金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"紫綬褒章の扱いで謝罪 ライブで「配慮足りず」サザン桑田さんと事務所" 我々の同志である渡邊君や有門君の抗議の賜物!!

 1月15日の産経新聞は,”紫綬褒章の扱いで謝罪 ライブで「配慮足りず」サザン桑田さんと事務所
 人気バンド「サザンオールスターズ」の桑田佳祐さんと所属事務所のアミューズは15日、昨年12月に横浜市で開いた年越しライブで桑田さんが十分な配慮をせずに紫綬褒章を取り扱ったなどとして「深く反省するとともに、謹んでおわび申し上げます」と謝罪するコメントを連名で発表した。
 事務所によると、桑田さんは昨年秋に受章した紫綬褒章をポケットから取り出し、観客に対してオークションに掛けるようなパフォーマンスをしたという。
 コメントは「感謝の表現方法に十分な配慮が足りず、ジョークを織り込み、紫綬褒章の取り扱いにも不備があったため、不快な思いをされた方もいらっしゃいました」としている。
”と報道した(リンクはこちら)。

 この記事には何も触れていないが、これは当然、我々の同志である渡邊君や有門君の抗議の賜物である。
 鉄は熱いうちに打てと言うが、問題が表面化してから間髪入れずに抗議に結び付けた行動力は見事である。
 抗議活動の告知は次のとおりである(リンクはこちら)。

サザンオールスターズに反省を促す抗議活動

【日  時】平成27年1月11日(日)午後1時
【場  所】㈱アミューズ前 東京都渋谷区桜丘町20番1号
【行動予定】現場諸注意~抗議活動~公開質問状の発表~公開質問状の採択~公開質問状の受け渡し~解散
【主  催】牢人新聞社 主幹 渡邊昇 
      NPO法人外国人犯罪追放運動 理事長 有門大輔
【1月9日時点でのアミューズの対応について】公開質問状の受け渡しについては拒否されたとのこと。


 この告知は一体いつ掲載されたのだろうか。告知の中に9日のことが記載されているから、9日夜以降だろう。
 当方は9日夜から10日夜まで出先にいたので、バソコンが使えなかった。
 当方も同時間帯には東京都内にいたから告知を知っていれば参加したのだが、もったいないことをしたものである。

 さてこの抗議が行われてから、ネットの中では在日からと思われるこの活動を揶揄するコメントで溢れている。
 この謝罪が行われたから多少は口をつぐむだろうが、それでも今後も火消し的コメントは蔓延するだろう。
 そしてもちろんこれで「桑田佳祐」や「アミューズ」が反日行動を止めることもないだろう。

 しかしそれはそれでいいのである。なぜなら我々の活動は反日行為の主体側には向けているが、本当の目的はそうではないからである。
 我々の行動の目的はそのような抗議をするありさまを一般国民に示し、そのことによって愛国心に覚醒する一般国民を一人でも増やすためだからである。

 我々、維新政党・新風としてもこのような国民の関心事に目ざとく反応して行動に移す感度を日頃から鍛えておく必要がある。
  1. 2015/01/15(木) 23:28:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"中国離れくっきり 日米欧やASEANの対中投資が軒並み減少、韓国は微増" 朗報であるが我が国にとって問題なのは物の往来よりも人の往来!! | ホーム | "日本大使館が韓国紙に反論掲載 安倍政権の歴史認識批判で" 全く反論になっていない。日本は非人道的な行為などしていないと言わなければならない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2266-eeb32c2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)