金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"盗難仏像、日本への返還差し止め 韓国裁判所" そもそもこのような司法判断の形式は我が国なら可能か?

 2月26日の産経新聞は,”盗難仏像、日本への返還差し止め 韓国裁判所
 昨年10月に長崎県対馬市の神社や寺から盗まれた仏像2体が韓国で回収された問題で、韓国中部の大田地裁が26日、うち一体について、韓国政府による日本への返還を当分差し止める内容の仮処分決定を出した。聯合ニュースが伝えた。
 日本政府は文化財不法輸出入禁止条約に基づき仏像の返還を求める方針で、韓国政府や裁判所は条約履行と仮処分決定の順守義務のどちらを優先するか検討を始めたもようだ。
 問題の仏像は長崎県指定の有形文化財で対馬市の観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」。韓国中部、瑞山にある浮石寺が、同像は14世紀に同寺で作られたと主張。長崎で盗まれた後韓国に密輸された像を発見、保管している韓国政府による移転禁止を求める仮処分申請を同地裁に行っていた。
 同地裁は、観音寺がこの像を正当に取得したことが訴訟で確定するまで、韓国政府は日本政府に引き渡してはならないと判断した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「同地裁は、観音寺がこの像を正当に取得したことが訴訟で確定するまで、韓国政府は日本政府に引き渡してはならないと判断した。」とあるが,この「観音寺がこの像を正当に取得したこと」という実体的内容は理解に苦しむものである。
 しかもそれにとどまらず,そもそもこのような「韓国政府による日本への返還を当分差し止める内容の仮処分決定」という司法判断の形式は我が国なら可能だろうか。

 我が国の場合,「仮処分」は民事保全法に定められている。同法23条1項は,「第二十三条 係争物に関する仮処分命令は、その現状の変更により、債権者が権利を実行することができなくなるおそれがあるとき、又は権利を実行するのに著しい困難を生ずるおそれがあるときに発することができる。」と定めている。
 当然のことながらこの「仮処分」は民事保全法に定められているのだから,「民事行為」を対象にしている。
 したがって行政事件訴訟法44条は,「第四十四条 行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為については、民事保全法(平成元年法律第九十一号)に規定する仮処分をすることができない。」と定め,「行政行為」に対する「仮処分」の適用を否定している。
 もっとも同法25条2項は,「2 処分の取消しの訴えの提起があつた場合において、処分、処分の執行又は手続の続行により生ずる重大な損害を避けるため緊急の必要があるときは、裁判所は、申立てにより、決定をもつて、処分の効力、処分の執行又は手続の続行の全部又は一部の停止(以下「執行停止」という。)をすることができる。」と定め,「処分の取消しの訴えの提起」を前提として同種の手続を用意している。
 「司法行為」については規定はないが,当然のことながら適用はないだろう。

 問題はこの「韓国政府による日本への返還」がどういう性質の行為かということである。
 刑事訴訟法497条1項は,「第四百九十七条 没収を執行した後三箇月以内に、権利を有する者が没収物の交付を請求したときは、検察官は、破壊し、又は廃棄すべき物を除いては、これを交付しなければならない。」と定めている。
 またその細目を規定するものとして,「押収盗品還付要綱」というものも定められている(リンクはこちら)。
 したがってこれはあくまで「検察官」の行為だから,「権利を有する者」が当該国民なら「司法行為」で間違いなく,「仮処分」の適用は否定されるだろう。
 しかしこの場合は,「権利を有する者」が外国人であるから,どうなるのだろうか。一旦,「検察官」が「韓国政府」に引き渡すとすれば,その時点からは「行政行為」になるのだろうか。
 しかしそうだとしても,「浮石寺」が「処分の取消しの訴えの提起」ができるだろうか。最近の流れから原告適格者は拡がっていると思うが,それでも我が国では無理ではないか。
  1. 2013/02/27(水) 09:21:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"日銀の金融政策を評価、米FRB議長" 現実に為替が変動するなら通貨安競争を招いていると言わざるを得ない!! | ホーム | "【主張】日米首脳会談 「強い絆」復活を評価する" 日本が何もしないなら米国も何もしないという結論に至りはしないか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1434-f7d27287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)