金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【主張】日銀の追加緩和 今度こそ脱デフレ確かに" 中長期的には静かにスタグフレーションの深化に向かっている!!

 11月1日の産経新聞は,”【主張】日銀の追加緩和 今度こそ脱デフレ確かに
 日本銀行が長期国債の買い入れ額を30兆円増やすなど追加の金融緩和を決めた。4月の消費税増税による景気の落ち込みを乗り切れるとみていた政府・日銀の狙いが想定通りに進まず、回復がもたついているためだ。
 日銀の黒田東彦総裁は「デフレ脱却に向けた日銀の揺るぎない決意」だと説明した。その言葉通り、今度こそ脱デフレを確かなものとしなければならない。
 かねて黒田総裁は、必要なら躊躇なく追加緩和を行う考えを示してきた。日銀は今回、増税による実質所得の減少で消費の回復が遅れていることや、原油価格の下落などが物価を下押しし、デフレ脱却が遅れる恐れがあると判断したという。
 日銀の量的・質的金融緩和は安定的に2%の物価上昇率が実現するという期待に働きかけ、日本経済に蔓延したデフレ心理を払拭することが狙いだ。その流れを確実にすべきなのは当然である。
 日銀の決定を受けて、東京株式市場は7年ぶりの高値で取引を終え、外国為替市場でも円安が進んだ。問題は、これで実体経済がどこまで上向くかである。
 量的緩和の拡大で市場に出回る資金量は増える。日銀がこの時期に追加緩和を決めたのは、企業が来年度の事業計画を策定し始めるタイミングも見据えたとしているが、大切なのは、追加緩和を企業の設備投資や賃上げ、雇用拡大に確実につなげることである。
 そのためにも政府が成長戦略の具体化を急ぎ、規制緩和や税制改正などを通じて企業活動をさらに活性化することが重要だ。経済再生は金融政策だけで果たせないのである。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「黒田東彦総裁」の主張もこの論説の主張も理解不能なことだらけである。

・「デフレ脱却に向けた日銀の揺るぎない決意」とあるが、なぜ「物価」を「上昇」させれば「デフレ脱却」になると考えられるのか。
 「物価」の「上昇」がそんなにいい政策なら「消費税増税」は最適な政策ではないか。

・「日本経済に蔓延したデフレ心理」とあるが、一体これはどういう意味か。
 この点は「黒田東彦総裁」は次のように説明している。

 10月31日の産経新聞は,”「デフレ脱却に向けた決意表明だ」と黒田日銀総裁が言明 反対の委員を5人対4人で振り切る
 日銀の黒田東彦総裁は31日午後の金融政策決定会合後の記者会見で、「今回の措置は、デフレ脱却に向けた日銀の揺るぎない決意をあらためて表明するもの」と市場にサプライズを巻き起こした追加緩和に踏み込む理由を説明した。
 黒田総裁は「デフレ下ではリスクを取った行動や、イノベーションが起こらない。家計も企業も、日本に染みついたデフレマインドを払拭しなければならない」とデフレへの戦いを続行する決意を宣言した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「家計も企業も、日本に染みついたデフレマインドを払拭しなければならない」とあるが、後にも書くように「企業」の方は「家計」の従属変数だろう。
 問題は「家計」の方であるが、いつも言うように、我が国の平均消費性向は平成不況の当初から上がりっぱなしである。
 不況突入のごく初期ならいざ知らず、今時そんなものがあると思えない。

・最初の記事に戻って「大切なのは、追加緩和を企業の設備投資や賃上げ、雇用拡大に確実につなげること」とあるが、需要が増えないのに「企業の設備投資」が増えることがあるだろうか。
 需要の項目は限られている。「投資」を除けば「消費」と「輸出」である。「追加の金融緩和」によって一体このどちらが増えると期待しているのか。
 昨日から、「東京株式市場は7年ぶりの高値で取引を終え、外国為替市場でも円安が進んだ」ことが報道されているが、これは一時的な投機現象にしか過ぎないだろう。

 いずせにせよ当面は良くも悪くもならないが、中長期的には静かにスタグフレーションの深化に向かっていると言えるだろう。
  1. 2014/11/01(土) 08:48:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明日2日の活動予定 | ホーム | "【拉致再調査】「『帰せ!』としっかり伝えないと」被害者家族、政府訪朝結果に不安の声" 当事者である家族会(救う会)がこんな状態では事なかれ主義の日本政府が何かをするはずがないではないか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2188-fc7720fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)