金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"「懲罰」は個人の意見 駐日韓国大使が説明" なぜ無関係の「駐日大使」がしゃしゃり出て来るのか?

 5月23日の産経新聞は,”【原爆投下は神の罰】「懲罰」は個人の意見 駐日韓国大使が説明
 韓国の申●秀駐日大使は23日、国会内で開かれた日韓議員連盟の会合で、日本への原爆投下を「神の懲罰」とした韓国の中央日報の記事について「編集者の意見であって、韓国人の一般的な考え方ではない」と説明し、理解を求めた。会合後、議連の額賀福志郎会長が記者団に明らかにした。
 大使は歴史認識問題に関し「韓国の国民はいつも反省しろ、謝罪しろと言っているのではない。今まで表明したことはちゃんと守ってほしい」と要請。過去の「植民地支配」と「侵略」を認めた村山富市首相談話や、慰安婦問題をめぐる河野洋平官房長官談話を踏襲するよう呼び掛けた。
 同時に「日本人は気配り、和の精神を大事にする民族だ。韓国人の心をつかむ努力をしてほしい」と関係改善を訴えた。会合は、近く離任する大使の壮行会として開催した。※●=王へんに玉
”と報道した(リンクはこちら)。

・「編集者の意見であって、韓国人の一般的な考え方ではない」とあるが、どこの国でも大手マスコミの「編集者の意見」はその国民の「一般的な考え方」に極めて近いものである。というか逆にその国民の「一般的な考え方」は大手マスコミの「編集者の意見」によって形成されると言っても過言ではない。
・「韓国の国民はいつも反省しろ、謝罪しろと言っているのではない。今まで表明したことはちゃんと守ってほしい」とあるが、「今まで表明したこと」は何かあるのだろうか。
 確かに日韓併合の歴史的評価は色々あるだろうが、すべては「日韓請求権並びに経済協力協定」の「第二条 1 両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。」に帰結する(リンクはこちら)。
 もちろん慰安婦問題については当時全く違法性がなかったのであり、だからこそ「日韓請求権並びに経済協力協定」でも議題に上らなかったのである。
・「韓国人の心をつかむ努力をしてほしい」とあるが、嘘吐きユスリタカリ民族の「」なぞ「つかむ」必要性があるだろうか。
・「会合は、近く離任する大使の壮行会として開催した」とあるが、そもそもなぜ無関係の「駐日大使」がしゃしゃり出て来るのだろうか。訳が分からない。
 さてこの問題に対する日本政府の対応はどうか。

 5月24日の産経新聞は,”【原爆投下は神の罰】韓国紙のコラムに外相「断じて容認できない、驚きと憤り」
 岸田文雄外相は24日午前の記者会見で、韓国紙「中央日報」が広島と長崎への原爆投下を「神の懲罰」と主張するコラムを掲載したことについて、「断じて容認できない。日本政府と日本人は驚き、憤りを感じている」と批判した。
 在韓国日本大使館が、岸田氏の指示を受け23日までに中央日報に抗議したこともあらためて強調した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「在韓国日本大使館が、岸田氏の指示を受け23日までに中央日報に抗議した」とあるが、「断じて容認できない。」なら「抗議した」位で済ますわけにはいかないだろう。何らかのペナルティ措置が必要である。
 もっと訳の分からないのが次の発言である。

 5月23日の産経新聞は,”中韓との関係改善に意欲 首相「このままにしない」
 安倍晋三首相は23日、自民党の高村正彦副総裁と官邸で会談し、中国、韓国との関係改善に意欲を示した。「近隣諸国のことを考えると、このままにしておいていいというわけではない」と述べた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「韓国との関係改善に意欲を示した。」とあるが、このような新聞報道があってもなぜこのように言えるのか全く不可解である。
  1. 2013/05/24(金) 23:33:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明日26日の活動予定 | ホーム | "コリアンタウンからも「あまりに民度低い」「日本へのコンプレックスのあらわれ」と非難続出" 我々としてはその嫉妬心や劣等感をえぐるような発言をしていかなければならない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1595-b4c2fa35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)