金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"橋下発言検証「大筋正しいものの舌足らず」" この程度の諸外国の反応でどぎまぎしているようでは河野談話の見直しは困難!!

 5月16日の産経新聞は,”【慰安婦問題】橋下発言検証「大筋正しいものの舌足らず」
 慰安婦問題をめぐる日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)の発言は何が問題なのか、その内容を吟味すると、「事実関係は大筋正しいものの、舌足らずの部分がある」(現代史家の秦郁彦氏)ようだ。橋下氏の言動を検証した。(阿比留瑠比)
 【強制連行】
 この問題では、慰安婦問題で「おわびと反省」を表明した平成5年8月の河野洋平官房長官談話が「日本政府が強制連行を認めた」との誤解と曲解を世界に広めた。しかし、談話作成にかかわった石原信雄元官房副長官は産経新聞の取材に「(河野談話は)いかなる意味でも、政府の意を体して政府の指揮命令下に強制したとは認めていない」と明言している。
 第一次安倍内閣は19年3月に「軍や官憲による強制連行を直接示す記述も見当たらなかった」とする答弁書を閣議決定している。
 橋下氏は政府の公式見解を述べたに等しい。
 【各国の慰安所】
 磯村英一・元東洋大学長は東京都渉外部長だった終戦直後、連合国軍総司令部(GHQ)から「占領軍の兵隊のために女性を集めろ」と命令された。産経新聞(6年9月17日付)への寄稿によると、名目は「レクリエーション・センターの設置」だった。
 米軍はベトナム戦争時にも慰安所を利用していたほか、韓国は朝鮮戦争時に「軍が慰安所を管理していたことが、韓国陸軍戦史に出ている」(秦氏)。
 橋下氏の「なぜ日本の慰安婦制度だけが取り上げられるのか」との問題意識はもっともだ。
 【風俗業の利用】
 橋下氏は「建前論だと人間社会は回らない」とも主張する。だが、「性」の問題はまさに建前と本音がせめぎ合うテーマであり、ストレートに意見を述べればいいというものではない。
 慰安婦についての「当時は必要だった」との発言も、真意はともかく、秦氏は「政治家なら内外情勢を勘案し、何か主張する際には裏付けとなる証拠を示すなどもっときめ細かな配慮をすべきだった」と指摘する。
”と報道した(リンクはこちら)。

・「(河野談話は)いかなる意味でも、政府の意を体して政府の指揮命令下に強制したとは認めていない」とあるが,果たしてそうだろうか。
 「河野談話」は「慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。」としており,「官憲」という言葉で明確に「政府の指揮命令下」にあったことを認めている(リンクはこちら)。
 いやこれは「白馬事件」のことを言っているのだという反論があるのかもしれないが,それならこれは単なる個人の暴走なのだから,ここで「官憲」という言葉を使うべきではない。
・「第一次安倍内閣は19年3月に「軍や官憲による強制連行を直接示す記述も見当たらなかった」とする答弁書を閣議決定している。」とあるが,それなら「河野談話」を白紙撤回すべきである。
・「米軍はベトナム戦争時にも慰安所を利用していた」とあるが,「利用」に留まらず,自ら「設置」していたものである。
 このことは5日のエントリーでも,「しかもこの売春宿の管理は旅団長の直接指揮下で行なわれていたことが、有名なスーザン・ブラウンミラーのベストセラー本『アゲインスト・アワ・ウィル: 男・女・強姦』(ランダムハウス出版グループ)にでてくる。」という文章を引用したとおりである(リンクはこちら)。
・「韓国は朝鮮戦争時に「軍が慰安所を管理していたことが、韓国陸軍戦史に出ている」(秦氏)」とあるが,これは「朝鮮戦争時」ではなく,「80年代」までである。
 平成21年1月8日の産経新聞は,「米ニューヨークタイムズ(電子版)は8日、韓国の元慰安婦のグループが、1960年代から80年代にわたって米兵との性的行為を強制されたとして、当時の政府指導者に謝罪と賠償を求めて告発したと報じた。」と報道している(リンクはこちら)。
・「政治家なら内外情勢を勘案し、何か主張する際には裏付けとなる証拠を示すなどもっときめ細かな配慮をすべきだった」とあるが,これはある程度言っているのではないか。「政治家なら」ではなく,これはむしろこの「秦氏」のような学者の仕事である。

 「風俗業の利用」という提案は当方も余計なお世話だったと考えるが,米軍兵士の性犯罪が増加の傾向にあることから,それに対する対策の申し入れは何ら不当なものではない。
 また「慰安婦」に関する発言は妥当なものであり,むしろ安倍政権の反応こそ批判されるべきものである。この程度の諸外国の反応でどぎまぎしているようでは,「河野談話」の見直しは困難である。
  1. 2013/05/16(木) 08:48:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<"慰安婦制度「日本政府による強制的な軍の買春システム」NY州下院が決議" 拍車が掛かるではなく逆!! | ホーム | "首相答弁は「元慰安婦を傷つけている」" 国連に対しはぐらかしの回答でいつまで逃げられるか?>>

コメント

橋下市長は表現下手

 橋下市長の発言、「慰安婦制度は必要だった。しかし意に反して慰安婦となった女性には優しく接するべきだし謝罪も必要だ」、とこのような趣旨だと思いますが、これだと、【慰安婦制度が必要だから日本が作り日本が本人の意に反して慰安婦を集めた。だから日本には責任が存在するから慰安婦には謝罪をすべきだ。】、と解釈できます。つまり日本が主体的(強制的)に慰安婦を集め、その制度を作ったと。また実際にそのように解釈され世界中から批判を浴びているわけです。

 このことを言うなら、「古今東西世界中に存在した戦地売春婦に過ぎず、世界中の軍は全て戦地慰安婦を利用していた。」と言えば、全ての国に責任が降りかかってきますから日本だけを非難することはできなくなります。しかし、「慰安婦制度が必要だった。」は、主体が日本だと言うに等しいですから極めて不適切で曲解するのに実に都合の良い発言です。橋下は法律の背後にある歴史や文化を全く勉強していませんし、法律だけの知識しかないからピントの外れた発言が多発するのだと思います。

 安倍首相の発言は金子さんと同感で、さらに悪印象を与え最悪です。ようするに「慰安婦問題に関しては日本は悪いことをしたのでこちらも心が痛むし、お気の毒だと思いますが、なにせ日韓基本条約ですでに解決済みです。」、とは悪行であったことを認める発言ですから愚か極まりないし、日本は卑怯な国だとの印象をばら撒くわけで極めて不適切な発言です。

安倍、橋下、両者とも火に油を注ぐような配慮を欠いたインテリジェンスに欠ける発言だと思います。石原都知事の表現を見習って欲しいです。

  1. 2013/05/16(木) 11:24:01 |
  2. URL |
  3. 金澤春彦 #I9J.Ic0c
  4. [ 編集]

金澤さんへ

 確かに橋下徹の発言も表現下手ではありますが(特に米軍への推奨)、意欲は買ってやりましょう。
 現状では慰安婦ではなく性奴隷が確定しかかっているので、あえて波風を立てる必要があります。
 とにかくここから怯まず発信していくことが重要です。
 その点で安倍晋三はもとより産経新聞も簡単に陥落してしまうので情けないですね。
  1. 2013/05/16(木) 11:40:10 |
  2. URL |
  3. 金子吉晴 #0cYVgJ1c
  4. [ 編集]

金子さんへ

 たしかに今は波風を立てたほうが問題が表面に出てきて国民に知れ渡り、物議を醸し、変化が起きる可能性が生じるかもしれません。何もしなければ日本軍がアジア女性を数十万人を性奴隷にしたとトンでもない嘘が定着することは確実ですし、まあ橋下市長のピントはずれ発言は沈黙よりははるかにマシと考えます。



  1. 2013/05/16(木) 13:37:21 |
  2. URL |
  3. 金澤春彦 #I9J.Ic0c
  4. [ 編集]

金澤さんへ

悪名は無名に優るです。
  1. 2013/05/16(木) 13:42:14 |
  2. URL |
  3. 金子吉晴 #0cYVgJ1c
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1584-c8b12bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)