金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"昨年、韓国ウォンの対ドル上昇率、世界5番目" まだまだ不十分であり経済制裁により徹底的なウォン高に追い込め!!

 1月3日の南朝鮮・中央日報日本語版は,”昨年、韓国ウォンの対ドル上昇率、世界5番目…日本円は下落率2番目
 昨年1年間、米ドルに対して最も大きく値上がりした通貨はポーランド・ズロチ(Zloty)だった。韓国ウォンは5番目だった。これに対し、最も大きく値下がりしたのはアルゼンチン・ペソで、日本円は2番目だった。
 韓国ウォンは昨年12月28日、1ドル=1070.6ウォンで取引を終え、2011年末の終値(1151.80ウォン)に比べ7%以上も値上がりした。
 日本円は11.7%の値下がりで下落率2番目となった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 まだまだ不十分であるが,「7%以上も値上がりした」とあるのは取り敢えずはいい傾向である。
 これに対し南朝鮮では次のとおり報道されている。

 1月4日のJ-CASTニュースは,”ウォン高進み、輸出産業にダメージ 韓国は「安倍リスク」のせいと強調
 韓国で、ウォン高による国内経済の悪化が懸念されている。
 そのウォン高の原因を、韓国メディアは「安倍リスク」と呼び、警戒感を強めている。
 ウォン高の背景は、欧米日の金融緩和政策や韓国国債の格上げ、先進国に比べて高い韓国の金利水準――があるとされるが、韓国の中央日報(2012年12月20日付)はその原因を、「米国経済に対する期待感は回復したが、欧州経済は依然として底。そこに『安倍リスク』が重なった」と指摘している。
 「安倍リスク」とは、日本の安倍晋三首相が大胆な金融緩和策を打ち出し、円安・株高誘導を進めていること。
 ウォン相場は12年6月初めの1ドル1180ウォン台から、最近は1070ウォン台へと5か月で約110ウォンも急上昇。2013年1月4日の東京外国為替市場は1ドル1063.50ウォンと、1070ウォンを割り込み、年末よりさらにウォン高が進んだ。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「そのウォン高の原因を、韓国メディアは「安倍リスク」と呼び」とあるが,これは全く無関係である。
 「ウォン高」の原因は何か。それは12月7日のエントリーで書いたように,「南朝鮮の為替当局がアメリカから目を付けられたために為替介入の規模を控えざるを得なくなっていることだろう」(リンクはこちら)。
 このことは,「ウォン相場は12年6月初めの1ドル1180ウォン台から、最近は1070ウォン台へと5か月で約110ウォンも急上昇」とあるように,「ウォン高」がまだ「安倍リスク」の影も形もない「12年6月初め」から始まっていることからも明らかである。
 ではこれに対して南朝鮮政府はどう対応しているか。

 1月4日のロイターは,”UPDATE1: アジア通貨動向(4日)=総じて下落、米FOMC議事録受け利食い売り
 4日のアジア通貨は総じて下落。米連邦準備理事会(FRB)が超緩和政策について懸念していることが連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で示され、利食い売りが出た。ただ、週間では多くの通貨が上昇する見通しとなっている。
 韓国ウォンKRW=KFTCは、当局が為替介入を実施したとの観測が広がるなか、下落した。
 また、大方のアジア通貨は対ドルで今週上昇する見通しとなっている。
 ウォンも下落。市場筋によると、ドルのショートカバーが入ったほか、韓国当局が為替介入を実施したとみられる。ただ、国内輸出業者のウォン買いに支えられ、下値は限定的。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「当局が為替介入を実施した」あるいは「韓国当局が為替介入を実施した」と相変わらず性懲りもなく「為替介入」を繰り返しているようである。
 まだアメリカの圧力が限定的なので無視して「為替介入」をやっているのだろう。
 ネットの中では「アベノミクスで韓国経済が崩壊する」的な意見が多いが,たとえ円安になろうと平行してウォン安になれば効果は全くない。
 我が国としては南朝鮮に対し「為替操作」を理由とする経済制裁により徹底的な「ウォン高」に追い込んでいくべきである。
  1. 2013/01/06(日) 17:39:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"編集委員・田村秀男 「対中再逆転」反攻の終着点" 「対中」反攻こそ日本経済の反攻に転じる政策!! | ホーム | 9日の当会の活動予定>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1330-ac743c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)