金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

「中国船が一時領海侵入 先月20日以来」 国会の文書では武力行使の権利を認めるものあり!!

 12月4日の産経新聞は,”中国船が一時領海侵入 先月20日以来
 4日午後0時12分ごろ、沖縄県・尖閣諸島の領海に中国の海洋監視船が侵入したのを海上保安庁の巡視船が確認した。監視船は約10分後に領海を出た。中国船の領海侵入は先月20日以来で、9月に政府が尖閣諸島を国有化してからは13回目。
 第11管区海上保安本部(那覇)によると、領海に入ったのは「海監46」。尖閣周辺にはほかに「海監49」「海監66」「海監137」も領海外側の接続水域を4日朝から航行している。尖閣周辺での中国船の航行は2日以来2日ぶり。
 海保の巡視船が領海内に入らないよう無線などで警告しており「海監137」からは「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は古来中国の領土である」と中国語と英語で応答があった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 外国公船の領海侵犯に対する我が国政府の対応については、9月16日のエントリーで、「日本が批准する国連海洋法条約では、領海内で正当な理由のない活動をする公船に、退去要求以外は何もできない。」という内容の報道を紹介したところである(リンクはこちら)。

 その際には政府の根拠資料は提示しなかったが、それは平成23年1月7日付けの「海上警察権のあり方に関する検討の国土交通大臣基本方針」という文書である(リンクはこちら)。
 この中には、
1.領海内の外国船舶の通航に対する執行管轄権の行使が国際法の制約を受ける(無害通航権、軍艦・政府公船)。」(2頁)
・軍艦・政府船舶は、領海内であっても我が国の管轄権が国際法による制約を受ける。」(7頁)
なお、同条約(=国連海洋法条約)第30条には、沿岸国は、これらの船舶(=軍艦及び各国政府が所有し又は運航する船舶であって非商業的目的のみに使用されるもの)が法令の遵守を無視した場合には、遵守することを要請し、当該要請を無視した場合には、領海から直ちに退去することを要求することができるとされている。」(7頁)
とある。

 前回もこのような解釈には疑問を呈したのであるが、今回調べたところ、実際に国会の文書では異なる解釈を示しているので紹介する。
 それは「国立国会図書館調査及び立法考査局」作成の「レファレンス 2012.1」中の「無害通航を行わない外国船舶への対抗措置に関する国際法上の論点―軍艦を中心に―」という文書である(リンクはこちら)。
 この中には、
条文上明文規定があるわけではないが、自国領海内で無害通航を行わない軍艦が退去の要求に従わないときは、沿岸国には第30条を実施するために必要最小限の武力を行使する権利がある。もっとも、そのような武力行使が国際法上合法となるには、必要性と均衡性という自衛権の行使の要件(次章を参照。)をみたす必要がある。」(9頁)
SROE(=「標準交戦規則」(Standing Rules of Engagement))によれば、自衛には、①エスカレーション防止(De-escalation)、②必要性、③均衡性の三つの原則が適用される。①は、時間と状況が許せば相手に警告し威嚇的な行為を中止する機会を与えることである。②は、「敵対行為又は公然と示された敵対意図」が存在することである。③は、自衛における武力行使について、その種類、期間及び範囲は必要とされる程度を超えてはならないというものである。」(10頁)
とある。

 尖閣への支那軍艦の侵犯で「必要性と均衡性という自衛権の行使の要件」を満たすことは容易である。
 このような解釈の相違は単純に行政府と立法府の姿勢の差ということなのだろうか。それともやはり菅政権と野田政権の性格の差が出たのだろうか。
  1. 2012/12/04(火) 23:42:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<"「竹島日本領」のくい送付 文候補に右翼団体" 外交・安保が軽視されがちな衆議院選を正道に戻すのに効果的!! | ホーム | 「中国が外国船舶取り締まり強化、海南省管轄の南シナ海対象に条例」 支那の増長の要因は尖閣に対する我が国の無様な対応!!>>

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
  1. 2013/02/15(金) 14:44:20 |
  2. URL |
  3. 初心者の株 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1266-b0938158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)