金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"中国と韓国の「日本製品ボイコット」が絶対に成功しない理由―中国メディア" 日本の部品を組み合わせることで成り立つというメカニズム自体が経済的に見ておかしい!!

 1月13日のレコードチャイナは,”中国と韓国の「日本製品ボイコット」が絶対に成功しない理由―中国メディア
 2015年1月5日、中国メディア・九個頭條は、中国と韓国の製造業は日本から離れることができないと伝えている。
 昨年、韓国でも日本製品ボイコット運動が行われた。始めは勢いがあったものの、最後には対象がビールなどの小さいものになり、結局、数日で消滅した。日本製品ボイコットはなぜ成功しないのか。
 韓国人は日本製品を買わないとよく言われるが、実は非常に多くの日本製品を購入している。2013年の韓国の対日輸入額は600億ドルに上り、そのうちの多くがスマートフォンや自動車の製造に欠かせない金属や機械設備である。つまり、韓国の製造業は日本に依存しているのだ。
 韓国の対日輸出も苦境に立たされている。韓国が生産するハイグレードな製品は日本市場における製品イメージ、品質、ブランド効果などで日本製品と競争することができない。一方、安価な製品は中国や東南アジアとの価格競争に勝てない。韓国が日本へ輸出できる製品の範囲は、非常に限られているのが現状だ。
 これは構造的な問題だ。韓国の輸出が増えるにつれて、日本製の部品と機械設備のシェアも増加する。韓国が現在、輸出しているのはすべて中級以上の工業製品ばかりだが、採用している日本の材料や設備は非常に値の張る高級品だ。一方で韓国の対日輸出が増加する見込みはない。こうして、韓国の対日貿易赤字は膨らみ続けるのである。
 近年、中韓貿易が盛んになったことで、いつか中韓貿易が日中貿易や日韓貿易に取って代わる日が来るという論調があるが、まったくのでたらめである。これは数字上の問題ではなく、内容の問題なのだ。中国は韓国から一般的な材料や部品しか輸入することはできない。韓国にはハイグレードな材料や最先端の部品を生産する能力はなく、それらは主に日本からの輸入に頼っている。中韓貿易は日本との貿易の代わりにならないばかりか、日韓貿易と日中貿易こそが中韓貿易の基礎となっているのだ。中国と韓国の製造業の基本モデルは、日本の生産設備と日本のハイグレードな材料を加工し、日本の部品を組み合わせることで成り立っている。日本から離れれば、立ち行かなくなるのである。
”と報道した(リンクはこちら)。

 この記事の内容自体には異論はないが、問題はこのことが正しいかどうかである。

 「中国と韓国の製造業の基本モデルは、日本の生産設備と日本のハイグレードな材料を加工し、日本の部品を組み合わせることで成り立っている。」とあるが、そのメカニズム自体が経済的に見ておかしいだろう。
 なぜなら「日本の生産設備と日本のハイグレードな材料」を使用するなら、日本企業の方が価格的に見ても「中国と韓国の製造業」よりも安くできなければおかしいからである。
 
 それにもかかわらずなぜ「中国と韓国」の「輸出」が増加するのか。
 答は簡単である。背景には人民元やウォンの為替操作があるからである。それがなければ支那製や南朝鮮製は日本製に対して価格競争力を持ち得ないものである。
 人民元やウォンはどの程度割安なのか。例えば次のような報道がある。

 平成26年7月31日のウォール・ストリート・ジャーナル日本版は,”人民元、ビッグマック指数では大幅割安だが―割高との見方も
 通貨の「適正価格」を見つけ出すのは、難しいことで有名だ。
 米財務省やエコノミストの大半は、中国通貨人民元は過小評価されていると考えている。しかし、元は何年にもわたって徐々に切り上げられてきたことから、均衡点に近いか、さらにはそれを上回っているかもしれないと主張する専門家が、少数派ながら増えている。
 世界中のマクドナルドでビッグマックの価格を比較して、適正為替レートを試算している英経済誌エコノミストの最新号に掲載されたビッグマック指数は、中国5都市でのビッグマックの平均価格は2.73ドルと米国の4.80ドルを大きく下回っていることを明らかにした。つまり、元は実に43%も過小評価されているというのだ。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「つまり、元は実に43%も過小評価されているというのだ。」とあるのは、「中国5都市でのビッグマックの平均価格は2.73ドルと米国の4.80ドルを大きく下回っている」とあるので、
 (2.73-4.80)÷4.80×100=-43.125
ということである。

 したがって「適正為替レート」は現在のレートが1ドル6.2元程度だから、
 6.2×2.73÷4.80=3.5
ということになる。

 「ビッグマック」の原材料の多くを輸入に頼る我が国はもちろん支那や南朝鮮にとっては、「ビッグマック指数」は必ずしも「適正為替レート」の合理的な算定方法とは言えないが、考え方の参考にはなる。
  1. 2015/02/05(木) 23:31:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"日中衝突の場合も「中立維持」7割、経済関係で中国重視 豪世論調査" 日豪安保条約がないうちは完全に日本側の捕らぬ狸の皮算用!! | ホーム | "訃報:パク・ウィナムさん93歳=元慰安婦 ファン・ソンスンさんの死から5日、生存者は53人に" 2つの記事とも南朝鮮の言う慰安婦の強制連行というものがいかに荒唐無稽かよく物語るもの!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2287-2f9328d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)