の途中に八木君が警察の機械を見に行ったら60デシベルであったそうです。
 Wikiによれば、デシベルの定義は、LB=10log(B/A)です(リンクはこちら)。
 したがって、85デシベルと60デシベルの音の倍率は、
85-60=10log(B1/A)-10log(B2/A)=10log(B1/A÷B2/A)=10log(B1/B2)
log(B1/B2)=2.5
B1/B2=10の2.5乗≒316.23
となるはずです(自信はありませんが)。
 もしこの計算が合っていれば、どう考えても85デシベルまでは到達しそうにないと思います。
 ただ警察の担当者は八木君の街宣中の最大値は90デシベルだと言っていました。真実はどうだったのでしょうか。
 活動終了後は所用により直ぐに帰路に着きました。
  1. 2012/11/28(水) 18:56:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「大胆金融緩和、問われる手段 衆院選の争点に」 我が国経済を救えるのは支那や南朝鮮を正面から敵とみなせる者だけ!! | ホーム | 「【外務省発表】戦時徴用わずか245人。自由意志で在日」 ポツダム宣言後もなぜ日本国民と解釈する必要が?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1255-3903b33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)