金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"日本大使館が韓国紙に反論掲載 安倍政権の歴史認識批判で" 全く反論になっていない。日本は非人道的な行為などしていないと言わなければならない!!

 1月14日の産経新聞は,”日本大使館が韓国紙に反論掲載 安倍政権の歴史認識批判で
 韓国紙、中央日報が今月6日、安倍晋三政権の歴史認識を批判する論説室長名のコラムを掲載し、これに在韓国日本大使館が反論の掲載を要請、同紙は14日付で反論の要約を掲載した。
 コラムは「誤った道を行く安倍の日本」と題し、日本では「嫌韓と反米」の雰囲気が高まっており、これらは日本の正統保守とは違う、安倍首相に代表される「改憲保守」の流れをくんでいると指摘。安倍首相が暴走すれば、日本は孤立を深めると主張した。
 これに対し日本側は、大使館の佐藤勝公報文化院長による反論を投稿。安倍首相が5日の記者会見で、過去の植民地支配と侵略を認めた平成7年の村山富市首相談話を含む「歴代内閣の立場を全体として引き継いでいく」と表明したことを挙げ、「日本は今後も平和国家の道を歩む」と主張する10行の要約版が掲載された。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「反論」とあるが、「過去の植民地支配と侵略を認めた平成7年の村山富市首相談話を含む「歴代内閣の立場を全体として引き継いでいく」と表明したことを挙げ」では全く「反論」になっていない。
 外務省がやれないなら別のルートも検討すべきである。

 1月14日の産経新聞は,”新型「国際放送」で正しく日本の立場発信 慰安婦など歴史問題…「攻めの情報発信」 NHKと別、自民が創設検討へ
 自民党は14日、国際情報検討委員会(原田義昭委員長)などの合同会議を党本部で開き、慰安婦問題や南京事件などで史実と異なる情報が海外で広まっている現状を踏まえ、日本の立場を正確に発信する新型「国際放送」の創設を検討する方針を確認した。
 会議で原田氏は「どういう形で相手国に情報が伝わるかにも目配りしながら、正しいことをきちんと発信していくことが大事だ」と述べ、「攻めの情報発信」の意義を訴えた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 反日「NHK」に頼っていてもしょうがないので、これは必要なことである。
 ただ問題は何が「正しいこと」かである。
 相手の主張はどうか。

 1月13日の産経新聞は,”安倍首相の対応に否定的 慰安婦問題で韓国国会議長「日本は非人道的行為に謝罪すべき」
 韓国国会の鄭義和議長は13日、旧日本軍の慰安婦だった女性らを国会に招き、昨年10月の訪日時に会談した安倍晋三首相の慰安婦問題をめぐる回答が「通常の水準を超えなかった」と否定的に紹介した。「日本は非人道的な行為に心から謝罪するべきだ」とも述べた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 相手が「日本は非人道的な行為に心から謝罪するべきだ」と言うなら、「反論」としては「日本は非人道的な行為などしていない。嘘をつくな。」と言わなければならない。
 それを言うために最初にやるべきことはやはり「河野談話」の白紙撤回である。結局話はそこに戻ってくる。
  1. 2015/01/14(水) 23:26:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"紫綬褒章の扱いで謝罪 ライブで「配慮足りず」サザン桑田さんと事務所" 我々の同志である渡邊君や有門君の抗議の賜物!! | ホーム | "韓国はえ縄船、2割削減へ 日本の経済水域漁業で合意" こんな愚かな外交を止めさせるにはやはりひと思いに日韓断交を実現するほかない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2265-988e0663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)