金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"GDP実質1.9%増 7~9月年率、4四半期連続プラス" リーマン・ショック前に追いつくのに長過ぎ。チャンネル桜の罪は重い!!

 11月14日の日経新聞は,”GDP実質1.9%増 7~9月年率、4四半期連続プラス
 内閣府が14日発表した2013年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値は物価の変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比0.5%増、年率換算で1.9%増となった。4四半期連続のプラスだが、年率3.8%増だった前期に比べ伸び率は縮んだ。公共投資や住宅投資がけん引する一方、成長率を押し上げてきた消費や輸出に一服感が出た。
 生活実感に近い名目成長率は0.4%増、年率で1.6%増となった。
 甘利明経済財政・再生相は記者会見で、冬の賞与は増える見込みなどを踏まえ「(景気の)良い循環は始まっていると思う」と語った。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「内閣府が14日発表した2013年7~9月期の国内総生産(GDP)速報値」とあるのは「四半期別GDP速報 時系列表 2013(平成25)年7~9月期(1次速報値) 内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部」という資料だろう(リンクはこちら)。

 まず「前期比0.5%増」とあるのは11頁の左下に「2013/ 7- 9. 0.5」とあり、「年率換算で1.9%増」とあるのは同じく13頁の左下に「2013/ 7- 9. 1.9」とある。
 13頁の欄外に「*年率表示の成長率は、実質季節調整値を用いて次式により算出した。・年率表示の成長率={(当期の実数÷前期の実数)の4乗-1}×100」とあるのはどういう計算か。
 「当期の実数」とは10頁左下にある「2013/ 7- 9. 530,087.10」であり、「前期の実数」とは同じく「2013/ 4- 6. 527,619.10」だろう。
 これから、{(530,087.10÷527,619.10)の4乗-1}×100を計算すると、1.9となるので間違いない。

 次に、しかし「生活実感に近い名目成長率」とあるようにやはり「名目」の方が分かりやすい。
 「0.4%増」とあるのは19頁左下、「年率で1.6%増」とあるのは21頁左下である。
 上記の名目の「年率」についても、21頁の欄外に「*年率表示の成長率は、名目季節調整値を用いて次式により算出した。・年率表示の成長率={(当期の実数÷前期の実数)の4乗-1}×100」とあるから、少し増幅した数字になるのではないか。
 では今年のトータルの「名目成長率」はどれ位になるか。

 そこで15頁の「名目原系列」により1~9月の合計を2012年と2013年で比較してみる。
 2012年は118,345.30+118,283.90+115,717.10=352,346.30(10億円)であり、2013年は117,388.90+118,996.60+118,458.30=354,843.80(10億円)である。したがって前年同期比は0.7%増ということになる。
 この7~9月期の伸び方だと年率ではもう少し伸びるように思うが、せいぜい1.3%増程度ではないか。
 近年の名目GDPの推移は32頁に出ている。
 リーマン・ショック前と比較すると、「2007/1-12. 512,975.2」、「2012/1-12. 475,565.5」だから、その減少率は、(512,975.2-475,565.5)÷475,565.5×100=7.9%である。
 今の調子で行けば約6年で追いつくことになるが、どう考えても長過ぎよう。

 そんなに時間をかけていては尖閣諸島は盗られ、日本中が外国人だらけになってしまう。
 これで一体、アベノミクスは効果を奏していると言えるだろうか。次の報道を目にするとき一層その感を強くする。

 11月5日の日経新聞は,”資金供給量、8カ月連続で最高 10月末残高も189兆円に
 日銀が5日発表した10月のマネタリーベース(資金供給量、月中平均)は前年同月比45.8%増の186兆8687億円と、8カ月連続で過去最高を更新した。日銀が4月に導入した量的・質的金融緩和に伴い実施されている国債買い入れオペによって、市中に大量の資金が供給されているため。
 マネタリーベースは市中に出回るお金(紙幣、硬貨)と金融機関が日銀に預ける当座預金残高の合計。
 内訳をみると、日銀の当座預金(月中平均)は2.3倍の98兆7576億円。高水準の伸びが続き、8カ月連続で過去最高となった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 例によって、「市中に出回るお金(紙幣、硬貨)」を計算してみると、1,868,687-987,576=881,111(億円)である。これは8月31日のエントリーで示した時系列の表と比較してみると、昨年12月の884,270(億円)よりむしろ減っている(リンクはこちら)。
 このことはいかに「日銀が4月に導入した量的・質的金融緩和」が国民経済的には意味がないかをよく示している。
 その原因は当方に言わせればやはり、アベノミクス(≒チャンネル桜的経済論)におけるデフレ不況の原因論が誤っているからである。このことに対するチャンネル桜の罪は重い。
  1. 2013/11/15(金) 10:58:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<明日17日及び明後日18日の活動予定 | ホーム | "韓国大使、首相に「早く過去整理」要求 着任後初面会" 「過去を整理し、未来に向かって進む」べきは竹島を不法占拠し慰安婦で嘘・捏造を繰り返す南朝鮮の側!!>>

コメント

日本は八紘一宇主義になるべき

市場原理主義の崩壊は目に見えています。限界に来ているのです。



市場原理主義からの脱出


http://www.ab.auone-net.jp/~cslty/tgsinkou.pdf
市場原理主義から脱出のプログラムです。
以下は、この資料の25ページに書いた内容です。

【錦の御旗<八紘一宇>大隈重信候遺志】
  “一人の不幸者も居ない社会の実現”

市場原理主義)    ⇒   (八紘一宇主義)

強者のみ生き残り  ⇒  皆生き残る権利/尊厳あり
世界統一政府    ⇒  地域「自立/自律」行政 
グローバル社会   ⇒  グ・ローカル社会
(EU統合は足並み揃わず混乱 自立した国/地域が連携する社会)
奴隷制度/搾取社会 ⇒  互恵制度/保障社会
(99:1の社会     ⇒         ベーシックインカム安心社会)
大企業の植民地経済 ⇒ 地域・地場企業尊厳優先経済
 <<経済の血液である通貨の全体最適設計>>
グローバル通貨(円)   ⇒ 地域振興券で地域自立確立
(プラス金利 奪う経済  ⇒ マイナス金利 与える経済)

この企画の説明会を12月4日に久留米大学で行います。
参加して、大いに質問して下さい。

案内状です
http://www.ab.auone-net.jp/~cslty/sodan20annai.pdf
拡散して、参加して、質問して頂き、議論を盛り上げて下さい。

よろしくお願いします。
  1. 2013/11/15(金) 14:26:22 |
  2. URL |
  3. Dandelion #K.FlSC/o
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1780-77c57327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)