金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"「ふわっとした民意」つかみかね、伸び悩む維新" つかみかねではなく民意は明確だがそれに応えられていないだけ!!

 12月7日の産経新聞は,”「ふわっとした民意」つかみかね、伸び悩む維新
 第三極の中心勢力として衆院選の「台風の目」と目されてきた日本維新の会が、公示後の伸び悩みに頭を抱えている。「ふわっとした民意」(代表代行の橋下徹大阪市長)をつかむ鍵となるのは「二枚看板」である橋下氏と石原慎太郎代表の動きだが、ここに来て2人の動きの違いが際立ってきた。
 初の国政選挙を戦う維新が選挙活動の中で最も重視しているのは、橋下氏と石原氏による応援演説だ。橋下氏は全国各地で街頭演説を重ね、6日は北関東3県を回った。しかし、石原氏は公示前、遊説に意欲的な姿勢をみせていたものの、これまでの遊説は1日3回以下で6日はゼロだった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 まず問題となるのは「ふわっとした民意」の意味である。これについてはまず発言者本人の説明を聞くしかない。

 6月24日の読売新聞は,”橋下市長「ふわっとした民意誘導するのも政治」
 政局が緊迫する中、大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は23日、「維新政治塾」入塾式で、「政治不信は最高潮に達している。維新は国民と政治をつなぐ仕組みを作り直す」と、既成政党への批判を高めた。
 「各種団体の声を有権者全体と見誤っているのが既成政党の今の状態だ。維新は各種団体から目の敵だ」と言う橋下代表は、「頼れるのは、声なき声、『ふわっとした民意』だ。ものすごい応援になるが、一瞬にして離れていく。この民意を得られないと統治機構は変えられない」と、無党派層をターゲットにするよう塾生らに訴えた。
 ただ一方で、「日本のためを思って、今のふわっとした民意がちょっと違うのであれば、ある方向に誘導していくのが政治だ。ふわっとした民意に縛られるわけじゃない」とも語った。
”と報道した(リンクはこちら)。

 これを読むと対比されているのは,「各種団体の声」であり,「ふわっとした民意」とは「無党派層」の言い換えに過ぎない。
 そうだとすれば,「ふわっとした」という形容詞は余り意味がない。単に「民意」だけでも十分に「代表代行の橋下徹大阪市長」の意図は表現されると思われる。
 したがって次に問題となるのは現状の「民意」がどういうものかである。それは今回の選挙の争点から明確だろう。

 11月6日の日経新聞は,”衆院解散、12月4日公示 16日投開票へ
 衆院は16日午後の本会議で解散した。政府は解散後の臨時閣議で、衆院選の日程を「12月4日公示―16日投開票」に正式決定し、与野党は事実上の選挙戦に突入する。
 政策では経済再生・成長戦略やエネルギー、領土・領海を巡る問題など外交・安全保障が争点になる見通し。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「政策では経済再生・成長戦略やエネルギー、領土・領海を巡る問題など外交・安全保障が争点になる」とあるが,これを解決するために強い政策を求めるというのが主たる「民意」だろう。
 ではこのことに果たして「日本維新の会」は応えているか。一昨日にも「要するに外交・安全保障とマクロ経済論が徹底的に弱いのである。」と書いたように当方は全く応えられていないと考える。
 そしてこのことは果たして単なる知識不足によるものか。当方はそうではないと考える。それはやはり現在の日本政治に対する問題意識の誤りだろう。
 例えば「各種団体の声を有権者全体と見誤っているのが既成政党」とあるが,このような問題意識は余りに古いと言うべきである。
 またそのことは11月18日のエントリーで紹介した「維新・太陽」の「合意文書」からも明らかである(リンクはこちら)。
 「【1】 中央集権体制の打破」や「【2】 道州制実現に向けて協議を始める 」が上位に来るようでは現状の「民意」に応えられるわけがない。
 結局,「日本維新の会」は「民意」を「つかみかね」ているのではなく,「民意」は明確であるが,問題意識の誤りからそれに応えられていないだけであると言わざるを得ない。
  1. 2012/12/07(金) 10:24:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「韓国ウォン、対円で急上昇 大統領選2候補、為替介入に反対」 日本維新の会はアメリカと共同歩調で安倍自民党の鼻を明かせ!! | ホーム | 「円高構造が大転換 プロの着目点に学ぶ」 13年度中に1ドル=90円という低い目標で景気回復が可能か?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1270-8a72e36b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)