金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"日本の金融緩和に不快感=中国高官、名指し批判-ADB総会" 当方に言わせれば「だから言わんこっちゃない」!!

 5月5日の時事通信は,”日本の金融緩和に不快感=中国高官、名指し批判-ADB総会
 新華社電によると、中国財政省の朱光耀次官は4日、インドで開催中のアジア開発銀行(ADB)年次総会で、日本は経済構造改革を進めることが正しい選択肢であって、「金融政策が構造改革に取って代わるべきではない」とくぎを刺した。日米欧の量的金融緩和を受け、投機資金が中国に流入して人民元高などをもたらしており、日本を名指しした上で不快感を示した。
 3日開かれた日本、中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)の財務相・中央銀行総裁会議では、中国の楼継偉財政相と周小川・人民銀行(中銀)総裁が欠席した。麻生太郎副総理兼財務・金融相ら安倍内閣の閣僚による靖国神社参拝への抗議とみられ、朱次官らが代理出席した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「中国財政省の朱光耀次官は4日、インドで開催中のアジア開発銀行(ADB)年次総会で、日本は経済構造改革を進めることが正しい選択肢であって、「金融政策が構造改革に取って代わるべきではない」とくぎを刺した。」とあるが,このような主張に対しては,BIGLOBEのコメント欄で次のようなコメントが並んでいる(リンクはこちら)。

346点 そういうことは、変動相場制にしてから言え!!!
 319点 人民元を不当に低く抑えている国が何を言う
 261点 自分達の都合の悪い事をマスコミ使って発信の中国政府の戦略
 256点 内政干渉であり断じて容認出来ない。謝罪と賠償を求める。
 244点 日本の金融政策に不満なら関わらないでください
 211点 中国との経済関係から距離を置くことが正しい選択だ!
 203点 自分に都合悪いからと内政干渉 しかも代理出席に発言させた
 176点 自国の利益の為ならなりふりかまわず。みっともない奴ら…
 167点 国際社会では日本も言うべきことは言えって、必要ですよ!
 148点 元のインチキ為替レート ODAを受けながら 一人前の事言うな


 一々ご説ごもっともであるが,当方に言わせれば,「だから言わんこっちゃない」という感じである。
 このようなコメント欄には好きなことを書けるが,今さら日本政府としてはこのような反論はできないだろう。なぜならアベノミクスは我が国のデフレと支那の人民元のインチキとは無関係とみなしているからである。
 結局こういうことになるからアベノミクスのような対外的争いを避ける逃げ腰政策は支持してはいけないのである。果たして彼らはアベノミクスを批判しているのだろうか。
 したがって安倍政権は相変わらず情けない子供騙しの言い繕いに終始している。

 5月3日のブルームバーグは,”黒田総裁、デフレ脱却目的を説明-ASEANと金融協力強化へ
 日本銀行の黒田東彦総裁はインドのニューデリーで開かれた日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)などの財務相・中央銀行総裁会議の終了後に記者会見し、金融緩和の目的がデフレ脱却にあることを関係国に説明し、理解を得られたとの見解を示した。
 黒田総裁は「金融緩和は15年続いたデフレからの脱却を目指しているということを強く主張し、理解が得られたと思う」と語った。
”と報道した(リンクはこちら)。

 最初から支那に対し「変動相場制」にせよと要求し,拒否されれば「中国との経済関係から距離を置く」ようにすれば,このような情けない子供騙しの言い繕いをしなくても済むのである。何も難しいことではないと思うが,なぜこのようなことができないのだろうか。
 同じようなことは前のエントリーの慰安婦問題でも言えるだろう。対外的争いを避け子供騙しの言い繕いに終始している間にのっぴきならない状況に追い込まれる。戦後の我が国は何回同じことを繰り返せば気が済むのだろうか。
  1. 2013/05/05(日) 13:11:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"中国経済がアベノミクスで失速 製造業不振にインフレ懸念も" このような「精神的勝利法」は本当に困りもの!! | ホーム | "「米で日本の利益害する」 河野談話見直しで前駐日米大使" 嘘・捏造でユスリタカリをする南朝鮮にこそ言ってもらいたい!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1567-5df24250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)