金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"US delegation seeks to calm spats between Japan, South Korea" 問題は単なるrecruitではなく強制性!! その2

(その1から続く)
The troubles between Seoul and Tokyo coincided with a standoff between Japan and China over another cluster of islets, known as the Diaoyu in China and the Senkaku in Japan.
ソウルと東京の間のトラブルは中国では釣魚と日本では尖閣として知られる小島のもう一つの一群に関する日本と中国の間のにらみ合いと同時だった。
The dispute sparked violent anti-Japanese protests in China last summer that damaged Japanese businesses in China.
論争は中国で昨年の夏中国における日本企業に損害を与えた激しい反日抗議を起こさせた。
Last year's protests have been followed by a consumer boycott and repeated incursions by Chinese boats and planes into seas and airspace around the islands, which are controlled by Japan.
昨年の抗議の後に消費者のボイコットが続きそしてそれは日本によって支配されている島のまわりの海と空域で中国の船と飛行機によって侵略を繰り返した。
The ships and aircraft that have appeared to challenge Japanese control of those waters and force Tokyo to end its refusal to acknowledge that a territorial dispute exists have been Chinese government vessels.
その船と飛行機はそれらの海への日本の支配に挑戦し東京に領土問題が存在すると認識することの拒絶を終えることを強制するために現れたのであり、それは中国政府の船舶であった。
So far China has stopped short of sending military vessels into disputed areas.
これまで中国は軍船を係争地域へもたらすには至らなかった。
But analysts warn of the potential for miscalculation.
しかしアナリストは誤算への可能性を警告する。
Any Japan-China conflict could embroil the United States, which says that the islets are covered under the US-Japan security treaty-even though Washington takes no position on the sovereignty dispute.
どんな日中対立でも合衆国を巻添えにすることができるだろう。そしてそれは小島が日米安全保障条約でカバーされていることを示している。それはたとえワシントンが主権論争に対してどんな立場をとらないとしてもである。
ABE: Nationalism or pragmatism?
安倍:国家主義または実用主義?
Another understated aim of the US mission to Tokyo this week is to convince Japanese Prime Minister Shinzo Abe to step away from some of the more nationalist policies of the platform on which he campaigned and won office on last month.
今週の東京への米国派遣団のもう一つの控えめな狙いは日本の安倍晋三首相にその上で彼が運動して先月に政権を得た政治要綱のより国家主義的方針のいくつかから離れて踏み出すことを説得することである。
Washington is particularly concerned about Abe's previous calls to revise or rescind a landmark 1995 apology for Japan's wartime aggression and 1993 statement acknowledging an official Japanese role in the recruiting of tens of thousands of mostly South Korean “comfort women" to serve troops during World War Two.
ワシントンは日本の戦時の攻撃性についての画期的な1995年の謝罪と第2次世界大戦中に軍隊に貢献するために何万人もの大部分は南朝鮮人の“慰安婦"を採用することにおける公的な日本の役割を認めている1993年の談話を見直すか取り消すという安倍の以前の決定を特に懸念している。
Such actions would anger Asian nations that suffered from Japan's militarism, further complicating both US attempts to manage ties between its allies in the region and relations with China, which also is ushering in new leadership in March.
そのような行動は日本の軍国主義から損害を受けたアジア諸国を怒らせるだろう。そして地域のその同盟国の間の関係をまとめようとする米国の試みとそれもまた3月に新任の指導部を導きつつある中国との関係をさらに難しくするだろう。
Chief cabinet secretary Yoshihide Suga said last week that Abe would stand by the 1995 apology.
菅義偉官房長官は安倍は1995年の謝罪を傍観するだろうと先週言った。
Although Abe packed his Cabinet with politicians who hold extremely revisionist views of history, analysts are predicting policies will be pragmatic, with a focus on reviving the economy.
安倍は彼の内閣に歴史について極端に修正主義的見方を持つ政治家を加えたが、アナリストは経済を復活させることに焦点を合わせて方針が実際的であるだろうと予測している。
“The Abe administration basically will not touch foreign diplomacy and security affairs before the Upper House election" in July, former vice minister for defense Motohiro Oono of the opposition Democratic Party of Japan told a think tank panel in Washington last week.
「安倍政権は(7月の)参議院選挙の前には対外外交と安全保障情勢に基本的に触れないだろう」と野党である日本の民主党の前防衛大臣政務官大野元裕が先週ワシントンでシンクタンクの識者に語った。
Bruce Klingner, an analyst at the conservative Heritage Foundation, said recent statements from Abe have been “suitably nuanced."
保守的なヘリテージ財団のアナリストであるブルース・クリングナーは安倍からの最近の物言いは適切に意味を持たせられていると言った。
He said during Abe's 2006-7 tenure as prime minister, he “defied many of the same predictions by maintaining and even improving Japan's relations with its neighbors."
彼は首相としての安倍の2006年から7年の任期の間、安倍はその隣人との日本の関係を維持し改善しさえすることによって同じ予測の多くを否定したと言った。
Abe's gestures to neighbors include sending an envoy to meet South Korean President-elect Park Geun-hye; announcing that his first overseas trip since winning office will be to Indonesia, Vietnam and Thailand; and offering to supply the Philippines with 10 coast guard vessels and communications equipment to help Manila in its territorial dispute with China. REUTERS
安倍の隣人へのジェスチャーは韓国の朴槿惠次期大統領に会うために使節を行かせること、政権を勝ち取ってからの彼の最初の外遊がインドネシア、ベトナム及びタイであろうと発表すること;そして中国との領土問題においてマニラを助けるためにフィリピンに10隻の沿岸警備隊船舶と通信装置を供給すると申し出ることを含む。ロイター


 「何万人もの大部分は南朝鮮人の“慰安婦"を採用することにおける公的な日本の役割を認めている1993年の談話」とあるが、「河野談話」が問題であるのは単なる「recruit」に日本軍が関与したからではなく、それが「強制性」の存在を認めているからである。
 慰安婦の採用に軍隊が関与したことはアメリカの場合も南朝鮮の場合も同じである。
 果たして「安倍晋三首相」にはその程度の反論さえできるだろうか。
 米代表団の南朝鮮への訪問については次のとおり報道されている。

 1月16日の産経新聞は,”朴槿恵次期大統領と会談、キャンベル米国務次官補「韓国は対日改善重要と認識」
 訪韓中の米国のキャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は16日午前、韓国の外交通商省幹部や柳佑益統一相と相次いで会談した。午後には朴槿恵次期大統領とも会談し、北朝鮮をめぐる東アジアの安全保障情勢や対中関係、日韓関係について意見交換した。
 午前の会談でキャンベル氏は、島根県・竹島問題で悪化した日韓関係に言及。会談後、記者団に「韓国政府には(対日関係を)前向きに、確実に進めていくという強い決意がある」と述べ、日韓関係の改善が重要との考えで米韓が一致したとの認識を示した。
 一方、朴次期大統領のスポークスマンは16日、最側近の金武星元議員を特使として22日から中国に派遣すると発表した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 この会談では慰安婦問題は出なかったようである。
 しかし日本での会談ではそういうわけにはいくまい。2月の訪米の前に一気に山場が来そうである。
  1. 2013/01/17(木) 17:38:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"日本政府に謝罪要求 慰安婦でNY州決議案「最大規模の人身売買だ」" 嘘・捏造を放置するという誤りを繰り返すな!! | ホーム | "US delegation seeks to calm spats between Japan, South Korea" 問題は単なるrecruitではなく強制性!! その1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1353-ed1d1c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)