金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

荒巻靖彦君収監 家族一丸となり頑張って彼の帰還を待ち望んで頂きたい!!

 在特会の桜井会長のツィッターに荒巻靖彦君収監の情報が出ている(リンクはこちら)。

長く運動を共にしてきた荒巻氏が本日収監されました。判決は懲役1年半、前件の執行猶予取り消し分を含めて3年の懲役となります。27日に連絡した際には本人も全て理解した上で、判決を受け入れて控訴しないとのことでした。未決拘留分などがあるので実際の懲役はもう少し短くなりそうです。
 志を同じくする友人であり、尊敬すべき運動家を失うことは本当に辛いことです。しかし、これで終わりではなく「務め終わったら、また在特会に入って会長と一緒に運動を続けたい」荒巻氏の言葉を胸に刻み、何時の日か交差する道の何処かで再会できることを信じて、今は歩き続けたいと思います。


 何とか実刑に至らずに済ませられないかと思っていたが,やはり難しかったようだ。しかも実刑確定の最大の要因が政治活動とは無縁の公務執行妨害罪であるから,そのことが「判決を受け入れて控訴しない」という本人の判断に結び付いていると思われる。
 彼に最初にお会いしたのはおそらく,平成21年6月13日に京都で行われた在特会のデモの時だったと思う。今でもまだyoutubeにはその時の動画が残っている(リンクはこちら)。
 その時が実質的にチーム関西の出発点であり,その後の怒濤のような彼らの活躍は周知のことである。
 彼は行動保守のメンバーの中では珍しく商売人の才覚がある人物である。しばらく娑婆からは離れるが,その間に次のビジネスの種を暖めて,晴れて自由の身になった暁には再度大きな飛躍を期してもらいたい。
 ご家族には大変心痛のことだろうが,息子さんももう一人前になっているし,家族一丸となり頑張って彼の帰還を待ち望んで頂きたいと思う。
  1. 2013/05/01(水) 21:58:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【主張】日米と尖閣 悠長に構える余裕はない" 支那の反発を怖がって及び腰になっているからではないか? | ホーム | "【北方領土返還】政府高官「2島先行」に言及 プーチン大統領は「面積等分」匂わす" 国後、択捉返還時期明示なければ実質2島放棄!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1560-227931dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)