金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"US delegation seeks to calm spats between Japan, South Korea" 問題は単なるrecruitではなく強制性!! その1

 一昨日、「テレビ朝日」の記事を紹介したのであるが、何分「朝日」であるからこれも原文に当たってみたい。
 キャンベル氏の空港出発時の写真を掲載した記事を検索したところ、欧米はなくインドと支那の記事が引っかかった。
 支那の方は半分当事者であるから、インドの方の記事を見てみたい(リンクはこちら)。
 なおこれはロイターからの転載記事のようである。

US delegation seeks to calm spats between Japan, South Korea
米代表団は日本と韓国の間の口論を静めようとする
US officials also seek to reassure Tokyo over a more dangerous territorial row with Beijing
米政府当局はまた北京とのより危険な領土の対立において東京を安心させようとする
Paul Eckert
ポール・エッカート
First Published: Tue, Jan 15 2013. 07 40 PM IST
第1の公表:2013年1月15日火曜日 午後7時40分 インド標準時

Washington: The United States sent its top Asian diplomacy and security officials to South Korea and Japan to calm tensions between two US allies whose squabbling has frustrated efforts to deal with a troublesome North Korea and an increasingly assertive China.
ワシントン:合衆国はそれらの口論が厄介な北朝鮮とますます強引な中国に取り組む努力を妨げてきた2つの米国の同盟国の間の緊張を静めるために韓国と日本に最高のアジア外交官と安全保障担当者を派遣した。
The high-powered delegation from the White House, Pentagon and state department departed on Monday and will be visiting the region shortly after the election of a new nationalist-leaning Japanese government in December and before Seoul inaugurates a new president in February.
ホワイトハウス、ペンタゴン及び国務省からの有能な代表団は月曜日に出発して、12月における新しい国家主義者的傾向の日本政府の選挙の直後にそしてソウルが2月に新大統領を就任させる前に地域を訪問しているだろう。
Washington hopes South Korea and Japan can put a lid on spats over history and territory stemming from Japan's 1910-45 occupation of Korea.
ワシントンは韓国と日本が日本の1910年から1945年の韓国統治から生じている歴史と領土をめぐる口論に制限を与えることができることを望む。
US officials also seek to reassure Tokyo as it confronts almost daily challenges from China over which has sovereignty of disputed islets in a separate, more dangerous, territorial row with Beijing.
北京との別々でより危険な領土の対立の中で異議を唱えられた小島の主権を有する東京は中国からのほとんど毎日の挑戦に直面しているので米政府当局はまた東京を安心させようとする。
The long-simmering disputes erupted anew last year, plunging Tokyo's ties with Seoul and Beijing to troubling lows and casting a cloud over the President Barack Obama's signature policy for East Asia-rebalancing security forces in the region-in part to cope with a surging China.
長く沸騰する論争は昨年新たに勃発した。そしてソウルと北京との東京の関係を厄介な位置に追い込み、地域における安全保障軍隊を再バランス化し、一部分において急増する中国に対処するという東アジアのためのバラク・オバマ大統領の象徴的政策に暗い影を落とした。
“We want to see the new Japanese government, the new South Korean government, all of the countries in Northeast Asia working together and solving any outstanding issues, whether they are territorial, whether they're historic, through dialogue,” state department spokeswoman Victoria Nuland said last week.
「我々は新しい日本政府、新しい韓国政府、北東アジアのすべての国々が協力し、それらが領土的であるかどうかにかかわらず、それらが歴史的であるかどうかにかかわらず、対話を通してどんな未解決の問題でも解決するのを見たい」と国務省報道官ビクトリア・ヌーランドは先週言った。
Troubles between Asia's second and fourth biggest economies are frustrating to Washington at a time when a defiant North Korea has tested a long-range rocket and may be poised to conduct its third nuclear test.
アジアの2番目と4番目に最も大きい経済の間のトラブルは挑戦的な北朝鮮が長射程ロケットをテストして3回目の核実験を行う準備ができているかもしれないときワシントンをいらいらさせる。
Clearing tensions from 2012
2012年からの緊張をすっきりさせること
In one of the final acts before Obama brings in a new national security team for his second term, assistant secretary of state Kurt Campbell, assistant secretary of defense Mark Lippert and Daniel Russel, the national security council senior director for Asian affairs, will meet with officials in Seoul and Tokyo.
オバマが彼の2期目のために新しい国家安全保障チームを引き入れる前の最終的な行為の1つにおいて、カート・キャンベル国務次官補、マーク・リッパート国防次官補及びダニエル・ラッセル国家安全保障会議アジア情勢担当上級部長はソウルと東京で当局者に会うだろう。
US officials regularly meet counterparts from the two countries, which have been American allies since the 1950s and together host most of the 80,000 US troops in Asia.
米政府当局者はその2カ国の対応者に定期的に会う。両国は1950年代からアメリカの同盟国でありまたアジアにおける8万人の米軍のほとんどのホストをつとている。
But the antagonistic nationalism that flared up in Asian capitals last year makes this trip anything but routine.
しかし昨年アジアの首都達で燃え上がった拮抗的な国家主義は決してこの旅行を日常的にしない。
The Japan-South Korea dispute intensified in August when President Lee Myung-bak became the first South Korean leader to set foot on islands claimed by both countries but controlled by Seoul.
日本と韓国の論争は李明博大統領が両国によって要求されるがソウルによって支配される島に上陸する最初の韓国の指導者になった8月に激しくなった。
They are known as Dokdo in Korea and Takeshima in Japan.
それらは韓国では独島と日本では竹島として知られている。
Lee's visit and his call for Emperor Akihito to go beyond earlier expressions of “deepest regrets" for Japan's colonial rule followed South Korea's last-minute cancellation of a bilateral agreement with Japan on sharing intelligence.
李の訪問と日本の植民地支配に対する「最も深い後悔」という初期の表現を越えるべきという彼の明仁天皇に対する要求は情報を共有すること関する日本との相互的な協定の韓国の土壇場の取消しの後に続いた。
(その2へ続く)
  1. 2013/01/17(木) 09:57:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"US delegation seeks to calm spats between Japan, South Korea" 問題は単なるrecruitではなく強制性!! その2 | ホーム | 1月16日NHK集金担当来訪>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1352-79244729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)