金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"「円安恐怖」広がる 市場介入より企業支援=韓国" もっと直接的に為替操作に対する制裁を行って経済的に追い込むことが必要!!

 4月23日の南朝鮮・朝鮮日報は,”「円安恐怖」広がる 市場介入より企業支援=韓国
 円相場が2009年4月以来となる1ドル=100円台に迫っている。円安は韓国製品の価格競争力を弱め、韓国経済の支えとなっている輸出に大きな影響を与えるのは必至だ。
 韓国政府もまた円安に頭を悩ませている。円安・ドル高が続けば、韓国経済が低迷するとみているが、為替市場に直接介入するより、円安で被害を受けた中小企業を支援することに重点を置いている。
 企画財政部によると、政府はまだ円安による輸出鈍化が本格的に進んでいないと判断している。
 実際に今年1~3月の輸出は前年同期より0.5%増加した。ただ、日本への輸出は前年同期に比べ、2月に17.4%減、3月にも18.0%減となり、円安による輸出鈍化が進んでいることを裏付けている。
 通貨当局は量的緩和も現段階では検討していないもようだ。
 韓国銀行(中央銀行)の金仲秀総裁は22日、国会企画財政委員会に出席し「ウォンは円のように基軸通貨ではない」と言及しながら量的緩和が通貨危機につながる可能性について「否定できない」と答えた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 ・「為替市場に直接介入するより、円安で被害を受けた中小企業を支援することに重点を置いている。」とあるが,「重点を置いている」ということは「為替市場に直接介入」をやっているということである。さかんに「円安で被害を受けた中小企業を支援」と強調することはそのカムフラージュをしたいとの意思だろう。
 ・「ただ、日本への輸出は前年同期に比べ、2月に17.4%減、3月にも18.0%減となり、円安による輸出鈍化が進んでいることを裏付けている。」とあるが,何はともあれ望ましい状況である。
・「「ウォンは円のように基軸通貨ではない」と言及しながら量的緩和が通貨危機につながる可能性について「否定できない」と答えた。」とあるが,これは「通貨危機」というより物価高による政治危機が危惧されるのだろう。
 他方こういう報道もある。

 4月22日のロイターは,”アベノミクスに対する韓国の懸念が後退、大規模な資本流入の兆候は見られず=政策当局者ら
 韓国の経済政策当局者らは、日本の安倍政権の積極的な経済政策「アベノミクス」や、それに伴う円安で自国経済が打撃を受けると懸念していたが、ここへきてそうした懸念は後退している。
 ホットマネー流入に対する懸念にもかかわらず、金利低下により今年に入ってからネットで資本が流出しているほか、北朝鮮情勢の緊迫化でウォンKRW=も下落した。
 趙源東大統領府経済首席秘書官は電話で「ホットマネーの流入に無関心でいることは決してできないが、円はドルとは異なり、(大規模な資本流入の)兆候はまだみられない」と指摘した。
 ウォンは2012年終盤の数カ月に急伸したものの、今年第1・四半期には対ドルで3.6%下落。円は対ドルで8.0%下落し、日本の相対的な輸出競争力が増しているものの、その影響をやや和らげる格好となった。
”と報道した(リンクはこちら)。

・「ホットマネーの流入に無関心でいることは決してできないが、円はドルとは異なり、(大規模な資本流入の)兆候はまだみられない」とあるが,これは今回の「円安・ドル高」が欧米資本によって引き起こされていることの証拠だろう。
・「ウォンは2012年終盤の数カ月に急伸したものの、今年第1・四半期には対ドルで3.6%下落。」すれば,確かに「日本の安倍政権の積極的な経済政策「アベノミクス」や、それに伴う円安で自国経済が打撃を受けると懸念していたが、ここへきてそうした懸念は後退」することにはなるだろう。

 ネットの中には対南朝鮮に対する「アベノミクス」の効果を評価する声が大きいが,実際はそれではやはり足りないということである。「円安・ドル高」だけではなく,もっと直接的に為替操作に対する制裁を行って経済的に追い込むことが必要である。
  1. 2013/04/23(火) 23:24:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「中国漁民、尖閣上陸すれば強制排除」安倍首相" 問題は自衛隊に治安出動命令を出せるかどうかだが!! | ホーム | "両岸の学者:釣魚島が中国領であることは史料が証明" 有史以来一度も実効支配していない支那が何を言っても根拠は皆無!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1544-1887fec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)