金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"「東京では惨敗」橋下氏、必死の訴え" 日本維新の会各候補者は生き延びるために「物議をかもす」主張をせよ!!

 12月9日の産経新聞は,”「東京では惨敗」橋下氏、必死の訴え 批判は自民党だけをターゲットに
 衆院選の選挙期間中で唯一の日曜日となった9日、日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は大票田の東京都内で、繁華街を中心に維新候補者の応援演説を行い、「東京では惨敗の状況。みなさんの力を貸してください」と呼びかけた。
 橋下氏は石原慎太郎代表とともに新宿や銀座で街頭演説。銀座では歩行者天国で大勢の聴衆が見守る中、都内の維新候補者がいずれも苦戦を強いられている情勢を強調。その上で、「日本は2つの道に分かれる分岐点にさしかかっている」とし、「(自民の)公共工事拡大路線、業界団体配慮路線か、それとも、(維新の)とことん既得権益に挑んで、若者が切磋琢磨しながらチャレンジできるような道を歩むのか」と二者択一を迫った。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「東京では惨敗の状況」と軽々しく言うが,本人は選挙に出ないからいいものの,可哀想なのは現場の各候補者である。
 ましてやたちあがれ日本系の候補者にとっては,トップダウンで訳も分からず「今日からお前は日本維新の会の候補者だ」と言われ,公示になったら「惨敗の状況」と言われた日には涙も出ないだろう。
 ただ今さら一昨日取り上げた「石原慎太郎代表」の発言やこの「代表代行の橋下徹大阪市長」の発言を嘆いていてもしょうがない。所詮,中小政党の候補者はゲリラなのだから,党中央に頼らずゲリラらしい闘い方をすべきである。
 一人だけでも生き延びるためにはどうしたらいいか。金も組織もないのだからできることはとにかく「勝てる主張」をする,言い換えれば「話題になる主張」をすることしかない。
 党の理念とか方針とかという綺麗事は無視すればよい。無能な党の幹部達が作った物を後生大事に守っていてもしょうがない。
 まず現実に各候補者は何と主張しているのか。
 多くの候補者の中で,先般の在特会の街宣でも街宣車を貸して頂いた東京4区の「いぬぶし 秀一」氏,昨年5月にあるイベントで「次は出ますよ」と個人的に力強く答えてくれた東京7区の「吉田 康一郎」氏,それから杉並区長として東京で初めて新しい歴史教科書を採択した東京19区の「山田 宏」氏(リンクはこちら)は,我々にとってはいわば顧問議員的な立場の方々なのでその方々の政策をホームページで見ておく。
 もう公示に入ったから当然新しいことは言っていないが各候補者の政策は,「いぬぶし 秀一」氏(リンクはこちら),「吉田 康一郎」氏(リンクはこちら),「山田 宏」氏(リンクはこちら)である。
 「吉田 康一郎」氏と「山田 宏」氏は党の公式見解のままである。「いぬぶし 秀一」氏は自分の言葉では書いてあるが,内容が抽象的で説明不足である。
 すでに各種世論調査から党の公式見解は有権者の支持を得られないのは明らかだから,各人で自己の信念と選挙区事情をうまく調整しながら主張するしかない。
 では周知方法としては何があるか。
 一つは選挙運動用ビラである。しかしおそらく個人の選挙運動用(7万枚)も政党等の選挙運動用(4万枚)と同じものを使っている可能性が高いし,今から新たなものを作る時間的余裕はない。
 もう一つの手段は街宣しかない。ただ現場で聞く人は少ないから何とかしてマスコミに載せるしかない。そのためにはマスコミが食いつきやすいようにある程度,「物議をかもす」必要がある。
 我々ならすぐに南北朝鮮や在日南北朝鮮人に対する批判と考えるのであるが,これも逆にマスコミからは無視される可能性が高い。
 あるいは5日のエントリーで述べた,「安倍自民党の政策は,河野談話への煮え切らない対応,留学生優遇問題,素人臭い経済対策など攻めどころ満載である」ということも考えられる。
 しかし最初の2つは結局,南北朝鮮批判だから無視の可能性が高い。そうすると残るのは3つ目しかないが,これは細かい議論が必要なので余り街宣向きではない。
 何がいいかは難しいが,試行錯誤しかない。
  1. 2012/12/10(月) 21:18:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"安倍氏「新しい国」政権構想" いつもながら尖閣問題における支那に対する認識が余りに甘い!! | ホーム | "「資源買い占められる」中国マネー、批判の的 カナダ石油大手買収" 我が国なら歓迎の声の方が大きいかも!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1277-9c525c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)