金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"尖閣、400年前は支配外…明王朝公式日誌に" どんぴしゃりの文献だがこんなことは支那政府は百も承知,日米協力強化を!!

 1月21日の読売新聞は,”尖閣、400年前は支配外…明王朝公式日誌に
 中国の明王朝の公式日誌「皇明実録」の中に、明の地方長官が日本の使者との間で、明の支配する海域が尖閣諸島(沖縄県)より中国側にある台湾の馬祖列島までと明言し、その外側の海は自由に航行できるとした記述を、長崎純心大の石井望准教授(漢文学)が見つけ、21日午前に長崎市内で記者会見して明らかにした。
 石井氏が見つけたのは、江戸時代初期にあたる1617年8月の皇明実録の記述。沿岸を守る長官だった「海道副使」(海防監察長官)が、長崎からの使者・明石道友を逮捕・尋問した際の記録で、皇帝への上奏文として納められていた。
 それによると、この海道副使は明石に対し、沿岸から約40キロ・メートルの「東湧島」(現在の馬祖列島東端・東引島)などの島々を明示したうえで、この外側の海を「華夷の共にする所なり」とし、中国でも他国でも自由に使える海域だと指摘したという。魚釣島などからなる尖閣諸島は、中国大陸から約330キロ・メートル離れている。
 中国は、明王朝の1530年代に琉球に派遣された使者の記録をもとに、琉球の支配海域の境界は尖閣諸島の東側にある久米島と同諸島の大正島の間にあり、魚釣島などは明の領土だったと主張している。
”と報道した(リンクはこちら)。

 支那が主張している「中国は、明王朝の1530年代に琉球に派遣された使者の記録をもとに」と言ってもそんなものは所詮,船から見えたという程度のものである。
 というか明治6年の段階で台湾についてさえも,清の「総理部門の大臣(軍機大臣文詳)は、生蕃と熟蕃があり、王化に服するのを熟蕃といい、服従しない生蕃は化外に置いて支配せずと答えた」ということだから(リンクはこちら),「尖閣諸島」など全く考慮の外だったろう。

 実際支那が台湾をいつ版図に収めたかについては、Wikiには、
鄭氏政権時代(1662年 - 1683年) 1644年、李自成の反乱によって明朝が滅亡し、混乱状況にあった中国に満州族の王朝である清が進出して来た。これに対し、明朝の皇族・遺臣達は、「反清復明」を掲げて南明朝を興し、清朝への反攻を繰り返したが、力及ばず1661年に滅亡させられた。その為に、「反清復明」を唱えて清朝に抵抗していた鄭成功の軍勢は、清への反攻の拠点を確保する為に台湾のオランダ・東インド会社を攻撃し、1662年に東インド会社を台湾から駆逐する事に成功した。台湾の漢民族政権による統治は、この鄭成功の政権が史上初めてである。
とある(リンクはこちら)。
 したがって「魚釣島などは明の領土だった」などということは全くの絵空事であり,こんな文献が見つからないかと期待していたのであるが,どんぴしゃりの文献を探し出して頂けたものである。
 大学の教師というのは売国奴ばかりと思っていたが,なかにはこの「長崎純心大の石井望准教授(漢文学)」のように素晴らしい愛国者もいるものである。

 ではこのような資料の発見によって支那政府の出方に変化はあるだろうか。
 これは残念ながら1月2日のエントリーでも書いたように,「というか,こんなことは支那政府は百も承知だろう。それを認識しながら支那政府は尖閣諸島を強奪しにきているのである。こんなことで安心しておれるはずがない」というところである(リンクはこちら)。
 我が国としては今朝も書いたように,「特に尖閣問題と慰安婦問題については,来月第3週の訪米までには我が国の方針を決め,きっちり米側に協力を求めなければならない。もちろんそれは米側にも受け入れ可能なものでなければならない。一方的な希望的観測に基づくものではお話にならない」のであり,日米協力強化に向けて難しい舵取りが迫られる。
  1. 2013/01/21(月) 23:26:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"'Abe II' on mission to redeem Japan and himself" 我が国にある米国の大学の教師でさえこんなおかしな考え方とは!! | ホーム | "「保守派」は学んだか:政治部編集委員・阿比留瑠比" 安倍首相のような優柔不断な姿勢は事態を悪化させるだけ!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1361-b5cbcf6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)