金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"日本維新が慰安婦調査報告書の開示請求 「河野談話」検証PT" 産経新聞が入手していたとは気が付かなかった。そうなら話は違う!!

 12月6日の産経新聞は,”日本維新が慰安婦調査報告書の開示請求 「河野談話」検証PT
 慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」を検証している日本維新の会の「歴史問題検証プロジェクト・チーム(PT)」(座長・中山成彬元文部科学相)は6日午前、内閣官房に対し、談話の根拠となった韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書の開示請求を行った。
 開示請求は、情報公開法に基づき原則30日以内に開示か不開示の決定が下されることになっている。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「こんなもの絶対に公開しないだろう」と思って、何気なくこの「談話の根拠となった韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書」についての情報を検索していると、次のような報道に行き当たった。

 10月16日の産経新聞は,”元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 河野談話の根拠崩れる
 産経新聞は15日、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年8月の「河野洋平官房長官談話」の根拠となった、韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書を入手した。
 5年7月26日から30日までの5日間、ソウルで実施した聞き取り調査に関しては9年、当時の東良信内閣外政審議室審議官が自民党の勉強会で「(強制性認定の)明確な根拠として使えるものではなかった」と証言している。ところが政府は、この調査内容を「個人情報保護」などを理由に開示してこなかった。
 産経新聞が今回入手した報告書はA4判13枚で、調査対象の16人が慰安婦となった理由や経緯、慰安所での体験などが記されている。だまされたり、無理やり連れて行かされたりして客を取らされるなどの悲惨な境遇が描写されている。
 しかし、資料としての信頼性は薄い。当時、朝鮮半島では戸籍制度が整備されていたにもかかわらず、報告書で元慰安婦の生年月日が記載されているのは半数の8人で空欄が6人いた。やはり朝鮮半島で重視される出身地についても、大半の13人が不明・不詳となっている。
 肝心の氏名に関しても、「呂」と名字だけのものや「白粉」と不完全なもの、「カン」などと漢字不明のものもある。また、同一人物が複数の名前を使い分けているか、調査官が名前を記載ミスしたとみられる箇所も存在する。
 大阪、熊本、台湾など戦地ではなく、一般の娼館はあっても慰安所はなかった地域で働いたとの証言もある。元慰安婦が台湾中西部の地名「彰化」と話した部分を日本側が「娼家」と勘違いして報告書に記述している部分もあった。
 また、聞き取り調査対象の元慰安婦の人選にも疑義が残る。調査には、日本での慰安婦賠償訴訟を起こした原告5人が含まれていたが、訴状と聞き取り調査での証言は必ずしも一致せず二転三転している。
 日本側の聞き取り調査に先立ち、韓国の安(アン)秉(ビョン)直(ジク)ソウル大教授(当時)が中心となって4年に行った元慰安婦への聞き取り調査では、連絡可能な40人余に5~6回面会した結果、「証言者が意図的に事実を歪曲していると思われるケース」(安氏)があったため、採用したのは19人だった。
 政府の聞き取り調査は、韓国側の調査で不採用となった元慰安婦も複数対象としている可能性が高いが、政府は裏付け調査や確認作業は一切行っていない。
”と報道した(リンクはこちら)。

 この「談話の根拠となった韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書」が話題になっていることは知っていたが、当方は10月23日のエントリーで、
この「慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野談話」の根拠だった元慰安婦16人の聞き取り調査がずさんだった問題」を追及することも確かに有益かもしれないが、当方としてはすでに、「第1次安倍内閣は19年3月、政府発見資料の中には「強制連行を直接示すような記述はない」と閣議決定している。」のだから、その点と現「安倍内閣」の「河野談話」踏襲との論理的齟齬を突いていけば、それで十分ではないかという感がする。
と書いたところである(リンクはこちら)。
 それは冒頭の「韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書を入手した」という部分に気が付かなかったからである。
 現物がないままにあれこれ政府を追及したところで口を割る可能性はない。しかし現物があれば話は違う。
 しかも次のような報道がある。

 11月5日の産経新聞は,”【異論暴論】正論12月号 捨て去られた国家の名誉
 これが国家を背負って行われるべき政府の調査なのか、と情けなくなってくる。平成5年、慰安婦集めの「強制性」を認めた河野談話の前段階で日本政府によって元日本軍慰安婦の韓国人女性16人に実施された聞き取り調査の報告書だ。本誌は全容を掲載したうえで徹底検証した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 これの具体的な内容は、「ぼやきくっくり」というブログに掲載されている(リンクはこちら)。
 これは我々にとってなかなか利用価値のある資料である。

 このブログには、
●裁判原告と重なっている1金○○、4李貴粉、8金学順、12朴福順、15盧清子のうち、1金○○、4李貴粉、8金学順の3人は慰安婦にさせられた経緯について訴状と異なる話をしている。それなのに、訴えられていた立場の政府が、調査で確認作業を全くしていない。
とある。

 以上の5人については次のとおりある。
1金○○
 安秉直調査で採用されており、原告の1人でもあるが、慰安婦にさせられた経緯について、安秉直調査および訴状の内容と大きく異なっている。
 巡査と朝鮮人男性が工場に働きに出すと言って連行したとされているが、安秉直調査では〈国民服(あるいは軍服)を着た30代の日本人1人と背広を着た40代の朝鮮人1人が…「日本に行って1年間だけ工場で働けば、たんまり金を稼ぐことができるから、行こう」と言いました。そのまま私は両腕をつかまれて2人に連れて行かれました〉とされている。
 訴状では「自宅から憲兵が工場に連れて行くと連行」とされている。巡査が連行に加担したのであれば権力による強制連行になるが、「国民服を着た日本人」が騙して連れて行ったのであればその証拠にはならない。
4李貴粉
 安秉直調査で採用され、原告にもなっている。
 安秉直調査では「李玉粉」という名前になっている。彼女の話も、政府調査と安秉直氏らの調査、訴状との間で大きな違いがある。
 刀を持った巡査に連行されて下関から台湾に行ったとされているが、安秉直調査では「日本人1人とその手先らしい朝鮮人1人」、訴状では「日本人と朝鮮人通訳の2人連れ」とだけされて、巡査とはされていない。
 台湾の「娼家」に連れて行かれたとされているが、安秉直調査では台湾の「彰化慰安所」、訴状では彰化にある料亭とされているから、「娼家」は「彰化」の聞き取りミスだろう。
8金学順
 91年8月初めて名乗り出た慰安婦として有名。安秉直調査に採用され、もちろん原告でもある。彼女は91年当初に話していたことを92年安秉直調査の頃から変えた。
 名乗り出た直後は、「生活が苦しくなった母親によって14歳の時に平壌にあるキーセンの検番に売られていった。3年間の検番生活を終え、初めての就職だと思って、検番の義父に連れて行かれたところが、華北の日本軍300名あまりがいる部隊の前だった」(ハンギョレ新聞91年8月15日)と証言していた。訴状でも同趣旨の記述がされている。
 朝日新聞が彼女を挺身隊として強制連行された被害者だという大誤報をしたので、私(西岡力氏)はそのことを指摘する論文を『文藝春秋』92年4月号に書いた。その後、彼女は養父に連れられ北京に行き、そこで日本軍人に強制連行されたと証言内容を変えた。
12朴福順
 安秉直調査で不採用だが、原告には「金田きみ子(源氏名)」として入っている。日本人軍属に中国に働きに行くと騙されて天津近くの慰安所に連れて行かれたと話しているが、裏付け調査はなされていない。
15盧清子
 安秉直調査で不採用だが、原告には入っている。
 8~9人の軍人に中国オデサン慰安所へ強制連行されたと語っているが、裏付け調査はなされていない。


 1、4、8については「安秉直調査および訴状の内容と大きく異なっている」ことになる。
 しかし一体この非公開資料を産経新聞はどのようにして入手したのだろうか。
 まあ我々にとっては利益のあることだからその点の詮索はなしにしよう。
  1. 2013/12/11(水) 01:02:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<"日本が『サンフランシスコ講和条約』を持ち出すのは釣魚島占領のため" 支那人が台湾を実効支配し始めて500年も経っていないのに尖閣諸島が支那固有の領土とはお笑い草!! | ホーム | 活動報告 12月9日「猪瀬直樹都知事糾弾街宣」、「港区芝2丁目前街宣」及び「新橋駅SL広場前街宣」参加>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1812-1b9ddab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

12月13日、新自由主義問題などの緊急国会陳情を行います 

11月20日から22日までの上京が今年最後かなと思っていましたが、今週金曜日から日曜日まで、いくつか用件があり上京します。 時間調整ができたので、金曜日に今年最後の国会陳情を行いたいと思います。年明けの通常国会で、新自由主義的政策などを打ち出してくると予想されます。 この内容にご賛同の方はクリックお願いします♪ 政治 ブログランキングへ ↓にほんブログ村 政治ブログ、クリ...
  1. 2013/12/11(水) 08:35:04 |
  2. なめ猫♪