金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【本紙前ソウル支局長公判】自民・二階氏「産経も努力を」 慰安婦問題で新聞批判も 訪中には3千人同行予定" 産経新聞の追及により国会からの退場に追い込んでもらいたい!!

 2月20日の産経新聞は,”【本紙前ソウル支局長公判】自民・二階氏「産経も努力を」 慰安婦問題で新聞批判も 訪中には3千人同行予定
 自民党の二階俊博総務会長は20日の記者会見で、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の出国禁止状態が続いている問題について「産経側も努力していただかなきゃならないが、自民党としても今後引き続きしっかりやっていきたい」と述べた。二階氏は今月訪問した韓国で朴槿恵大統領らと会談した際、「日本国民は皆心配している」などとこの問題を提起していた。
 また、両国間の関係悪化の要因の慰安婦問題に関し「気に入らない新聞がいらんことを書いているが、おかしい。物事の経緯、道理をちゃんとわきまえなければ」と指摘。さらに「われわれは一生懸命解決の糸口をつかもうと努力している。日本のマスコミならマスコミらしく、協力をある程度してもらわなければならない」と主張した。
 また、5月半ばに予定している自身の訪中の同行者数について「ほぼ3千人ぐらいを考えている」と明かした。二階氏は韓国には観光業界関係者ら約1400人を引き連れて訪問した。
”と報道した(リンクはこちら)。

・「産経側も努力していただかなきゃならないが、自民党としても今後引き続きしっかりやっていきたい」とあるが、この「産経側も努力していただかなきゃならない」こととは何だろうか。
 また「自民党」が「しっかりやって」きたこととは何だろうか。

・「気に入らない新聞がいらんことを書いている」とあるが、この「気に入らない新聞」とはどこだろうか。
 考えられるのは逆の意味で産経新聞と朝日新聞であるが、産経新聞なら産経新聞と言うだろうからやはりここは朝日新聞だろうか。
 しかしむしろ朝日新聞の主張は「二階俊博総務会長」のスタンスに近いのではないか。

・「われわれは一生懸命解決の糸口をつかもうと努力している」とあるが、この「解決」とは何だろうか。
 
 そんなこんなで何とかこの「記者会見」の全文か録画を見たいのであるが、グーグル検索をしても出てこない。
 自民党のHPを見ると、「谷垣禎一幹事長記者会見」や「稲田朋美政調会長記者会見」はあるが、「二階俊博総務会長」の「記者会見」はない(リンクはこちら)。

 できれば産経新聞からこの発言の趣旨を追及してもらって、この売国奴を国会からの退場に追い込んでもらいたいものである。
  1. 2015/02/20(金) 23:52:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<田代さんによるインタビュー動画のご紹介 その2 | ホーム | 田代さんによるインタビュー動画のご紹介 その1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2302-ef94bdfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)