金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"首相 条件は聖域なき関税撤廃かどうかだ" 在野の政治活動は言行一致が大切!!

 2月27日のNHKは,”首相 条件は聖域なき関税撤廃かどうかだ
 安倍総理大臣は、27日の参議院予算委員会の集中審議で、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、「交渉参加の条件は、聖域なき関税撤廃かどうかだ」と述べたうえで、自民党が掲げている国民皆保険制度を守ることなどは、交渉の中で実現させていく考えを示しました。
 安倍総理大臣は、「自民党の選挙公約を正確に言うと、『聖域なき関税撤廃を前提条件とする以上、交渉には参加しない』ということだ。それ以外の5つの項目は、自民党の目指すべき方向を書いてある『Jーファイル』に書かれている。交渉参加の条件は、聖域なき関税撤廃かどうかであり、残りの項目は、最終的に条約として批准するなかにおいて実現していく立てつけになっている」と述べ、国民皆保険制度を守ることなど、自民党が掲げている残りの5つの項目は、交渉の中で実現させていく考えを示しました。
 また、安倍総理大臣は、日米首脳会談で発表した共同声明に関連し、「『例外品目を認める』とはひと言も書かれていない」という指摘に対し、「交渉によって、例外品目を勝ち取ることができるという認識だ」と述べました。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「交渉参加の条件は、聖域なき関税撤廃かどうかであり、残りの項目は、最終的に条約として批准するなかにおいて実現していく立てつけになっている」とあるが,このような主張は明らかにおかしい。
 確かに「自民党政権公約」には「・「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、TPP交渉参加に反対します。」とあるだけである(リンクはこちらの7頁)。
 しかし「J-ファイル2012 自民党総合政策集」には「TPP に関しては、政府が国民の知らないところで、交渉参加の条件に関する安易な妥協を繰り返さぬよう、わが党として判断基準を政府に示しています。①政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。②自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。③国民皆保険制度を守る。④食の安全安心の基準を守る。⑤国の主権を損なうようなISD条項※は合意しない。⑥政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。」とある(リンクはこちらの20頁)。
 これは「政権公約」には載っていないから守る必要はないなどといった詭弁は許されない。
 そうだとするとこれはあくまで「交渉参加の条件」であって,「条約として批准する」ことの「条件」ではないのだから,「交渉参加」の時点においてこれらの「条件」が満たされていなければ,明らかに「交渉参加」はしないと結論付けるべきものである。

 まあ正直に言って,当方は「TPP」問題を議論することを余り好まない。その理由は一部の反TPP論の人達の主張が余りにもバランスを欠き鼻白むからである。
 すなわちもちろん農業という脆弱産業を抱える我が国がTPPに参加したところで国益にプラスになることなどあり得ないのであるが,当方にとっては支那や南朝鮮の為替操作こそが我が国経済の衰退の元凶であると考えるにも関わらず,それらの人達はその問題には全く無関心でつい近年の問題である日銀やこれからの問題であるTPPばかりを蛇蝎のように批判しているからである。

 そのことはどうでもよいが,非常にお粗末だと感じるのは,このTPP問題についてもそうであるが,「安倍総理大臣」支持者の信念の無さである。
 これだけ「安倍総理大臣」のTPPに対する前のめり姿勢が明らかになっても現時点において,それに対する抗議活動の告知は見つからない。デモは時間的に無理にしても,街宣位は自民党前か官邸前でやってもいいのではないか。
 行動保守(行動する運動)のように自民党とは余り良好な関係ではない団体の申し入れでも,自民党は事務局担当者が出てきて申入書を受け取ってくれる。「安倍総理大臣」支持の団体ならなおさらだろう。在野の政治活動は言行一致が大切である。
  1. 2013/02/28(木) 09:10:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「追いかけ回され、漁を妨害された」鹿児島漁船に中国船接近" 海保の武器使用は首相の胆力次第!! | ホーム | "日銀の金融政策を評価、米FRB議長" 現実に為替が変動するなら通貨安競争を招いていると言わざるを得ない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1436-dfddb7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)