金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"貿易赤字1兆907億円、10月で最大 最長も更新" 貿易赤字の最大の原因は燃料輸入ではなく支那・南朝鮮からの輸入!!

 11月20日の日経新聞は,”貿易赤字1兆907億円、10月で最大 最長も更新
 財務省が20日発表した10月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1兆907億円の赤字だった。赤字額は10月としては2012年(5562億円の赤字)を上回り、比較できる1979年以降で最大。単月としても過去3番目の大きさだった。赤字は16カ月連続で9月に続いて最長を更新した。
 輸入額は前年同月比26.1%増の7兆1952億円で12カ月連続で増加。サウジアラビアなどからの原粗油が67.8%増、カタールなどからの液化天然ガス(LNG)も39.4%増と燃料輸入が増えた。
 アジアからの輸入額は23.5%増の3兆3179億円で過去最大だった。台湾からのICなど半導体等電子部品や、中国からの衣類やスマートフォンなど通信機輸入が増えた。中国からの輸入額は22.0%増の1兆6543億円で、過去2番目の大きさだった。
 為替レート(税関長公示レートの平均値)は1ドル=98円26銭で、前年同月比25.5%の円安だった。
 貿易収支を地域別にみると、対中国は5064億円の赤字だった。10月としては過去最大で、20カ月連続で赤字だった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 昨年末、鳴り物入りで始まったアベノミクスであるが、現在はすでにその効果の陰りが指摘されている。その最大の要因が「赤字は16カ月連続で9月に続いて最長を更新した」ことにあることは疑いがない。
 確かに民主党政権時代に比べて「為替レート(税関長公示レートの平均値)は1ドル=98円26銭で、前年同月比25.5%の円安」という点はそれなりに効果を発揮していると言えるが、この程度では上記の状況を覆すには余りにも小規模である。
 この数日間は100円のラインを少し超えたところで推移しているが、これからそれほど大きく動くことはないだろう。

 ところでこのようなことは何度も書いているので、ここで本当に言いたいことはそうではない。
 では何が言いたいかというと、「赤字は16カ月連続で9月に続いて最長を更新した」ことの最大の原因は何かということである。
 これについては通常、原発の停止による「サウジアラビアなどからの原粗油が67.8%増、カタールなどからの液化天然ガス(LNG)も39.4%増と燃料輸入が増えた」ことにあると説明されるのであるが、果たしてそれは真実だろうか。

 というのは「輸入相手国上位10カ国の推移(年度ベース)」という税関の資料を見てみればこのことを強く疑わざるを得ないからである(リンクはこちら)。
 これによれば2008年度以降の主な産油国及び支那・南朝鮮からの輸入額を合計してみると、次表のとおりである。
                                   (単位:億円)
 2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度
サウジアラビア44,57530,31133,25841,34644,674
アラブ首長国連邦40,79923,42726,98535,27136,252
インドネシア30,01021,72725,55827,48925,769
カタール24,55116,63519,29026,41830,209
マレーシア22,47216,06520,79925,67226,571
162,407108,165125,890156,196163,475
中国139,578117,947138,460147,849153,451
韓国27,21221,52226,65532,85832,786
166,790139,469165,115180,707186,237

 これを見ればすぐ分かるように、主な産油国からの輸入はほとんど増えていない。原発の停止により増えたというよりはリーマン・ショックにより減ったものが元に戻りつつあると言った方が正解である。
 他方で増えているのが支那・南朝鮮からの輸入である。しかも支那・南朝鮮は為替をインチキしているので、実質値では輸入額はこの1.5~2倍あるとカウントしなければならない。
 もちろん南朝鮮との間では帳簿上では黒字であるが、このことは実質的には決して日本経済にはプラスでないことは11月17日のエントリーで書いたとおりである(リンクはこちら)。
 このことは日中断交・日韓断交がいかに日本経済にプラスが大きいかをよく示している。
 マスコミが原発の停止による「燃料輸入」を強調するのは、支那・南朝鮮との貿易のマイナスを隠蔽するためであると言ったらうがち過ぎだろうか。
  1. 2013/11/21(木) 21:49:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明日23日及び明後日24日の活動予定 | ホーム | "日中経協訪中団が汪副首相と会談 中国の規制緩和への要望も" この連中には「売国奴」以外にどういう言葉が相応しいだろうか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1788-cad6bc37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)