金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"公然と旧太陽批判続出、「石原外し」の動きも 維新" すっきりと合併を解消し自民党との連立に備えよ!!

 12月20日の産経新聞は,”公然と旧太陽批判続出、「石原外し」の動きも 維新
 衆院選で第三党に躍進し、26日召集の特別国会から本格的に国政に参加する日本維新の会で20日、橋下徹代表代行に近い「大阪維新の会」側から、公然と旧太陽の党を批判し「石原外し」の動きをにおわせる発言が相次いだ。
 旧太陽批判を繰り広げたのは、比例代表近畿ブロックで初当選した東国原英夫前宮崎県知事と、橋下氏のエネルギー政策のブレーンである古賀茂明・大阪府市統合本部特別顧問。
 2人の発言に松井氏は20日夕、大阪府庁で記者団に「なんでやっていかれへんのか。ただ好き嫌いで言うのはおかしい」と強い不快感を示したが、これらの発言は「大阪組」の気持ちを代弁しているともいえる。
 これに対し、旧太陽側は「ばかなことを言いやがって」(幹部)と強く反発。維新は21日、国会内で初当選組を対象にした研修会を開くが、ここで旧太陽批判が出てしまうと、党運営はさらに険しくなる。
”と報道した(リンクはこちら)。

 この「石原外し」はむしろ「旧太陽の党」側にとって好都合である。
 東京でいぬぶし 秀一氏や吉田 康一郎氏が当選しなかったのは残念であるが,その分,「日本維新の会」との合併がなければ当選が困難であったと予想された西村 真悟氏や三宅 博 氏が当選できたのだから,「旧太陽の党」としてはこの合併の損得の帳尻は合ったと言うべきである。
 この際はすっきりと合併を解消し「旧太陽の党」に戻って,「自民党」との連立に備えるというのが本来あるべき姿ではないか。
 もちろん「旧太陽の党」プロパーの議員は少ないが,54人の中には与党になれるならくっついてくる議員も少なからずいるはずである。公明党の31人と遜色のない人数は確保できるのではないか。
 特に次のような発想の「橋下代表代行」とは一緒にやる意味がないと感じているのではないか。

 12月20日の読売新聞は,”自公に対抗、民主・維新・みんな結集で…橋下氏
 日本維新の会の橋下代表代行は20日、来夏の参院選に向け、「民主党と維新の会、みんなの党がバラバラでは、まったく政治的な力を発揮できない。政党政治をしっかりと機能させようと思えば、自民党、公明党という強力な政権がある以上、それにきちんと対抗できる勢力を作っていくことが政治家の役割だ」と述べた。
 大阪市役所で記者団に語った。
”と報道した(リンクはこちら)。

 どう考えても,「自民党、公明党」と「民主党と維新の会、みんなの党」とではきっちりした政界再編の形になっていない。
 やはりここは「自民党」+「旧太陽の党」対「民主党」+旧「維新の会」+「みんなの党」+「公明党」の方が組み合わせとして自然なのではないか。
 平沼赳夫旧たちあがれ日本党首の意向が全然聞こえてこないが,衆議院選挙が終わった以上,もっと積極的に発言すべきである。 
 おそらく安倍晋三総裁は「自民党」の党内をうまく統率することができないだろう。すぐに平沼赳夫氏らの力が必要になるはずである。
  1. 2012/12/21(金) 06:35:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"安倍氏「竹島の日」式典に慎重…韓国に特使派遣" 安倍政権の周辺が経済への対応に大きな期待をかけていることには疑問!! | ホーム | "自民・安倍総裁「日韓関係深化したい」 韓国新大統領に祝意" もう少し言葉使いに慎重になった方が良かったのでは?>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1298-f8184771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)