金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"「僕はやっていない」 窃盗で略式起訴の冨田尚弥、11月6日に無罪主張の会見予定" 慰安婦問題を巡る海外の見方もこんな感じだろう!!

 10月30日の産経新聞は,”【競泳】「僕はやっていない」 窃盗で略式起訴の冨田尚弥、11月6日に無罪主張の会見予定
 仁川アジア大会でカメラを盗んだとして略式起訴され、日本選手団から追放された競泳男子平泳ぎの冨田尚弥(25)が「自分は盗み行為はやってはいない」として、弁明のための記者会見を11月6日に名古屋市内で開くことが29日、関係者への取材で分かった。
 起訴内容によると、冨田は9月25日に応援で訪れた競泳会場の記者席で韓国通信社のカメラを盗んだ。警察の事情聴取に容疑を認め、被害者と示談が成立している。大会を終えて帰国する前、ソウルの金浦空港で報道陣に謝罪する一方「僕やってないです」と発言。関係者によると、冨田は「(別の人物からカメラを)バッグに入れられた」と主張していた。
 日本水連は30日の臨時理事会で処分を正式決定の予定。所属先のデサントは契約社員だった同選手を解雇した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 最後の「日本水連は30日の臨時理事会で処分を正式決定の予定。」については別途次のような報道がある。

 10月30日のスポニチは,”日本水連 冨田の選手登録停止処分を正式決定、弁明会見には困惑
 日本水連の臨時理事会が30日、都内で行われ、仁川アジア大会でカメラを盗んだとして略式起訴された競泳男子平泳ぎの冨田尚弥(25)に対し、16年3月31日までの選手登録停止処分が正式に決定した。日本水連は現地警察での捜査に従って7日に倫理委員会、競技者資格審査委員会で処分を検討し、常務理事会で処分案をまとめていた。
 停止期間は大会に出場することはできないが、処分規定により、処分期間の3分の2が過ぎた時点で停止解除を申請することができるという。よって、解除を申請し、16年4月(5月)に行われる予定のリオデジャネイロ五輪選考会出場の参加標準記録を突破すれば、同選考会には出場できることになる。
”と報道した(リンクはこちら)。

 日頃、南朝鮮を批判している当方としては、「この事件は南朝鮮の陰謀」と言いたいところであるが、残念ながら実際に「冨田尚弥」選手は犯罪を冒したのだと思う。
 その理由はやはり「冨田尚弥」選手がすぐに自らの身の潔白を主張しなかったからである。

 「弁明のための記者会見を11月6日に名古屋市内で開く」とあるが、なぜ今直ちにではないのか。
 「警察の事情聴取に容疑を認め」たのは気が動転していてしょうがなかったとしても、釈放されてから、百歩譲っても帰国してからはすぐに事の詳細を語るべきであった。

 おそらく「冨田尚弥」選手としては事態がこれほど大きくなるとは夢にも思っていなかったのではないか。
 それが「所属先のデサント」から「解雇」され、「日本水連」から「選手登録停止処分」を受けるに及んで現実の過酷さを認識するに至り、必死に事態の打開を図っているのだろう。

 そういう意味ではこれまでスポーツだけに打ち込んできて社会勉強が不足しており、まだ半人前であったということである。少し回り道することになるが、社会人として成長の糧にしてもらいたい。

 そして当方が最も指摘しておきたいことは慰安婦問題を巡る海外の見方もこんな感じだろうということである。つまり第三者の国の国民が南朝鮮の主張に軍配を上げるのは日本が「すぐに自らの身の潔白を主張しなかったから」である。
 河野談話の白紙撤回が一日延びればその分だけ第三者の国の国民を納得させるのは難しくなるのである。
  1. 2014/10/30(木) 23:42:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【拉致再調査】「『帰せ!』としっかり伝えないと」被害者家族、政府訪朝結果に不安の声" 当事者である家族会(救う会)がこんな状態では事なかれ主義の日本政府が何かをするはずがないではないか!! | ホーム | "中国人被害者ら敗訴確定=旧日本軍毒ガス事故-最高裁" 人民解放軍が埋めたのになぜ我が国が責任を負わなければならないのか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2186-d4e4d017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)