金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"橋下氏、慰安婦発言を釈明 「歴史学者ではない」" こういう発言を放置しておく限りは,旧たちあがれ系の人達の将来もない!!

 5月28日の新聞は,”橋下氏、慰安婦発言を釈明 「歴史学者ではない」
 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は27日の日本外国特派員協会での記者会見で、慰安婦問題をめぐり改めて持論を展開した。主な発言、やりとりは次の通り。
 【冒頭発言】
 「かつて日本兵が女性の人権を蹂躙したことは痛切に反省し、慰安婦の方々に謝罪しなければならない。日本以外の少なからぬ国々の兵士も女性の人権を蹂躙した事実に各国も真摯に向き合わなければならない。日本だけ非難するのはフェアな態度ではない」
 「韓国政府は『元慰安婦の日本政府への請求権の存否の解釈が未解決だ』と主張している。納得できないなら国際司法裁判所に訴えるしかない。その際、竹島をめぐる領土問題も含め、法の支配に基づき裁判所での解決を望む」
 【質疑応答】
 --軍による関与の度合いについてどう考えるか
 「施設管理と戦地での女性の移動、民間業者に女性を集めてほしいと要請したことには軍の一定の関与があったと日本政府は認めている。ただし、核心的な論点である『国家の意思として組織的に女性を拉致・人身売買した』という点を裏づける証拠はない」
 「韓国の皆さんが最も関心を寄せるこの核心的論点について、河野談話は逃げている。河野談話を否定する、修正するということでなく、明確化すべきだ。日韓の歴史学者が共同で事実を明確にすべきだ」
 --どう明確化するか
 「国家の意思として女性を拉致し、人身売買をしたということなら、そのような表現を使うべきだ。私は歴史学者ではない。明確に研究したわけではないが、河野談話は一番の核心的論点について曖昧、不明確になっているということを皆さんに伝えたかった」
 --外国から疑問を持たれた政治責任をどう考える
 「私の発言に国民が『ノー』といえば、参院選で維新は大きな敗北になる。参院選の結果を受け、私が共同代表のままでいられるのかどうか党内で議論が生じると思う。それが民主主義の国における政治家の責任の取り方のメカニズムだ」
 --石原慎太郎共同代表の見解について
 「第二次世界大戦が日本の侵略戦争だったかは歴史家が議論することだ。国を代表する政治家は、侵略であったことを認め、韓国に対しては許されない植民地政策だったという認識を持たなければならない。そして、周辺諸国に損害と苦痛を与えたことを反省し、おわびしなければならない。ただ、石原代表はそのような考え方とは異なった考えを持っている。戦争時代を生きてきた人と世代の違いもある。1億2千万人全員が同じ考えになるというのも民主国家では難しい」
 「われわれの世代の政治家は過去の戦争の責任を蒸し返してはいけない。ただし『敗戦国だからあらゆる不当な事実誤認について何も言わない』ということでもない。そういう意味で戦場の性の問題を提起した」
”と報道した(リンクはこちら)。

・「かつて日本兵が女性の人権を蹂躙したことは痛切に反省し、慰安婦の方々に謝罪しなければならない。」とあるが,一体どういう意味で「女性の人権を蹂躙した」というのか。
 先般も書いたが,当時は売買春は合法だったし,現在でも特に先進国にそういう国々は多い。兵隊が一消費者としてそれらの施設を利用したとしてもそれが違法行為にはならない。
・「その際、竹島をめぐる領土問題も含め、法の支配に基づき裁判所での解決を望む」とあるが,確かにこれは我が国にとって最も望ましい解決である。
 ただ南朝鮮は受けないだろうし,我が国としても安倍政権のように「慰安婦問題は解決済み」という主張では不安である。主張するには時期尚早である。
・「施設管理と戦地での女性の移動、民間業者に女性を集めてほしいと要請したことには軍の一定の関与があった」とあるが,これは果たして「軍の一定の関与」と言うべきだろうか。
 占領地では「」は唯一の行政主体である。したがってそこで行われる森羅万象に何らかのことで「」は関わってくる。しかしそれをもって「軍の一定の関与」と言う必要があるだろうか。
・「外国から疑問を持たれた政治責任」とあるが,一体何の「疑問」か。全くその意味が分からない。
・「国を代表する政治家は、侵略であったことを認め、韓国に対しては許されない植民地政策だったという認識を持たなければならない。」あるいは「われわれの世代の政治家は過去の戦争の責任を蒸し返してはいけない。」とあるが,これらも全く意味が分からない。
 これらはむしろ逆だろう。「歴史家」がどう言おうと,「国を代表する政治家」は国益を守るためそれを否定するというのがその務めではないか。

 「橋下徹共同代表(大阪市長)」が政治家としてどうなろうと当方は知ったことではないが,少なくとも石原氏や平沼氏がこういう発言を放置しておく限りは,旧たちあがれ系の人達の将来もないということは間違いなかろう。
  1. 2013/05/29(水) 08:56:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【東京都議選2013】都民不在、いまだ争点浮かばず オール与党体制加速も" 国政に物申すのは都議の重要な役割!! | ホーム | 都議選選挙ボランティアのお願い>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1602-23eb20e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)