金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"日銀:10-12月の企業の対外直接投資が過去最高、証券投資も活発 (1)" 今回の円安の主因がようやく明らかにされた?

 3月25日のブルームバーグは,”日銀:10-12月の企業の対外直接投資が過去最高、証券投資も活発 (1)
 日本銀行が25日発表した昨年10-12月の資金循環統計(速報)によると、12月末の民間非金融法人(企業)の対外直接投資が過去最高を記録した。対外証券投資も暦年ベースで過去最大となり、円安の進行にもかかわらず、企業の対外投資が引き続き活発化していることを裏付けた。
 12月末の民間非金融法人の対外直接投資は前年同期比27.8%増の51兆4518億円、同法人の金融資産全体に占める比率も6.5%と、いずれも過去最大となった。対外証券投資は同22.9%増の54兆7508億円、金融資産全体に占める比率は6.9%だった。円ドル相場は9月末の1ドル=77円台から12月末には同86円台に11%下落した。
 一方、海外の投資家が保有する国債等(国庫短期証券と国債、財政投融資特別会計発行の債券の合計)は12月末で、同7.4%増の84兆30億円と暦年ベースでは過去最高となった。四半期では過去最高だった前期末(85兆8504億円)には届かなかった。
 家計部門が保有する金融資産残高は12月末で同3.1%増の1546兆7085億円と、2007年6月末(同3.9%増)以来の高い伸びとなった。円安進行で円ベースの資産時価が膨らんだことに加え、株価の上昇により株式や投資信託などの時価が増加した。個人向け国債を含む国債等は同14.0%減の24兆4656億円と大幅に減少したが、事業債は同55.2%増の3兆1870億円と過去最高となった。
 資金循環統計は家計や金融機関、法人、政府が保有する資産・負債を金融商品ごとに四半期ベースで日銀が集計した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 まずそれぞれの数字の出典を示す。
 この「日本銀行が25日発表した昨年10-12月の資金循環統計(速報)」とあるのは「資金循環統計(速報)(2012年第4四半期)」だろう(リンクはこちら)。
 「12月末の民間非金融法人の対外直接投資は前年同期比27.8%増の51兆4518億円」のうち,実額はその17番目のシートに掲載されている。
 「前年同期比27.8%増」と「同法人の金融資産全体に占める比率も6.5%」とあるのは,「参考図表(2012年第4四半期)」(リンクはこちら)の11頁である。 
 また「対外証券投資は同22.9%増の54兆7508億円、金融資産全体に占める比率は6.9%」のうち,実額は上記「資金循環統計(速報)」の下のセルに掲載されている。
 「同22.9%増」と「金融資産全体に占める比率は6.9%」とあるのは,上記「参考図表」の下の欄である。
 また「円ドル相場は9月末の1ドル=77円台から12月末には同86円台に11%下落」とあるのはもちろんこれらには出ていない。
 また「一方、海外の投資家が保有する国債等(国庫短期証券と国債、財政投融資特別会計発行の債券の合計)は12月末で、同7.4%増の84兆30億円」のうち,実額は上記「資金循環統計(速報)」の18番目のシートの「国庫短期証券」の「491,450」と「国債・財融債」の「348,580」を足したものである。
 「同7.4%増」とあるのは,上記「参考図表」の13頁である。
 また「四半期では過去最高だった前期末(85兆8504億円)」とあるのは,「2012年第3四半期」(リンクはこちら)の18番目のシートの「国庫短期証券」の「508,240」と「国債・財融債」の「352,288」を足したものの「速報」であろう。
 また「家計部門が保有する金融資産残高は12月末で同3.1%増の1546兆7085億円」のうち,実額は上記「資金循環統計(速報)」の18番目のシートである。
 「同3.1%増」とあるのは,上記「参考図表」の6頁である。
 また「個人向け国債を含む国債等は同14.0%減の24兆4656億円」のうち,実額は上記「資金循環統計(速報)」の18番目のシートである。
 「同14.0%減」とあるのは,上記「参考図表」の13頁である。
 また「事業債は同55.2%増の3兆1870億円」のうち,実額は上記「資金循環統計(速報)」の18番目のシートである。
 「同55.2%増」とあるのは,上記「参考図表」の6頁である。

 冒頭に「円安の進行にもかかわらず、企業の対外投資が引き続き活発化していることを裏付けた。」とあるが,これはむしろ原因と結果が逆であり,「企業の対外投資が引き続き活発化している」から「円安」が「進行」しているのだろう。
 今回の円安の主因がようやく明らかにされた感がする。
  1. 2013/03/25(月) 23:08:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<"国境離島特別措置法(仮称)の制定に関する意見書" 必要なのは経済的振興策ではなく外国の参入制限や防衛力の強化!! | ホーム | "揺れる対馬 「朝鮮通信使行列は中止だ」仏像問題で怒り、マナーにうんざり…それでも韓国観光客だのみ" 「防人の島」としての古里のアイデンティティを思い起こせ!!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/03/26(火) 16:58:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1487-dabd71d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)