金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"関係改善へ日韓重鎮が協議 森元首相も参加 韓国紙報道" 調整型の安倍晋三首相には首相経験者や党重鎮の影響力は大きいから目を皿にして監視しなければならない!!

 3月12日の産経新聞は,”関係改善へ日韓重鎮が協議 森元首相も参加 韓国紙報道
 韓国紙、中央日報は12日、日韓外交消息筋の話として、日韓の政財界重鎮が両国関係改善のため、22、23両日に東京で会合を開き協議すると報じた。
 日本側からは森喜朗元首相、河村建夫・日韓議員連盟幹事長、佐々木幹夫・日韓経済協会会長ら6~7人が出席し、福田康夫元首相も加わる可能性が高いという。
 会合は慰安婦問題についても意見交換するとみられ、安倍晋三首相と朴槿恵大統領に提言するという。5月にはソウルで協議し、共同声明を発表する予定だ。
”と報道した(リンクはこちら)。

・「日韓の政財界重鎮が両国関係改善のため」とあるが、一体彼らは何を「協議」するつもりだろうか。
 当方にとっての「両国関係改善」とは竹島を取り戻し、南朝鮮に慰安婦詐欺を止めさせることであるが、果たして彼らはその方策を考えてくれるのだろうか。

・「森喜朗元首相」、「福田康夫元首相」とも前回の総選挙時に引退したのであるが、今さら何をまたしゃしゃり出て来るのだろうか。
 こうした政界の古狸のうごめきは他にもある。

 3月11日の産経新聞は,”反安倍の会? 村山元首相らが「さとやま・草奔の会」設立
 社民党の村山富市元首相ら安倍晋三首相に批判的な元国会議員らが11日、「さとやま・草奔の会」を設立し、都内で初会合を開いた。
 村山氏は会合で、政府が今夏に発表する戦後70年の首相談話について「安倍首相は『侵略』などの言葉を使うことに疑義を持っており、日本は世界から孤立しかねない」と述べた。会合には、自民党の山崎拓元副総裁や新党大地の鈴木宗男代表らが出席した。
”と報道した(リンクはこちら)。

・「「さとやま・草奔の会」を設立」とあるが、Wikiには「草莽とは、本来は民間にあって地位を求めず、国家的危機の際に国家への忠誠心に基づく行動に出る人(「草莽之臣」)を指すが、幕末期の日本においては特殊な意味を有した。」とある(リンクはこちら)。
 売国奴の「社民党の村山富市元首相」、「自民党の山崎拓元副総裁」、「新党大地の鈴木宗男代表」らにはブラック・ジョークとしか思えないネーミングである。

・「日本は世界から孤立しかねない」とあるが、「孤立」するかどうかよりも問題は何が正しいかだろう。
 それとも「村山氏」の言う「世界」とは支那と南北朝鮮しか含まないのではないか。
 それなら当方としては「孤立」は大歓迎である。

 とはいえ所詮は自民党的調整型の「安倍晋三首相」に対してはこのような首相経験者や党重鎮の影響力は大きいから、我々国民としては「安倍晋三首相」が彼らの意見に引きずられないか目を皿にして監視していなければならない。
  1. 2015/03/12(木) 23:40:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"田母神氏が告訴状送付 会計責任者の横領疑い問題で" 通告書(水島総氏・チャンネル桜)にはまだチャンネル桜とは決定的な決別には至りたくないという意図が表れている? | ホーム | "慰安婦問題「真摯に対応」 国連女性委で外務政務官" こんな発言を繰り返していればいつかは国連から法的責任を求められることは確実!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2322-f5958e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)