金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"「『日本海』が唯一の呼称だ」米国務副報道官、政府方針を強調" 米当局者も相当鬱陶しさが昂じてきているのではないか!!

 1月23日の産経新聞は,”「『日本海』が唯一の呼称だ」米国務副報道官、政府方針を強調
 米国務省のハーフ副報道官は22日の記者会見で、米バージニア州内の公立学校の教科書に、「日本海」に加え「東海」を併記する問題について、「日本海」が唯一の呼称であるとの米政府の方針を強調した。
 ハーフ副報道官はまず、「政府は米国地名委員会が決定した呼称を使用しており、それは『日本海』だ」と指摘した。同委員会は、政府が使用する地名の統一を目的に1947年に設立された。委員会が決めた表記方針は政府機関に対する拘束力があり、その他の国内の機関にも決定方針を採用するよう推奨している。
 さらに、ハーフ副報道官は「韓国が異なる呼称(東海)を使用していることは理解している」としたうえで、「一つの呼称だけを使用するのが政府の方針であり、これは全世界(の地名)に適用している長年の方針だ」と強調した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「米国務省」が珍しく我が国の肩を持つような発言をしているが、なかなか相手も一筋縄ではいかない。

 1月18日の産経新聞は,”「東海」併記法案、米州議会で可決 韓国系団体「カネと票」惜しまず提供
 米バージニア州議会の上院教育厚生委員会で可決された「東海」併記法案は来週、上院本会議で採決される予定だ。
 州議会の「B室」。午前8時過ぎから始まった上院教育厚生委員会の審議で、法案提出者の一人、リチャード・ブラック議員(共和党)は「私は韓国系の人々と強い結びつきがある。法案への強い支持を望む」と、他の12人の委員に呼びかけた。これに対し、法案への異論が唱えられた。
 「連邦政府は、一つの呼称を採用するという方針であり、『日本海』と呼んでいる。従って、法案は政府の方針を覆すものだ」
 これに反論したのが、もう一人の法案提出者であるデイビッド・マースデン議員(民主党)である。
 「併記で、『日本海』の呼称と政府の方針を変えようとするものではない。韓国系市民には、彼らの文化、歴史が教科書に反映されることが重要なのだ」
 そして採決。韓国系団体の面々が、傍聴席で固唾をのんで見守る。
 結果は賛成9、反対4。団体の一行は、マースデン氏らと喜びに沸いていた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「韓国系市民には、彼らの文化、歴史が教科書に反映されることが重要なのだ」とあるのは単なる我が儘に過ぎない。
 「併記で、『日本海』の呼称と政府の方針を変えようとするものではない」とあるが、それなら「併記」する必要もないだろう。
 そんなことを考えていたら当の南朝鮮からおかしな報道も入ってきた。

 1月22日のサーチナは,”「東海」英語表記に「of Korea」加える・・・韓国議員提案
 日本海の表記に韓国が「東海(East Sea)」を併記するよう求めている問題で、韓国与党セヌリ党のイ・サンイル議員は19日、東海の英語表記に「Korea」を加え、「East Sea of Korea」と表記することを提案した。複数の韓国メディアが報じた。
 韓国国会の東北アジア歴史わい曲対策特別委員会に所属するイ議員は、報道資料を通じ、「『East Sea』と表記する場合、世界の人々はなぜそう呼ぶのか、どの国の東海なのかよく分からない可能性が大きい」とし、表現を明確にする必要があると指摘した。
 イ議員は、海域の地名を決定する時は関係国の名前を付けることが多く、国際水路機構(IHO)や国連地名標準化会議(UNCSGN)では2カ国以上の国家が共有する地形物への地名は関係国との合意の上で決定し、合意に至らない場合は併記するように決められていると主張。
 しかし日本と表記をめぐり合意できる状況にないことから、東海を「East Sea of Korea」とした上で日本海(Sea of Japan)と併記する必要があると論じた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「世界の人々はなぜそう呼ぶのか、どの国の東海なのかよく分からない可能性が大きい」とあるのは当然で、「東海」など南朝鮮以外のどこの国でも使っていないからである。
 したがって「東海」など併記する余地がないと考えるのが世界の常識であるが、南朝鮮人には常識は通じない。
 「2カ国以上の国家が共有する地形物への地名は関係国との合意の上で決定し」とあるが、「日本海」は我が国と南朝鮮が「共有」しているわけではないから「併記」の要件には当てはまらない。

 こんなおかしな民族につきまとわれておそらく米当局者も相当鬱陶しさが昂じてきているのではないか。
  1. 2014/01/23(木) 23:02:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週末の活動予定 | ホーム | "円の実効レート、5年ぶり韓国ウォン下回る 日本メーカー、輸出に追い風" まだまだ南朝鮮ウォンは安過ぎ。南朝鮮政府の言うことは信用できない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1861-a9552061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)