金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

「国際経済及び為替レートに関する議会報告書」 支那にはなぜ甘い、アメリカ!! その1

 昨日のエントリーで「「韓国に為替介入自粛要求へ、米財務省が方針」という朝鮮日報日本語版を取り上げたのだが、もう少し詳細が知りたいので参考に原文を当たってみる。
 6月7日のエントリーで取り上げた今年上半期の分と名称は同じだろうと予測して、「Report to Congress on International Economic and Exchange Rate Policies」で検索すると、早速出てきた。日付は「November 27, 2012」だから間違いないだろう(リンクはこちら)。
 この中で「ASIA」の部分は、「China」、「Japan」、「South Korea」の順に出ており、ついでなのでその順で見てみる。ただし訳する部分は主として結論部分である最後の数段落とする。

Asia
アジア
China
中国
(中略)
Chinese authorities have stated their intention to gradually move towards greater convertibility of the RMB under the capital account.
中国当局は資本勘定における人民元のより大きな兌換性へ向かって徐々に転換する意向を表明している。
This shift will require China to reduce the extensive capital controls that it currently has in place that restrict the free flow of cross-border capital and investment.
この転換は中国が現在所定の位置に持ち国境を越えた資本と投資の自由な流れを制限している大規模な資本規制を減らすことを必要とするだろう。
China has been making some limited progress in this area recently.
中国は最近この分野でいくつかの限られた進歩を遂げ続けてきた。
Under the framework of the S&ED, China more than doubled the total dollar amount that foreigners can invest in China's stock and bond markets under its Qualified Foreign Institutional Investor (QFII) program from $30 billion to $80 billion.
S&ED(戦略経済対話)の枠組みの下で、中国は中国の株式・債券市場においてその適格外国機関投資家(QFII)プログラムの下で外国人が投資できる合計金額を30億ドルから80億ドルへ倍増した。
China also has gradually permitted some offshore banks and financial institutions to invest RMB holdings into the domestic interbank bond market; allowed for the development of cross-border exchange traded funds (ETFs) between Hong Kong and Mainland China; made it easier for domestic Chinese firms to raise funds in the offshore market by issuing offshore RMB-denominated bonds; and announced plans to create a “Qianhai Bay” economic zone to pilot increased cross-border financial transactions.
中国はまた国内の銀行間債券市場へ人民元の保有を投資するために徐々にいくつかの被居住者向け銀行や金融機関を許可し、香港と中国本土間の国境を越えた上場投資信託信託(ETF)の発展を許し、中国国内企業が被居住者向け人民元建て債券を発行することにより被居住者向け市場で資金を調達することを容易にし、そして国境を越えた金融取引の増加を導くために前海湾経済地区を造成する計画を発表した。
These policies represent steps in the direction of greater opening of China's financial sector, though significant restrictions still remain in place.
これらの政策は、かなりの制限がまだ所定の位置に残っているが、中国の金融セクターのより大きな幕開けへの方向性における歩みを表している。
The decline in China's current account surplus over the past four years, together with the real appreciation of the RMB since June 2010, the apparent reduction in intervention, and China's steps to gradually open its capital account, indicate that China has gradually been allowing the necessary external adjustments and reducing its interventions.
2010年6月以来の人民元の実質的上昇、介入の目に見える減少及び徐々にその資本勘定を開放しようとする中国の歩みを伴った過去4年間の中国の経常収支黒字の減少は中国が徐々に必要な外部調整を許しその介入を減じていることを示している。
Because of these changes, estimates of the remaining degree of undervaluation have narrowed over the past two and a half years.
これらの変更のため、過小評価の残存度の見積りは過去2年半にわたって縮小している。
At the same time, this process of adjustment remains incomplete, and more progress is needed, particularly in shifting China towards sustainable growth based on household consumption.
同時にこの調整プロセスは不完全なまま止まっており、より大きな進歩が必要とされている。それは特に家計消費に基づいた持続可能な成長に向けて中国を転換させることにおいてである。
China's exceedingly high foreign exchange reserves relative to those of other economies,the persistence of its current account and trade surpluses, and the insufficient degree of appreciation of the RMB, especially given rapid productivity growth in the traded goods sector, suggest that the real exchange rate of the RMB remains significantly undervalued and further appreciation of the RMB against the dollar and other major currencies is warranted.
他の国の経済のものと比較して中国の非常に高い外貨準備、その経常収支と貿易黒字の持続性及び特に貿易財部門で急速な生産性の伸びを与えられた人民元の切り上げの不十分な程度は、人民元の実質為替レートが大幅に過小評価されたままで残っておりドルや他の主要な通貨に対する人民元のさらなる上昇が当然であることを示唆している。
China's large foreign reserve accumulation has prolonged the misalignment in its real effective exchange rate and hampered progress toward global rebalancing, including among economies that compete with China for exports.
中国の大規模な外貨準備の蓄積はその実質実効為替レートのずれを延長し輸出のために中国と競争する経済の間を含めて世界的な再均衡化に向けた進展を妨げている。
It is in China's interest to allow the exchange rate to continue to appreciate, both against the dollar and against the currencies of its other major trading partners.
これは、為替レートが対ドル及び対そのほかの主要な貿易相手国の通貨の両方で上昇し続けることを許すことは中国利益になる
Continued appreciation by China would allow the exchange rate to serve as a tool to encourage consumption in China so as to maintain strong, and more balanced growth; enable the adjustment needed for broader financial sector reform; and support China's stated goal of reforming its growth model.
中国による継続的な上昇は、強くまたより均衡のとれた成長を維持するように為替レートをして中国の消費を促すための道具として機能させることを許し、より広範な金融セクター改革のために必要な調整を可能にし、そしてその成長モデルを改革するという中国の目標を支えるだろう。
While rebalancing the Chinese economy may create challenges in the short run for manufacturers that rely excessively on external demand, it is important to recognize that the longer the currency remains undervalued, the greater will be the misallocation of resources that will eventually have to be corrected.
中国経済を再均衡化することは外需に過度に依存する製造業者にとって短期的に課題を作成するかもしれないが、通貨が過小評価のまま長くあればあるほど最終的には修正されなければならない資源の誤配分がより大きくなるだろうと認識することが重要である。
In addition to promoting consumption-led growth in China, greater RMB flexibility also would encourage increased exchange rate flexibility in other Asian economies that are trying to maintain trade competitiveness vis-a-vis China.
中国で消費主導の成長を促進することに加えて、より大きな人民元の柔軟性はまた中国に対する貿易競争力を維持しようとしている他のアジア経済における為替レートの柔軟性を促進するだろう。
Thus, greater RMB flexibility would further promote a strong and sustained global recovery and remove distortions from the international monetary system.
したがってより大きな人民元の柔軟性はさらに強力かつ持続的な世界の回復を促進し国際的通貨システムから歪みを取り除くだろう。
(その2へ続く)
  1. 2012/12/02(日) 23:50:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「国際経済及び為替レートに関する議会報告書」 支那にはなぜ甘い、アメリカ!! その2 | ホーム | 「河野談話見直し発言、安倍氏が軌道修正」 現在の動きはもう完全に6年前の再現ドラマ!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1262-70102721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)