金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"韓国大学生らによる「東京遠征隊」 靖国神社から強制退去" 入国拒否は我が国の歴史的建造物が一つ灰にでもならない限り難しいか!!

 2月7日の南朝鮮・聯合ニュースは,”韓国大学生らによる「東京遠征隊」 靖国神社から強制退去
 1919年2月8日に東京で韓国人留学生らが独立を求め採択した「二・八独立宣言」の95周年に合わせ、韓国の大学生らでつくる「二・八東京遠征隊」が7日来日した。遠征隊は東京都千代田区の靖国神社付近の交差点で、同神社への接近を防ごうとする日本の警察に対し、「観光客なら誰でも行ける所に、なぜ行かせてくれないのか」と訴えた。
 遠征隊は軍事関係資料を展示する遊就館で靖国参拝に反対する日本の活動家らと共に日本の妄言と靖国参拝を糾弾するパフォーマンスを行う予定だったが、警察は「神社は参拝する所であるため、パフォーマンスをしてはいけない」として、遠征隊がバスから降りようとするのを防いだ。
 遠征隊は、歴史を学ぶために靖国神社を直接見に来たと主張し、押し問答の末にバスから降りることができた。
 遠征隊が移動して歴史問題に関する文言が書かれた垂れ幕を取り出すと、警察が掲げるのを阻止し、現場は騒然となった。遠征隊は「平和を望みます」と叫んで地面に座り込んだが、警察が手足をつかんで退去させ、垂れ幕を撤去した。
 強制的にバスに乗せられた遠征隊は「日本の再武装に反対する」「アジアの平和を望む」「戦犯のための靖国神社参拝を中断しろ」などの内容が記された垂れ幕やプラカードを掲げた。日章旗を手にした右翼団体関係者らが近づいてきたが、衝突を憂慮した遠征隊がその場を立ち去り、騒ぎは収まった。
 警察は、遠征隊が靖国神社を訪問すれば右翼団体を刺激し、安全を保証できないとして、事前に在日韓国大使館を通じてパフォーマンスを抑止する方針を伝えていた。
 遠征隊は靖国神社を訪問する前に、戦争を美化する靖国神社を参拝する理由などについて、安倍首相の答弁を求める質問書を伝達するために、内閣府を訪問した。しかし、内閣府側は事前の約束がなかったとして質問書の受け取りを拒否し、警備担当者に預けた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 この「警察が手足をつかんで退去させ、垂れ幕を撤去した」がいつ頃発生したかは定かではないが、このような一悶着が生じていたことも当方はよく分からなかった。
 おそらく午後4時半少し前に本隊から相手側が九段下交差点付近に現れたと連絡があった時点頃ではないかと思うが、当方は機動隊に行く手を阻まれてすぐに本殿前へ戻ったので、全く目にする可能性はなかった。
 できれば近くで罵声を浴びせたいところではあったが、まあ結果オーライだろう。

 ところでこういう事態の再発を防ぐためにはやはり最初から入国させないことが肝心である。
 「日本の妄言と靖国参拝を糾弾するパフォーマンス」はもちろん、「安倍首相の答弁を求める質問書を伝達する」も明らかに政治活動なのだから、本来は入国を認める方がおかしいというものである。
 もちろん南朝鮮に対しては、「韓国人に対する短期滞在査証免除措置について」により平成18年「3月1日(水曜日)」以降、ノービザ化が実施されている(リンクはこちら)。
 しかしこの中には「ただし、この措置は、就職又は就業する等の意図をもって入国する韓国人の一般旅券所持者には適用されない。」とある。
 この「就職又は就業する等の意図」には違法行為の一つとして政治活動も当然、含まれよう。

 安倍政権に対していかにしてこのような措置を実施させるか。我が国の歴史的建造物が一つ南朝鮮人の行為によって灰にでもならない限り難しいだろうか。
  1. 2014/02/10(月) 00:23:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"田母神氏「泡沫候補からここまでこれた、満足すべき結果かな」" 田母神候補の敗因は闘う姿勢の不足!! | ホーム | 活動報告 2月8日「維新政党・新風政策研究会」参加>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/1882-ba086c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)