金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"倉山満「韓国は反日で当たり前だと思え」" そう考えるのは村山談話にある「植民地支配と侵略によって」という下りを認めているから!!

 12月15日の日刊スパは,”倉山満「韓国は反日で当たり前だと思え」
 韓国の反日行動の報道が多くなるにつれ、当然ながら日本人の嫌韓意識も高まっている。最近では過激なヘイトスピーチも話題になっているが、これに対して倉山氏は疑問を呈す。
 「嫌韓を言うのはいいけど、韓国だけを目の敵にすることで得をするのは誰かをよくよく考えないといけません。
 まずはアメリカです。アメリカは日本がアジアに対して必要以上の影響力を持つことを喜ばず、日韓が結びつくことを阻止するのは世界戦略の一環です。
 次に中国。彼らは北朝鮮は守りたいけれど、実は金一族は大嫌いなんです。韓国が半島を統一しても、日本に憎悪が向かっていれば好都合なのです。
 そして、日本と韓国がモメて最も喜ぶのは北朝鮮です。日本にも韓国にも拉致被害者がいるので、本来なら彼らを取り戻すためにも手を組むべき。重要なのは日本人自身が軍事的リアリズムを持つことです。『米中に言われても仕方ないけど韓国だけは許さん』という歪んだナショナリズムが一番恥ずかしい」
 そのために大事なのは、「韓国は反日で当たり前だ」と思うことだという。
 「間違っても好きになってもらおうとは思わないことです。自分たちのことを嫌っている相手に、いかに言い分を聞かせるかがリアリズムであり、外交の鉄則です。日本のように相手に言うことを聞いてもらうために仲良くしようなどという考えは、国際政治の場では大甘もいいところ。むしろ、徹頭徹尾こちらのほうが強いのだと思わせるべきなんです」
”と報道した(リンクはこちら)。

 支離滅裂で意味不明の主張である。
 「韓国だけを目の敵にする」とあるが、我々が批判するのは南朝鮮だけではなく、現状で我が国の主権を侵害している南北朝鮮、ロシア及び支那の4か国である。
 ただその中でも南朝鮮に対する批判が最も強くなるのは、慰安婦問題における嘘の主張と在日南朝鮮人の犯罪率の高さによって南朝鮮への倫理的非難が最も大きくなるからである。
 「日本にも韓国にも拉致被害者がいるので、本来なら彼らを取り戻すためにも手を組むべき」とあるが、いつも言うように南朝鮮は拉致問題は北朝鮮の問題ではなく朝鮮民族の問題と考えている。そのことは将来の統一を視野に入れるなら我々も当然の考え方だと思う。
 しかしそんな相手と組んだところで拉致問題は解決できるわけがない。我が国がいつまでも拉致問題を解決できないのはまさにこの「倉山満」のような発想で対南朝鮮外交をやっているからである。
 「韓国は反日で当たり前だ」とあるが、我々はそう思わない。そう考えるのはいわば村山談話にある「植民地支配と侵略によって」という下りを認めているからではないか。
 我々は日韓併合は「植民地支配と侵略」ではなく単なる日韓併合条約という名の契約であるので南朝鮮の反日は論理的に根拠がないと考えている。
 さてこのような考え方の人物は他にもいる。

 12月11日の産経新聞は,”【新帝国時代 第7部・際限なき挑発(5)下】中韓分断へ「特使外交で局面打開を」 佐藤優氏
 慰安婦問題などで反日政策を続ける韓国。元外務省主任分析官の佐藤優氏は「韓国(の国力)は弱い。その韓国が強い中国とつながるようなシナリオは極力避けるべきだ」と話し、中韓関係の分断を提言する。そこで、「特使外交」による局面打開が必要だという。
 佐藤氏によると、より「深刻」なのは、戦時中の韓国人徴用に対し、韓国で日本企業に賠償支払いを命ずる判決が地裁や高裁で相次いでいる徴用工問題だという。
 本来、昭和40年の日韓請求権協定で解決済みの問題だが、佐藤氏は「人道的に民間の義援金として支払う」ことを提案する。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「韓国が強い中国とつながるようなシナリオは極力避けるべきだ」とあるが、「韓国(の国力)は弱い」なら、「中韓関係の分断」など必要ないだろう。
 「韓国が強い中国とつながる」のはいわば先祖返りであり我が国は当然それを前提として行動すべきである。

 このご両人のような主張は一時代前のおかしなものであり幸いネットの中ではむしろ少数派になりつつある。
 しかし残念ながら世論全体としてはまだ多数派であるので我々はより一層の世論喚起が必要である。
  1. 2013/12/18(水) 20:53:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"中学英語の授業は英語、小学5、6年は教科化 7年後から" 現代日本人の国際発信力の弱さは語るべき物自体を持っていないから!! | ホーム | "【主張】日本とASEAN 「空の自由」で対中結束を" 我が国独自の実力で守る必要があるがその備えは十分か!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1820-5d9c18a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)