金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"朴槿恵氏「日本の指導部のせい」…首脳会談否定" 南朝鮮は「信頼関係を築」くに値しない相手!!

 10月1日の読売新聞は,”朴槿恵氏「日本の指導部のせい」…首脳会談否定
 韓国の朴槿恵パククネ大統領は30日、訪韓したヘーゲル米国防長官と大統領府で会談し、日韓関係について、「歴史や領土問題で後ろ向きの発言ばかりする日本の指導部のせいで、信頼関係を築けない」と述べ、10月上旬にインドネシア・バリ島で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)などでの早期の日韓首脳会談の開催を否定した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 なかなか「朴槿恵パククネ大統領」は日韓断交を目指す我々にとっておいしい発言をかましてくれる。
 これも我々としては「信頼関係を築けない」ではなく、南朝鮮は「信頼関係を築」くに値しない相手という言葉を連中に返していくべきである。
 次ぎも似たようなケースである。

 9月27日の産経新聞は,”安倍首相「積極的平和主義」を強調 国連演説 シリアに6千万ドル追加支援
 安倍晋三首相は26日午後(日本時間27日未明)、国連総会で一般討論演説に臨み、シリア問題で難民や周辺国対策に6千万ドル(約60億円)相当の追加支援を表明した。
 女性問題では、紛争下で女性への性的暴力対策に取り組む国連女性機関「UN Women」について「日本が有力貢献国の一つになる」と強調。資金援助などを行うとともに、女性・平和・安全保障に関する「行動計画」を策定する考えも示した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「女性問題では、紛争下で女性への性的暴力対策に取り組む国連女性機関「UN Women」について「日本が有力貢献国の一つになる」と強調。」とあるが、一体何のために慰安婦問題で責任を認めるかのような発言をするのかと訝しく思っていたら、案の定、南朝鮮が食いついてきた。

 9月28日の日経新聞は,”韓国外相、「従軍慰安婦」は使わず 国連演説
 韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は27日、国連総会の一般討論演説で「紛争下での性暴力は最も深刻な人権侵害の一つだ」と述べた。昨年の国連演説の表現をほぼ踏襲し、「従軍慰安婦」との言葉を使うことは避けた。
 日本を名指ししなかったものの「前世紀に起きた紛争での性暴力の犠牲者の苦痛は今日も続いている」と話した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「前世紀に起きた紛争での性暴力の犠牲者の苦痛」とあるが、これも「これは韓国軍が行ったライダイハンのことか」という言葉を連中に返していくべきである。

 やはり日韓断交に向けての我々の戦略はいかに南朝鮮の火病を煽っていくかが基本である。そういう点では在日問題から入っていくのは余り得策ではない。
 確かに国民の感情に訴えるにはその方が簡単なような感じを持つが、しかしそうなると段々話しが小さくなってこちらに対する印象も小さく見せてしまう。
 また実際にも在日問題を解決するにはその法的基盤となっている日韓基本条約の枠組みの見直しをやらなければならないのだから、まさに「歴史や領土問題」に絞って我々の戦術を組み立てていくことが必要である。
 まず「南朝鮮は敵国である」という認識を全国民に徹底していくことが当面の目標である。
  1. 2013/10/02(水) 09:20:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<活動報告 10月2日葛飾区議選事前審査終了 | ホーム | "【消費税8%】安倍首相が4月引き上げ正式表明 「最後の最後まで悩んだ」" アベノミクス支持派による消費増税批判は単なる言い逃れ的主張にしか聞こえない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1732-8747d76d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)