金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【沖縄県知事選】翁長氏初当選 普天間飛行場移設に影響" 長年の自民党政治の失敗がもたらしたやむを得ない結果!!

 11月16日の産経新聞は,”【沖縄県知事選】翁長氏初当選 普天間飛行場移設に影響
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が争点となった沖縄県知事選は16日、投開票が行われ、無所属新人で前那覇市長の翁長雄志(おなが・たけし)氏(64)が3選を目指した現職の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)氏(75)=自民、次世代推薦=らを破り、初当選した。
 翁長氏は辺野古移設に反対し、辺野古の代替施設を「造らせない」と主張。政府は移設作業を推進するが、工期の遅れや反対運動の激化が懸念される。
”と報道した(リンクはこちら)。

 当方はこれは長年の自民党政治の失敗がもたらしたやむを得ない結果であると考えている。
 その失敗の意味するところはやはり沖縄県への米軍基地集中は過剰だと考えるからである。
 沖縄県における米軍基地の集中ぶりについては、「沖縄の米軍及び自衛隊基地(統計資料集)平成26年3月」に次のとおりある(リンクはこちらの2頁)。

(オ) 米軍施設・区域の全国比
全国の米軍施設・区域 : 132施設 1,027,153千㎡
本土の米軍施設・区域 :  99施設  795,393千㎡
沖縄の米軍施設・区域 :  33施設  231,761千㎡
全国に占める本県の比率:  25.0%    22.6%


 当方は維新政党・新風の一員だから当然、将来的には自主防衛を主張しているが、そのことは一朝一夕には実現できないから当面は現在程度の米軍基地の規模は必要だと考えている。
 ただその場合でも、米軍基地の配置はあくまで我が国の防衛に最適な内容であるべきである。
 そういう点から言えば米軍基地は我が国の国土に平均的に配置されるべきであり、沖縄県への米軍基地集中は明らかに過剰である。

 もちろんその発端は当然、沖縄が米軍に占領されたという歴史的経緯にあるのであるが、沖縄返還以後もそういう状態を継続させた最大の要因は何か。
 それは6月20日のエントリーで「それは我が国の防衛というより台湾の防衛という意味合いが大きいものであり、それなら一部は台湾へ移転すべきである。また我が国の防衛を目的としているとしても、支那からの攻撃が江蘇省辺りからあるとすれば、最短距離にあるのは五島列島だし、同じく山東省辺りからあるとすれば、最短距離にあるのは対馬である。」と書いたとおりである(リンクはこちら)。
 
 当方にすればいくら台湾が親日だと言っても現状ではすでに支那の一部であるとしか思わないが、戦後保守勢力の中には異常に親台意識の強い人達がいる。彼らは我が国が台湾防衛の負担を背負うことを当然と考え、沖縄県に米軍基地が集中することに何も矛盾を感じないようである。
 したがって今回のような結果をもたらしたことについてはそういう人達の責任も大きいものであると当方は思う。
  1. 2014/11/17(月) 00:28:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<"7~9月期GDPは実質年1・6%減 2四半期連続でマイナス" それほど消費増税の悪影響が出ているとは思えない!! | ホーム | "【衆院選】田母神、西村両氏 次世代の党から出馬か" 残念ながら今回は傍観を決め込むしかなさそうである!!>>

コメント

いつもながら、正道な御意見、勉強になります。戦後レジーム、戦後体制からの脱却、河野談話を撤回、破棄しない自民党にはもう期待出来ません。維新政党新風こそがこの国に必要な政党です!頑張って下さい維新政党新風!
  1. 2014/11/17(月) 21:55:31 |
  2. URL |
  3. 尊皇隊 #-
  4. [ 編集]

尊皇隊 様

 いつもありがとうございます。
 尖閣問題では米軍は何もしないし、できないでしょう。
 また北京から遠い沖縄に米軍基地を集中させる意味が分かりません。
  1. 2014/11/17(月) 22:30:51 |
  2. URL |
  3. 金子吉晴 #0cYVgJ1c
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2205-2dad9ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)