金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

運動論 参議院選挙に能動的に関与せよ!!

 デモの効用は何か。当方は2つあると考える。
 第1は選挙の事前運動である。これは特定の政党支持の方向へ世論を誘導することが目的である。
 第2は幹部活動家の育成である。これは街宣も同じであるが、単にネットからリアルへ出るというだけでなく、将来的に自ら主催者となってデモだけでなく様々な活動を主催できる人材を育成するということである。
 当方が唐突になぜこのようなことを書いているかと言うと、この参議院選挙期間中にデモを行うことに疑問を持っているからである。
 第1に関しては選挙期間中は特定の政党の支持・批判をできないのだから全く意味はない。
 ましてや1日のエントリーでも書いたように、「昨日デモに参加した人達の中で一体どれほどの割合が新風支持だろうか。おそらく10%以下だろう。大概の人達は安倍政権支持である。民主党政権成立後、新たに目覚めた人達にとっては反韓と安倍政権支持とは必ずしも矛盾しないのである」(リンクはこちら)。
 どう間違っても日韓断交に進む可能性のない安倍政権を支持している人達を集めてデモしても一体何の意味があるのだろうか。
 第2に関してはそれなりに目的を達成できないことはないが、ただでさえ警察の手が足りないのだから、なぜこの時期にやらなければならないのか甚だ疑問である。
 ましてや最近は6月16日の逮捕騒ぎの余波か、やたらにデモは安全だと主張する向きが多い。
 しかし警官隊に厳重にガードされた安全なデモでは第2の目的は達成しがたい。それなりに政治的騒乱が発生しなければ、この目的は達成できないのである。

 おそらくデモ主催者はデモの効用に関して当方よりもかなり過大に評価しているのだろう。要するにデモ自体が政治の方向性を変えると期待しているのである。
 しかし果たしてそういうことがあるだろうか。武装闘争でもするのなら格別、単なるデモにそういう力があるとは思えない。やはり最後は我々自身が選挙で勝って政治権力を握るしかないのである。
 そうだとしたら本当に日韓断交を望んでいる人達はできるだけ自分自身で選挙に出る気概を持ってもらいたい。そのためには今回の参議院選挙にできるだけ参加して色々ノウハウを学んでもらいたい。
 何も維新政党・新風を支援してくれと言っているのではない。新風が支持できなければ自分で政党を立ち上げてくれればいい。要するに自民党の変身を期待したり、デモに必要以上の効果を期待するような希望的観測をするなと言っているのである。
 保守勢力が戦後(冷戦下)の安穏をむさぼっている間に左翼(反日)勢力は各種選挙に打って出て必死に地域から日本社会の切り崩しを図ったきた。その効果が今表れている。
 保守勢力がよく主張するGHQの洗脳政策の影響というのは保守勢力のこじつけでしかない。
 そうだとしたら我々が今やらなければならないことは彼らの後追いをすること以外に何があるだろうか。
  1. 2013/07/04(木) 21:06:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<"【参院選2013】アベノミクス・TPP…9党首舌戦 討論会詳報" 何か自民党の裏方の書いた文章をそのまま読んでいるような感じ!! | ホーム | "「英語で領土アピールを」…有識者懇が報告書" 後れているのではなく情報発信すべきほどの領土・主権政策をしていないことが問題!!>>

コメント

すごい
戦後初の
すごいと思う
  1. 2013/07/06(土) 12:38:15 |
  2. URL |
  3. すごい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1632-64b4f13d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)