金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"拉致被害者の即時帰国要求 飯島氏が北朝鮮に伝達" 何らかの新提案をしていると思うが今後の報道を待ちたい。

 5月18日の産経新聞は,”拉致被害者の即時帰国要求 飯島氏が北朝鮮に伝達
 4日間の北朝鮮訪問を終えた飯島勲内閣官房参与が18日、経由地の北京から羽田空港に帰国した。
 飯島氏はその後、菅義偉官房長官と都内のホテルで約1時間会い、北朝鮮側との会談で拉致問題について(1)被害者の即時帰国(2)真相究明(3)実行犯の引き渡し-を求めたことを報告した。
 首相は18日夜、菅氏から電話で飯島氏の訪朝結果の報告を受けた。首相は「必要があれば飯島参与から直接話を聞く」とも語り、週明けにも飯島氏と会う考えを示唆した。
 飯島氏は民航機で羽田空港に到着した際、記者団の前に姿を見せず、取材にも一切応じなかった。
 飯島氏は訪朝中、北朝鮮ナンバー2の金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長や、金永日(キムヨンイル)朝鮮労働党書記(国際部長兼務)と会談し、日朝政府間協議の実務を担う宋日昊(ソンイルホ)朝日国交正常化交渉担当大使とも意見交換した。この3人以外の幹部とも会ったという。
 一連の会談で、飯島氏は「安倍首相は自分の手で拉致問題を解決したいという思いが強い」と伝えた。拉致被害者の帰国などがない限り「日本政府は(国交正常化交渉などに)動かない」と強調し、核問題の包括的解決を明記した日朝平壌宣言の履行も求めた。
 北朝鮮側との会談について、飯島氏は菅氏に「本音の話ができた」との認識を示した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「北朝鮮側との会談で拉致問題について(1)被害者の即時帰国(2)真相究明(3)実行犯の引き渡し-を求めた」とあるが、これには新しい材料はない。
 何らかの新提案をしていると思うが、「飯島氏は民航機で羽田空港に到着した際、記者団の前に姿を見せず、取材にも一切応じなかった。」ということだから、まだ取材できていないということである。今後の報道を待ちたい。
 さて分野はがらっと変わるが、17日に発表された「成長戦略第2弾」の内容もチェックしておかなければならない。

  5月17日の産経新聞は,”農業改革やインフラ輸出で「世界に勝つ」、首相が成長戦略第2弾発表
 安倍晋三首相は17日、都内で講演し、農業改革やインフラ輸出などを柱とする産業競争力強化に関する成長戦略を発表した。「世界で勝つ」をキーワードに、具体的な数値目標を掲げて政策を確実に実行していく姿勢を強調。6月に取りまとめる全体の成長戦略に盛り込み、夏の参院選で政権の経済政策「アベノミクス」の目玉に掲げる。
 4月19日に発表された再生医療や女性などに関する成長戦略に続く第2弾。
 首相は、成長戦略のポイントを「行動、アクションだ」とした上で「『行動』なくして『成長』なし」と述べ、インフラ輸出などで自ら世界各国へトップセールスに動く考えを示した。「インフラシステム輸出戦略」をつくり、現在約10兆円のインフラシステム受注額を平成32年に30兆円にまで増やすことを目指す。
 農業分野では、今後10年間で農業・農村全体の所得を倍増させる戦略を策定・実行するため、首相が本部長の「農林水産業・地域の活力創造本部」を来週立ち上げると表明。国別、品目別の輸出戦略をもとに、32年までに農林水産品の輸出額を1兆円へ倍増させる。
 民間投資の拡大のため、今後3年間を「集中投資促進期間」と位置づける。ベンチャー企業支援として先端技術の開発を後押しするため特例的に個別企業に対して規制緩和を認める制度を導入、中小企業融資の際の個人保証のあり方を見直す方針も示した。
 大学改革では、「日本の大学は、もっともっと世界を目指すべきだ」として、大胆な国際化を打ち出した。外国人教員の倍増、英語運用能力テスト「TOEFL(トーフル)」の卒業要件化、今後10年で世界大学ランキングトップ100に10校ランクインなどを掲げ、グローバルな人材の育成を進める。
 日本文化を海外に売り込む「クールジャパン戦略」の強化も成長戦略第2弾の柱の一つに据えた。現在年間800万人前後の訪日外国人数を2千万人にすることを目指し、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国を中心にビザ発給要件を緩和していく。
 日本の放送コンテンツの輸出額を5年後までに3倍増させるため、500億円規模の官民ファンド「クールジャパン推進機構」を創設して支援する。
”と報道した(リンクはこちら)。

 当方が問題にするのは、「外国人教員の倍増」、「東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国を中心にビザ発給要件を緩和」であるが、いずれも既出のものばかりで、こちらも新しい材料はない。
 保守勢力の中でも「アベノミクス」を称賛する人達は多いが、結局、やっていることは小泉構造改革をより売国的にしたものに過ぎないことを大きく主張しておかなければならない。
  1. 2013/05/19(日) 07:56:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<活動報告 5月19日東京青少年の会主催領土奪還!国民意識改善デモ及び維新政党・新風主催有楽町イトシア前街宣参加 | ホーム | "石原氏、戦争は「侵略じゃない」 朝日新聞に答える" すべては参院選後の分裂への布石か?>>

コメント

金澤さんへ

 英語の件は報道では大学生しか出ていませんでしたね。
 拉致はさっきデモの挨拶でちょうど言いました。
  1. 2013/05/19(日) 14:30:01 |
  2. URL |
  3. 金子吉晴 #0cYVgJ1c
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1589-1fa71511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)