金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"中国独禁法に見る「法治国家」の仮面" 産業スパイ、人民元の為替操作、その上にこれ。一体こんな国と貿易をすることに何のメリット?

 8月28日の産経新聞は,”【堀内恭彦の一筆両断】中国独禁法に見る「法治国家」の仮面
 先日、中国当局が日本の自動車部品メーカー12社に対して「独占禁止法」(独禁法)違反を認定し、うち10社に対し約205億円もの罰金を科しました。日本企業が長年にわたって価格カルテルを結んで自動車の価格をつり上げて中国の消費者の利益を損なった、というのです。中国で独禁法が施行されたのは2008年であり、まだ6年しか経っていませんが、制裁規模としては過去最大です。
 また、中国の独禁法は規定が極めて曖昧で、当局による恣意的な運用の危険性があると指摘されています。しかも、日本に比べて罰則が厳しく、罰金も巨額です。何よりも施行後わずか6年であり、関係法令や細則(ガイドライン)も十分に整備されていません。
 ですから、具体的にどういう行為が独禁法違反になるのか、違反したらどの程度の制裁があるのか、という予測をすることが困難であり、自由な経済活動に不可欠な「予測可能性」がないのです。中国当局の「胸先三寸」で決まってしまいます。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「また、中国の独禁法は規定が極めて曖昧で、当局による恣意的な運用の危険性があると指摘されています。」とあるように全くの不正・インチキ・ゴマカシ行政である。
 産業スパイはする、人民元の為替操作はする、その上にこれである。一体こんな国と貿易をすることに何のメリットがあるだろうか。その結果が次の報道である。

 8月19日の産経新聞は,”上半期の日中貿易は過去最大の貿易赤字に 123億ドル
 日本貿易振興機構(ジェトロ)が19日発表した今年上半期(1~6月)の日中貿易の総額は、前年同期比4.4%増の1683億59万ドルと、2年ぶりに前年を上回った。しかし日本から見た貿易収支は赤字額が37.0%増の123億1024万ドルと過去最大になった。
 中国経済の安定成長を背景に、輸出は自動車や通信設備機器などを中心に2.5%増の約780億ドルと3年ぶりに増加した。輸入はスマートフォンが単価下落により減少したが、ノートパソコンやタブレット端末が急増。鉄鋼や自動車部品も増えて、総額で6.1%増の約904億ドルと2年ぶりに増えた。輸出と輸入の合計額は回復したが、2012年9月の反日デモ前の水準には届いていない。
”と報道した(リンクはこちら)。

 産業構造の似た不正・インチキ・ゴマカシ国家と貿易をしていれば、「しかし日本から見た貿易収支は赤字額が37.0%増の123億1024万ドルと過去最大になった。」ということにもなるだろう。
 いつも言うように、日中・日韓断交こそ我が国にとっての唯一の景気対策である。
 しかし現実に日本政府のやっていることは次のとおりである。

 9月1日の産経新聞は,”日中韓FTA交渉 北京で第5回会合スタート
 日本と中国、韓国は1日、自由貿易協定(FTA)交渉の第5回会合を北京で始めた。5日までの日程で、関税撤廃に向けた交渉の枠組みや、協定に盛り込む主要な議題を確定するための議論をする。
 日中韓は2012年11月に交渉開始を宣言した。中国と韓国は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉に参加していないため、日中韓FTA交渉を積極的に進める姿勢だ。日本も東アジアの経済連携を実現する上での重要な交渉と位置付けている。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「日本も東アジアの経済連携を実現する上での重要な交渉と位置付けている。」とあるが、普通に我が国の国益を考えるなら、こんな愚かなことは誰もしないだろう。
 しかし次の報道には他人事ながら同情する。

 7月3日の産経新聞は,”中国主席、韓国3紙に寄稿 「米韓と日韓の合計より大きい中韓の貿易額」
 韓国の保守系大手3紙は3日、韓国を同日訪問する中国の習近平国家主席の寄稿文を掲載した。
 習氏は、中韓の貿易額が、米韓と日韓の貿易額の合計より大きいと指摘。中韓の自由貿易協定(FTA)交渉を加速し「利益のパイをさらに大きくする」と呼び掛けた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 まあどちらも不正・インチキ・ゴマカシ国家同士だからどちらも不利益にはならないか。
  1. 2014/09/02(火) 22:58:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"安倍首相の「安保ダイヤモンド構想」、対中抑止へ完成間近" 安倍政権には経済的対中包囲網という発想は全くなく真剣に尖閣諸島の防衛を考えているのか極めて疑わしい!! | ホーム | "米メディア、韓国当局を批判 産経ソウル支局長聴取で" 南朝鮮ならこれ位のことはあり得ると覚悟して朝鮮日報の引用一辺倒で頑張るしかない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2123-a76e5164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)