金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"首相、慰安婦「人身売買」表現の理由説明" 米国務省官僚と同じ言葉を使えば「旧日本軍や官憲による強制連行説とは一線を画す」という風にはならないことは自明!!

 3月30日の産経新聞は,”首相、慰安婦「人身売買」表現の理由説明
 安倍晋三首相は30日の衆院予算委員会で、米紙インタビューで慰安婦について「人身売買」という表現を使用したことをめぐり、「この問題についてはさまざまな議論がされてきているところだが、その中で人身売買についての議論も指摘されてきたのは事実だ。その観点から人身売買という言葉を使った」と述べた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 一昨日のエントリーで半分願望を兼ねて「当方の推測では「人身売買」という言葉は使っていないのではないかと思う」と書いたのであるが,残念ながら事実であった。
 これが吉と出るか凶と出るかについては当方は後者と考えるが,それは様々な意見があろう。
 ただこれについてはひとつ頭に置いて置かなければならないことがある。それは次の報道に関係する。

 3月28日の産経新聞は,”【歴史戦】首相の「人身売買」発言 強制連行説と一線を画す
 安倍晋三首相が米紙のインタビューで慰安婦について、人間を物品と同じように売買することを意味する「人身売買」という表現を使った理由について、政府高官は28日、「特別な意味はない」と語った。ただ、「人身売買には日本語の意味として強制連行は含まれない」とも指摘しており、旧日本軍や官憲による強制連行説とは一線を画す意図もあったとみられる。
 米国務省が今月初め、韓国メディアなどに示した慰安婦問題に関する見解も「性的な目的の人身売買」と位置づけており、結果的にこれとも歩調を合わせた形となった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 この中の「米国務省が今月初め、韓国メディアなどに示した慰安婦問題に関する見解」は具体的にはどういう内容なのか。
 はっきりしたソースは不明であるが,「Voice of America」というサイトにこれに関する記事が出ている。そこには次のとおりある(リンクはこちら)。

Washington has been trying not to get tangled in the dispute between the allies.
(ワシントンは同盟国間の紛争において巻き込まれないようにしようとしていた。)
On Monday, the State Department tried to play down the controversy by condemning Japan’s wartime actions, while calling on all sides to make efforts to resolve the issue.
(月曜日に国務省は日本の戦時の行為を非難することによって論争を軽く扱おうとした。その一方ですべての側に問題を解決する努力をするように頼んだ。)
“The trafficking of women for sexual purposes by the Japanese military during World War II was a terrible, egregious violation of human rights. President Obama has said it is in the interest of both the Japanese and the Korean people to look forward as well as backwards and to find ways in which the heartache and the pain of the past can be resolved, because the interests today of the Korean and Japanese people so clearly converge,” said a State Department official.
(「第二次世界大戦の間の日本軍による性的な目的のための女性の売買は人権に対する恐ろしい実にひどい侵害だった。オバマ大統領は過去だけでなく将来も見て過去の心痛と苦しみを消し去ることができる方法を見つけることが日本と韓国の両方の人々の利益であると言った。なぜなら韓国と日本の人々の今日の利益は大変明らかにひとつにまとまるからだ。」と国務省の官僚は言った。)

 米国務省の官僚はあくまで「The trafficking」は「by the Japanese military」(日本軍による)と言っているのである。
 それと同じ言葉を使えば,「旧日本軍や官憲による強制連行説とは一線を画す」という風にはならないことは自明だろう。
  1. 2015/03/30(月) 23:40:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"東洋ゴム問題 倒壊の恐れ無し 国交省も確認 再発防止へ有識者委" 我が国もまだまだ支那や南朝鮮を嘲笑できる身分ではない!! | ホーム | "GDP:年率1.5%増に下方修正 10~12月改定値" いずれにせよ誤差の範囲程度であってアベノミクスの政策的有用性は認められない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2340-40877ee7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)