金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"3000名もの中国漁民のゴミや糞尿が五島列島の海を汚している" 長崎県選出の国会議員は何をやっているのか?

 5月4日のNEWSポストセブンは,”3000名もの中国漁民のゴミや糞尿が五島列島の海を汚している
 中国の傍若無人な“海賊”ぶりは尖閣諸島周辺海域だけではない。東海大学海洋学部教授の山田吉彦氏が、中国による海洋汚染の実態と日本への影響をリポートする。
 * * *
 中国海域の激しい汚染は、中国漁船の東シナ海における乱獲を生み出し、日本の漁場もまた乱獲の場となっている。
 東シナ海の日中境界線付近では100トンクラスの漁船が700隻もの群れをなして漁を行なっているのだ。
 日本のメディアではほとんど報じられることはないが、毎年、台風の季節になると長崎県五島列島の玉之浦という湾に中国漁船100~200隻が進入する。それらは、東シナ海上を乱獲しながら南下し、台風避難を口実に、意図的に日本海域に航行してくるのだ。
 日本側海域での漁は禁止されているが、日本側は監視をしていないため、乱獲の実態は把握できていない。日本側は、相互の救助義務によって中国漁船の停泊を認めざるを得ないのだが、停泊中、100隻、3000名にものぼる中国漁民のゴミや糞尿は垂れ流しで、それもまた五島列島の海を汚している。
”と報道した(リンクはこちら)。

・「台風避難を口実に、意図的に日本海域に航行してくるのだ。」とあるが,これは「口実」にもなっていない。本来なら排他的経済水域内へ入れることがおかしいのであって,領海内へ入らなければならない理由はない。
 と言いたいところであるが,残念ながら後の記事にもあるように我が国は支那との間に平成9月11月11日付けで「漁業に関する日本国と中華人民共和国との間の協定」(日中漁業協定)を結んでいる(リンクはこちら)。
 この2条1項は,「1 各締約国は、相互利益の原則に立って、この協定及ぴ自国の関係法令に従い、自国の排他的経済水域において他方の締約国の国民及び漁船が漁獲を行うことを許可する。」と定めている。
 なぜこのような支那の好き勝手を許す危険性のある協定を締結したのかは不明であるが,考えられる可能性としては,第1に当時の首相が媚中派の橋本龍太郎であったこと,第2はこれほどまで支那が悪辣であるとは当時の自民党政権は考えていなかったということがあるだろう。

・「日本側は監視をしていないため、乱獲の実態は把握できていない。」とあるが,なぜ「監視」をしないのだろうか。乱獲規制は当然しなければならないのだから,始終「監視」しなければいけないはずである。
・「日本側は、相互の救助義務によって中国漁船の停泊を認めざるを得ないのだが」とあるが,たとえそういう規定があったからといって,できるだけそうならないようにするために日本近海には近付かないようアナウンスする必要があろう。
・最初の方に「日本のメディアではほとんど報じられることはないが」とあるが,当方もこのことは知らなかった。しかし調べてみると次の2件の記事が出てきた。

 2011年11月7日のJ-CASTニュースは,”中国漁船が領海侵犯、五島列島沖で逮捕
 長崎海上保安部は2011年11月6日夕方、中国漁船が長崎県五島列島南東沖の領海内で停船命令を無視して逃走したとして、船長の張天雄容疑者(47)を漁業法違反(立ち入り検査忌避)の容疑で現行犯逮捕した。船長の身柄は長崎市の海上保安部の庁舎に移され、取り調べが行われている。
”と報道した(リンクはこちら)。

 2012年11月18日の現代ビジネスは,”警告レポート!〝次なる尖閣〟五島列島に押し寄せる中国漁船団
 今年7月17日の夜、台風7号が九州に接近していた。付近で操業していた中国漁船は暴風雨を避けるため、五島海上保安署に日中漁業協定に基づく緊急避難港に入港すると連絡を入れた。五島列島(長崎県五島市ほか)のうち最大の福江島にある玉之浦港に船が避泊(=避難)したのは、翌18日未明のことだった。
 この港に中国漁船が避難するのは2年ぶりだった。人口4万人の島に入ってきた船の数は106隻!五島市水産課によると、この時を含め、今年だけで4回、漁船が大挙して避泊している(7月31日に53隻、8月4日に20隻、8月24日に89隻)。
 五島列島が中国の脅威にさらされたのは、これが初めてではない。'11年11月6日、肥前鳥島北北西沖4kmの領海内を中国漁船2隻が航行しているのが発見され、うち1隻が追跡を振り切って逃げた事件が起きた。「浙岱漁04188」(135t)は海上保安庁の巡視船に体当たりされて停止。長崎海上保安部は船長を逮捕し、乗組員10人を長崎港に移送した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 対馬の問題といい,この五島列島の問題といい,一体,長崎県選出の国会議員は何をやっているのだろうか。
  1. 2013/05/07(火) 16:32:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「日本国旗焼かれても、その国の国旗を焼かない」 首相、排外的書き込みに呼び掛け" 安倍晋三首相は何か対抗措置を取ったのか? | ホーム | "7月に韓国が破綻する噂は本当ですか?" 我が国の「精神的勝利法」こそまさに「ホルホル」の世界!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1572-61d20349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)