金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"7~9月期GDPは実質年1・6%減 2四半期連続でマイナス" それほど消費増税の悪影響が出ているとは思えない!!

 11月17日の産経新聞は,”7~9月期GDPは実質年1・6%減 2四半期連続でマイナス
 内閣府が17日発表した今年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・4%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で1・6%減となった。マイナス成長は2四半期連続で、民間予測平均の年率2%前後の増加を大きく下回った。
 4月の消費税率引き上げに伴って、景気が大きく落ち込んだ4~6月期の年率7・3%減からの回復が遅れていることが鮮明になった。7月~8月の天候不順が消費を押し下げたことや設備投資の回復の遅れも影響した。
 消費税再増税の実施先送りを検討している安倍晋三首相にとって、大きな判断材料となる。
 7-9月期の実質GDPの各項目をみると、個人消費は前期比で0・4%増にとどまり、住宅が4-6月期の10%減に続いて6・7%減と大きく減少した。設備投資は0・2%減、公共投資は2・2%増、輸出は1・3%増だった。
 一方、名目GDPは前期比0・8%減、年率換算で3・0%減となった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「4月の消費税率引き上げに伴って、景気が大きく落ち込んだ4~6月期の年率7・3%減からの回復が遅れていることが鮮明になった。」とあるが、当方は「実質」の「成長率」で見ていては、どうも実態がよくつかめない。
 いつも指摘しているように、やはりこれは「名目」の「実額」で見るべきものだと思う。

 近年の四半期毎の名目GDPの実額を比較すると次表のとおりになる(リンクはこちら)。
 なお今年の第4四半期については消費増税の影響がなかった2012年の数字に3%割り増ししたものを入れて試算した。
                                               (単位:10億円)
年・四半期1- 3.4-6.7-9.小計10-12.
2010118,011.80119,394.30119,179.50356,585.60125,798.80482,384.40
2011115,859.90115,168.50116,321.90347,350.30123,960.50471,310.80
2012118,231.00117,591.00115,217.80351,039.80122,744.50473,784.30
2013117,084.00118,355.10117,386.20352,825.30125,251.00478,076.30
2014120,448.00120,550.90118,311.80359,310.70126,426.84485,737.54

 もちろん「名目」で見るときには、今年の第2、3四半期分については3%の消費増税分を割り引く必要がある。したがって2014年分の小計については実質的には、
 120,448.00+(120,550.90+118,311.80)÷1.03=352,353.53
と理解する必要がある。

 これは2013年に比べると5000億円ほど減少しているが、「景気が大きく落ち込んだ」というレベルではない。
 むしろ昨年分の駆け込み需要の反動を考えれば、むしろもう少し減少しても不思議ではない。
 これを見るとどうも当方にはそれほど消費増税の悪影響が出ているとは思えない。

 当方はいつも言うように消費増税には賛成でも反対でもないが、言いたいことは12日のエントリーでも書いたとおり、「昨年10月1日の消費税3%引き上げ発表で意気消沈していた安倍信者的言論人がまたぞろ息を吹き返して来る」ことが気掛かりである。
  1. 2014/11/17(月) 23:10:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サンゴ密漁問題に関する動画 | ホーム | "【沖縄県知事選】翁長氏初当選 普天間飛行場移設に影響" 長年の自民党政治の失敗がもたらしたやむを得ない結果!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2206-c5337cc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)