金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【靖国参拝】米政権、首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す" オバマ米政権には頼らず距離を置く方が正解!!

 4月29日の産経新聞は,”歴史問題で安倍首相を批判
 29日付英紙フィナンシャル・タイムズは、安倍晋三首相による靖国神社への供物奉納や歴史をめぐる発言に対し「高い支持率を受け、本性をのぞかせた」と社説で批判し、経済政策に集中すべきだと苦言を呈した。
 社説は安倍政権の経済政策を「経済再生に向けた近年で最も大胆な試み」と評価。同時に、副産物として生じる円安には他国の理解が欠かせないとして、他国を刺激する言動を控えるよう求めた。
 靖国問題では「戦没者を悼みたいとの願いは不合理ではない」としつつも「天皇崇拝の国粋主義的カルトと分かち難く結び付いた靖国神社は間違った場所だ」と断言。「首相は右派からの支持を生かして、宗教色のない慰霊施設の設立を目指すべきだ」と踏み込んだ。
”と報道した(リンクはこちら)。

・「安倍晋三首相による靖国神社への供物奉納や歴史をめぐる発言に対し「高い支持率を受け、本性をのぞかせた」と社説で批判し」とあるが、果たして英国人がこういう問題に関心を持つだろうか。
 当方の推測では何らかの形で支那か南朝鮮の意向が働いている気がする。英国との結び付きでは支那の可能性の方が高いだろうか。
 それとも次の記事の解説がてらこれを下敷きにして英国紙が「社説」に仕立て上げただけだろうか。
・「同時に、副産物として生じる円安には他国の理解が欠かせない」とあるが、「副産物」にせよ金融緩和で大きく為替レートが動くなら、そのことを十分に認識しながら先鞭を切って金融緩和をした英米両国は「他国を刺激する言動を控え」るべきである。
・「天皇崇拝の国粋主義的カルトと分かち難く結び付いた靖国神社は間違った場所だ」とあるが、「天皇崇拝の国粋主義的カルト」というものが存在するだろうか。
 「日本遺族会」は確かに「靖国神社」と結び付いているだろうが、「天皇崇拝」という要素は余りないのではないか。

 4月26日の産経新聞は,”【靖国参拝】米政権、首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す
 歴史認識をめぐる安倍晋三首相の発言や閣僚の靖国神社参拝に対し、オバマ米政権が東アジア情勢の不安定化を招きかねないとして日本政府へ外交ルートで非公式に懸念を伝えていたことが分かった。日米外交筋が25日、明らかにした。
 国務省のベントレル報道部長は「公式な抗議」はしていないとした上で「中国や韓国のように他国も懸念を表明している。各国間の強く建設的な関係が地域の平和と安定をもたらすことを今後も訴えていく」と述べ、安倍政権に中韓を刺激しないよう自制を促した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「オバマ米政権が東アジア情勢の不安定化を招きかねないとして日本政府へ外交ルートで非公式に懸念を伝えていた」とあるが、何とも頓珍漢な発言である。
 すなわち「歴史認識をめぐる安倍晋三首相の発言や閣僚の靖国神社参拝」があろうとなかろうと、支那は尖閣侵略を止めないし、南朝鮮は竹島を返還しない。「東アジア情勢の不安定化」はとうの昔に起こっているのである。「地域の平和と安定」もへったくれもないだろう。

 この「オバマ米政権」は何ともはや異常な政権である。我が国としてはこんな政権には頼らず距離を置く方が正解である。
  1. 2013/04/30(火) 16:57:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【北方領土返還】政府高官「2島先行」に言及 プーチン大統領は「面積等分」匂わす" 国後、択捉返還時期明示なければ実質2島放棄!! | ホーム | "【主張】本紙「国民の憲法」要綱 戦後体制との決別を急げ" 抑止力がない原因は政治家に国権を発動する勇気と覚悟が欠けているに過ぎない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1558-61f935b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)