金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"麻生財務相が海外の円安批判に反論、「筋としておかしい」" 本来「文句」を言わなければならなかった!!

 1月28日のロイターは,”麻生財務相が海外の円安批判に反論、「筋としておかしい」
 麻生太郎財務相は28日午前の臨時閣議後の会見で、最近の円安は極端な円高が修正される過程であるとして、海外当局関係者の円安批判は「筋としておかしい」と反論した。
 最近の円安は「デフレ不況からの脱却が優先順位の一番であって、円が結果として安くなっているというのは、付随的に起きている話」だと位置付けた。
 さらに、リーマン・ショック前後に対ドルで100円付近だった円相場が、その後75円付近まで上昇する間、ドルやユーロが下落したことに対して日本は「ひとことも文句を言わなかった」とし、「たかだかそれが、10円か15円戻したのを、いちゃいちゃ(批判を)言ってくるのは、筋としておかしい。直接聞かれたら言う」と退けた。
 円安は「極端に円高に振れていた、行き過ぎていた円高が修正されつつある」動きだとした。
”と報道した(リンクはこちら)。

 当方のように「リーマン・ショック」(後述のとおり正確に言えばサブプライム・ローン問題)以後の「円高」は「日本のマネタリーベースが原因」ではないと考える立場からは「筋としておかしい」と言えるだろうが,安倍政権のように「日本のマネタリーベースが原因」と考える立場からすればそのようには言えないだろう。
 したがって「ひとことも文句を言わなかった」とあるが,これはおかしい。欧米がマネタリーベースを急拡大させたから「ドルやユーロが下落した」と考えているなら,我が国としては本来「文句」を言わなければならなかったのである。
 また「デフレ不況からの脱却が優先順位の一番」とあるが,安倍政権はその「デフレ不況」の最大の原因は「円高」だと考えているのだから,「円安」にしなければその目的は達成できないはずである。
 そして「円が結果として安くなっている」とあるが,これはまだ「デフレ」からの「脱却」ができていないのだから全くの嘘である。
 なお「リーマン・ショック前後に対ドルで100円付近だった円相場」とあるが,これ自体は誤りではない。しかし円高の進行の状況を考えると,これは若干不正確である。
 というのはアメリカの政策金利が下がり始めたのはサブプライム・ローン問題直後の2007年7月頃であり(リンクはこちら),それに反応する形で「東京市場 ドル・円 スポット 17時時点/月中平均」は「2007/07 121.56 2007/08 116.74 2007/09 115.01 2007/10 115.77 2007/11 111.24」と円高が進行したからである(リンクはこちら)。
 このように考えるなら次の発言もおかしい。

 1月28日のロイターは,”円に一段の下落余地、適正水準95円の見方多い─竹中平蔵氏=報道
 元経済財政相の竹中平蔵・慶応義塾大学教授は、円相場には対ドルで一段の下落余地があるとの見方を明らかにしたほか、多くの人が1ドル95円を適切な水準と考えていると述べた。
 竹中氏は、円の最終的な水準を考えるにあたっては、あまり科学的な方法はないが、1ドル=95円程度が適切との見方が多いとしている。
”と報道した(リンクはこちら)。

 欧米がマネタリーベースを急拡大させたから「ドルやユーロが下落した」と考えているなら,我が国の目指す「適切な水準」はあくまで「2007/07 121.56」円でなければならない。
 また「円の最終的な水準を考えるにあたっては、あまり科学的な方法はない」とあるが,これもおかしい。為替レートの本来の目的は貿易収支を調整するためにあるのだから,それが実現される水準が「適切な水準」である。
  1. 2013/01/28(月) 13:16:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"韓国中銀総裁が日銀の緩和の効果を疑問視、「為替水準に影響」" 為替操作国がどの面下げて世迷い言を!! | ホーム | 活動報告 1月27日維新政党新風主催有楽町マリオン前街宣及びそよ風主催プロ左翼偽装市民によるオスプレイ参加>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1374-cf7f7352
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)