金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"日本人観光客が3カ月連続で減少、11月は25%ダウン=韓国" それでもまだ24万9000人も売国日本国民がいるとは!!

 1月1日のサーチナは,”日本人の中国観光意欲が低下 中国業務を扱う旅行社が次々破産
 時事通信社によれば、日中間で尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題が発生してから両国関係は冷え込み、中国を観光する日本人観光客の数は大幅に減り、中国観光業務をメインに行う旅行社は次々と破産していると伝えた。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。
 東京商工リサーチによると、岡山市の日東トラベル株式会社は2012年12月26日に営業を停止し、破産手続きを開始した。同旅行社は北京に事務所を開設し、中国市場の開拓に積極的に取り組んでいた。
 そのほか、帝国データバンクによると、東京千代田区にある中国観光を専門に扱う21世紀旅行社「じゃなーる」も12年12月20日に休業し、13年1月に破産を申請する予定だ。
”と報道した(リンクはこちら)。

 良い傾向である。「来させない」ことが第1だが,それを実現するにはまず「行かない」ことが重要である。
 また観光はいわばサービスの輸入だから,売国企業が倒産することは日本経済にとっても大きなプラスである。
 さてもう一つの反日国家である南朝鮮に対してはどうか。

 12月26日のサーチナは,”日本人観光客が3カ月連続で減少、11月は25%ダウン=韓国
 韓国の観光知識情報システムは26日、11月に訪韓した外国人観光客が前年同月より3.2%少ない84万2000人だったと発表した。中でも日本人観光客は激減した。複数の韓国メディアが報じた。
 外国人観光客が前年同月比で下回ったのは、今年初めて。特に、日本人観光客は大幅に減少。11月に韓国に入国した日本人観光客は24万9000人で、前年同月比24.8%減だった。1月から8月までの日本人観光客は前年より増加したが、9月はマイナス3.8%、10月はマイナス20.7%と、減少幅が拡大した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「前年同月比24.8%減」は良いが,それでもまだ「24万9000人」も売国日本国民(在日南北朝鮮人も含まれているからあえて「国民」と言う)がいるのは驚きである。
 さて本題の「来させない」ことであるが,「J-ファイル2012 総合政策集 自民党」にはこうある(リンクはこちらの33頁)。

252 観光産業の再建・強化
 (中略)
 官民協働して国内旅行の気運醸成に取り組むとともに、ビジット・ジャパン・キャンペーンの高度化や査証(ビザ)発給手続きの円滑化・入国審査の迅速化、双方向の国際観光交流の促進、国際会議等の誘致・開催の推進により「観光立国」を実現します。


 普通の日本人にとってはマイナスしかない「査証(ビザ)発給手続きの円滑化・入国審査の迅速化」を望んでいるのは,売国観光業界位のものだろう。
 もう一つの売国政策である「84 「留学生30万人計画」と学生・研究者の国際交流の積極的推進」(同リンクの18頁)と並んで「自民党」には強く撤回を求めていきたい。
  1. 2013/01/02(水) 18:55:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"日米の金融緩和策、世界の「通貨戦争」誘発も―中国報道" 人民元の為替操作こそ通貨戦争の元凶!! | ホーム | "在日中国大使館「署名ない」と反論 尖閣外交文書" ひどい屁理屈でまさに支那の「自信の欠如の表れ」!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1322-d08b7d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)