金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"首相指名は石原代表を確認 維新 橋下氏が石原氏に釈明" これは橋下氏に賛成、直ちに尖閣対応を進言せよ!!

 12月17日の産経新聞は,”【衆院選】西村真悟氏あいさつ「これから日本のために」 維新で返り咲き
 衆院選の比例代表近畿ブロックで当選し、国政への返り咲きを果たした日本維新の会の元職、西村真悟氏(64)。16日夜、大阪17区で当選した馬場伸幸氏(47)の当選セレモニー会場(堺市西区)に駆けつけ、「これから日本のために一致団結して働きたい」とあいさつした。
”と報道した(リンクはこちら)。

 今回当方も地元の「日本維新の会」の候補者の選挙運動を少し手伝わせて頂いたが、これは関西の我々の同志から「西村真悟氏」が今回の維新への合流を非常に喜ばれており、またそれがなければ当選は難しいと聞かされたからである。
 「西村真悟氏」の「国政への返り咲き」は我々在野の保守活動家にとっては本当に朗報である。政界広しと言えども正面から南朝鮮批判をできるのは「西村真悟氏」だけだからである。
 言葉どおり「これから日本のために一致団結して働」いて頂けるものと確信している。
 さて「日本維新の会」内部ではこういう報道がある。

 12月18日の産経新聞は,”首相指名は石原代表を確認 維新 橋下氏が石原氏に釈明
 衆院第三党となった日本維新の会は17日、大阪市内の党本部で国会議員団幹部らが今後の党運営をめぐり協議し、26日予定の首相指名選挙で石原慎太郎代表に投票することを確認した。
 首相指名をめぐっては、橋下氏が16日夜、「自公両党に従うのが民主主義だ」と自民党の安倍晋三総裁に投票する意向を示したが、石原氏は「党首を首相指名に挙げるのが政党の沽券というものだ」と反論。両氏は17日午前、電話で会談し、橋下氏は「未経験だから取り違うことを言った」などと釈明した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 当方はこの件についてはむしろ「橋下氏」の意見に賛成したい。理由は8日のエントリーにも書いたが、「そもそも2大政党制において「第三極」の存在意義などない。中小政党が存在し得るとすれば,2大政党の左右両側で足らざるところを補うしかない」からである。
 ましてや次の報道からはなおさらである。

 12月17日の産経新聞は,”維新、善戦も前途多難 首相指名で混乱必至
 無党派層の取り込みを目指した「第三極」の中で、日本維新の会は議席を50の大台に乗せ、民主党に迫る善戦をみせた。
 石原慎太郎代表は16日夜、維新の結果について「50を超す超さないで随分違いがあると思う」と答え、一定の成果を強調した。
 それでも、本拠地の大阪を除くと「ふわっとした民意」(橋下徹代表代行)をつかみきれず、選挙区では敗北が相次いだ。次期政権への対応について、石原氏は「是々非々」と答え、石原氏周辺も「当面は(与党でも野党でもない)『ゆ党』だ」と落胆する。
 今後の連携相手についても、橋下氏は「みんなの党や民主党の一部とともに、政権に対抗できるグループをつくらないといけない」と述べたが、石原氏は国の会計制度見直しなどを通じて「自民党を活用し利用していく」と発言。平沼赳夫国会議員団代表も「憲法改正の問題では(自民党と)連携を取ることを考えていく必要がある」と語った。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「石原慎太郎代表」の「自民党を活用し利用していく」と「橋下徹代表代行」の「みんなの党や民主党の一部とともに」という方向性の相違から素直に考えれば、上の記事の「首相指名をめぐっては、橋下氏が16日夜、・・・自民党の安倍晋三総裁に投票する意向を示したが、石原氏は「党首を首相指名に挙げるのが政党の沽券というものだ」と反論」という主張は逆でなければならない。
 ここは素直に「自民党の安倍晋三総裁に投票」しスムーズに「連携」協議に入ることが「日本維新の会」にとっては得策ではないか。
 また「国の会計制度見直し」や極端に言えば「憲法改正の問題」も当面の課題ではない。間近に迫る支那の尖閣侵略にどう対応するか、そのことを直ちに「安倍晋三総裁」に進言することこそが、「日本維新の会」の存在価値の証明機会ではないか。
  1. 2012/12/18(火) 08:19:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<速報 西村 斉 君、ロート製薬事件で実刑判決 次の飛躍への準備期間だと思って再起を期してもらいたい!! | ホーム | ”同盟深化に期待=中韓との関係を不安視も-海外反響・米” 知日派でさえこうだから河野談話見直しの価値は大きい!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1291-f8f9ca44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)