金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

活動報告 3月10日日本侵略を許さない国民の会主催「反原発カウンター」参加

 本日は日本侵略を許さない国民の会主催により午後2時から西新橋交差点前で行われた「反原発カウンター」に参加しました。
 この日侵会主催の反原発カウンターについては今回が初めての参加です。これまでも参加できる機会はあったのですが、現実に福島県民の原発被災者にまだ十分な補償がなされていない現状では、折角抗議活動をしてもなかなか市民権を得るまでには時間がかかるだろうと二の足を踏んでいたものです。
 しかし今回震災発生2周年を期にもう機は熟したと判断し参加したところです。
 午後2時過ぎに集合場所の虎ノ門駅から西新橋交差点へ移動し、主催者代表の菊川あけみさんの街宣から我々の抗議活動がスタートしました。
 ほどなくデモ隊がやってきたので、「偽善者、出てけ、ウソツキ、出てけ」という菊川さんの名調子のシュプレヒコールで歓迎しました。やはり女性のシュプレヒコールは陣営全体を活気づけます。
 途中当方にも菊川さんからマイクのお誘いがあったのですが、とてもあの名調子には及ばないので今日は勘弁してもらいました。
 デモ隊は延々と続き、最後のデモ隊が通過したときに時計を見たら午後4時20分でした。最後に主催者のあいさつがあり本日の活動を終了しました。
 さて今日の活動の感想ですが、やはりまだ多勢に無勢という感が強くしました。
 官公労ののぼりと在日南北朝鮮人であろうと思われるサウンド隊が多いのは先日のオスプレイ反対抗議活動と同じです。
 しかし先日との違いは年齢層の幅が広く老年層が多かったことです。特に「全日本年金者組合」というのぼりが5回位回ってきました。
 この「全日本年金者組合」は「しんぶん赤旗」が記事を取り上げているので共産党系の組織のようです(リンクはこちら)。
 反原発派のプロパガンダに洗脳された一般人ではなく相手の主催者サイドの動員のようですから余り落胆する必要はないのかもしれません。
 確かに世論調査でも次のような報道があります。

 1月28日の産経新聞は,”【産経・FNN合同世論調査】安倍内閣支持率64・5%に上昇 経済再生ロケットスタート評価
 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が26、27両日に実施した合同世論調査で、第2次安倍晋三内閣の支持率は、政権発足時の前回調査(昨年12月26、27両日)から9・5ポイント上昇し64・5%となった。
 安全性が確認された原発を再稼働させる方針については賛成が45・9%、反対が44・3%とほぼ同数となった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 世論全体ではやはりこの2年の間に大きな意識変化があったとみるべきでしょう。今後もこの「反原発カウンター」を通して世論の正常化を図っていくことが必要です。
 活動終了後はすぐに帰路に着きました。
  1. 2013/03/10(日) 21:06:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日11日の活動予定 | ホーム | 本日10日の活動予定>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1457-7cf0f594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)