金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"米グレンデール慰安婦像撤去訴訟 原告側提訴を棄却「十分な主張なし」連邦地裁" 日本側の協力団体の姿勢に問題があるのでは?

 8月5日の産経新聞は,”米グレンデール慰安婦像撤去訴訟 原告側提訴を棄却「十分な主張なし」連邦地裁
 米カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦」像をめぐり、在米日本人らが市に撤去を求めた訴訟で、同州の連邦地裁は4日、原告側の訴えを棄却する判断を下した。連邦地裁は「提訴には十分な主張がない」とした。原告側は「さらなる訴訟も含め、今後も像撤去に向けた対応を検討していく」としている。
 原告は在米日本人と「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」の米国団体。原告側は、市は連邦政府が持つ外交権限を越権し、韓国側の主張だけに基づき慰安婦像を設置したとして今年2月、市を相手取り、像の撤去を求めて提訴した。
 連邦地裁はその後、原告、被告の双方から2回ずつ、聞き取りを行い、提訴について吟味した。その結果、「原告が感じているとする痛みと、市が連邦政府の権限を侵していることの関連性が薄い」などとして、提訴棄却を決定した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 残念な結果ではあるが、当然の判決だろう。
 なぜ当然かと言えば、やはり「原告」の主張が弱いからである。
 「原告側は、市は連邦政府が持つ外交権限を越権し、韓国側の主張だけに基づき慰安婦像を設置した」とあるが、「慰安婦像」の設置が「外交」行為とまでは言えないだろう。

 ただ「原告」はもう一歩進めた主張もしている。

 4月12日の産経新聞は,”「表現の自由への挑戦」とグレンデール市 慰安婦像撤去訴訟で書面提出
 米カリフォルニア州グレンデール市に設置された「慰安婦」像の撤去を求め、在米日本人らの団体が同市を提訴した問題で、市側がカリフォルニア州の連邦地裁に「表現の自由への挑戦」とする書面を提出したことが分かった。
 原告側は、市は連邦政府が持つ外交権限を越権して像を設置しており、近くの碑文にある「日本軍が強制連行」「性奴隷にした20万人」などの文言は市議会で承認されてもいないと主張。これに対し、市側は「市民の表現行為」とした。訴訟は、争点整理などの手続きが続いている。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「近くの碑文にある「日本軍が強制連行」「性奴隷にした20万人」などの文言は市議会で承認されてもいない」とあるように内容面にも若干踏み込んでいる。
 しかしこれも弱い。「市議会で承認されてもいない」とあるが、元々「市議会」はそういうことを「承認」する義務はないのだから、それが違法理由になる道理がない。

 そうではなくこれは虚偽であると言わなければならないのである。このことは次の動画の3分10秒から力説したところである。
 「【金子吉晴】④移民をとりあえす?200万人 」http://www.youtube.com/watch?v=BNZlCiFfbvs

 そういう意味では当方の考えでは、この動画の5分35秒から言っているように、日本側の協力団体の姿勢に問題があるのではないかと言わざるを得ない。
  1. 2014/08/05(火) 21:52:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<大阪府松原市のセーフコミュニティ国際認証の取得 | ホーム | 活動報告 8月4日松原市議会議員選挙事前審査終了及び松原市議会議員選挙ホームページ開設>>

コメント

敵性国家韓国

●ニューヨーク市近郊のニュージャージー州ユニオンシティーの広場で4日、旧日本軍従軍慰安婦の記念碑除幕式が行われた。
広場はハドソン川を隔ててマンハッタンを見渡す場所にあり、米同時テロの記念碑も設置されている。
慰安婦の碑・像は5月末のバージニア州フェアファクス郡に続き、全米で7件目。
2014年8月5日 08:36
【ソース】時事通信

ダメリカ人は他国の真実は関係無く金欲欲ボケ馬鹿雑種の国。
嘘も百回言えば真実になります。国連で慰安婦(売春婦)を性奴隷と。

足を引っ張る売国奴舛添要一、野田聖子、河本健夫。
朝日の責任は重い。
敵性国家韓国!

日韓国交断絶!

頑張れ維新政党新風!


  1. 2014/08/06(水) 04:06:55 |
  2. URL |
  3. 尊皇隊 #-
  4. [ 編集]

ヘタレ在韓国日本大使館の佐々山拓也公使
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140805/frn1408051850011-n1.htm
朝日の責任は重い。
朝日の責任は重い。
頑張れ維新政党新風!
  1. 2014/08/06(水) 04:20:37 |
  2. URL |
  3. 尊皇隊 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2092-c9bb2861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)