金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【川崎中1殺害】殺人容疑で知人少年3人の逮捕状請求 神奈川県警" 学校の対応はさもありなんだが、なぜ親まで?

 2月27日の産経新聞は,”【川崎中1殺害】殺人容疑で知人少年3人の逮捕状請求 神奈川県警
 川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村(うえむら)遼太さん(13)が遺体で見つかった殺人、死体遺棄事件で、神奈川県警川崎署捜査本部は27日、事件に関わった疑いが強まったとして、上村さんの知り合いの少年3人の事情聴取を始め、殺人容疑で逮捕状を請求した。捜査本部は、上村さんが集団暴行の末に殺害されたとみて、当時の詳しい状況について調べを進める。
 友人らによると、上村さんは昨年11月ごろから、少年3人が含まれるとみられる年上のグループと関わるようになったが、その後、「やめると言ったら暴力も激しくなった」「殺されるかもしれない」などと友人に漏らしていた。
 今年1月以降に不登校となってからも、「(グループから)行くなと脅されている。学校に行きたい」などと漏らし、目の周りが変色するほど殴られたこともあった。暴力は、万引を強要されて断ったのがきっかけだったという。
 市教委によると、上村さんは今月16日、女性の担任教諭がかけた携帯電話に出て「そろそろ(学校に)行こうかな」と応答していた。再登校しようとした上村さんとグループの間で、何らかのトラブルがあった可能性もあり、捜査本部は裏付け捜査を進めている。
 上村さんは19日夜に自宅で母親と食事をした後、普段着で外出。「食べる?」と母親にパンを差し出したのが最後の会話だった。捜査本部では、事件に関わった人物に呼び出された可能性があるとみて、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の通信記録を関係企業に照会、人物の特定を進めてきた。
”と報道した(リンクはこちら)。

・「その後、「やめると言ったら暴力も激しくなった」「殺されるかもしれない」などと友人に漏らしていた」とあるが、これは一体いつ頃のことだろうか。
 なぜその時点で親や学校は適切な対応ができなかったのだろうか。

・「今年1月以降に不登校となってからも、「(グループから)行くなと脅されている。学校に行きたい」などと漏らし、目の周りが変色するほど殴られたこともあった。」とあるが、なぜその時点で警察にかけこまなったのだろうか。

・「市教委によると、上村さんは今月16日、女性の担任教諭がかけた携帯電話に出て「そろそろ(学校に)行こうかな」と応答していた。」とあるが、「学校」としてはこんなことしかできなかったのだろうか。

・「上村さんは19日夜に自宅で母親と食事をした後、普段着で外出。」とあるが、すでにかなり前からこういう状況は続いていただろう。なぜ「母親」はそれを放置していたのだろうか。

 とにかくこの事件で不可解なことは親や学校の対応が非常に消極的だということである。
 ネットの中では「上村さんの知り合いの少年3人」は在日南北朝鮮人ではないかと囁かれている。
 もしそうだとしたら学校の対応はさもありなんというところである。
 しかし親までもがなぜそうなのかは疑問が残る。もう少し詳しい報道を待ちたい。
  1. 2015/02/28(土) 01:57:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"在留資格に「介護」新設へ 外国人労働者受け入れ促進" その前に介護職の処遇改善が必要だが政府の取り組みはまだまだ不足!! | ホーム | "【歴史戦】米慰安婦像撤去訴訟「なぜ日本政府から同調する意見表明ないのか?」 予想どおりであり河野談話の白紙撤回のためにはむしろ歓迎すべき結果!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2309-1bc12658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)