金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"唐元国務委員と会談" 泥棒国家支那と関係改善とは全く笑止千万!!

 5月4日の産経新聞は,”唐元国務委員と会談
 超党派の日中友好議員連盟(会長・高村正彦自民党副総裁)メンバーは4日夜、北京で中日友好協会会長の唐家●(=王へんに旋)元国務委員と会談する。習近平政権指導部の要人との会談も要請しており、安倍晋三首相と習主席との会談が4月にインドネシアで約5カ月ぶりに実現したことを踏まえ、関係改善の動きを加速させたい考えだ。
 高村氏のほか、高木義明民主党国対委員長、北側一雄公明党副代表らが参加。6日に帰国する。
”と報道した(リンクはこちら)。

 尖閣諸島では相変わらず支那公船が領海侵犯しているのに,なぜのんびり「中日友好協会会長」と議論していられるのだろうか。
 泥棒国家支那と「関係改善」とは全く笑止千万であり,「中日友好」のお題目などブラック・ジョーク以外の何ものでもない。

 党全体の体質がこうだから,安倍政権も相変わらず愚かな外交姿勢を維持している。

 5月3日の産経新聞は,”日中韓財務相会議 需要拡大策の継続で一致 AIIBには言及なく
 日本、中国、韓国の3カ国は3日、アゼルバイジャンの首都バクーで財務相・中央銀行総裁会議を開き、世界経済の成長が緩やかになっていることを踏まえ、各国が需要拡大に向けた経済政策を継続することで一致した。
 会合後に発表した共同声明では、世界経済の現状を「成長は緩やかなままで一様でない道筋をたどっている」と指摘。3カ国が成長力を高めるため、構造改革に取り組む考えも盛り込んだ。中国主導で設立されるアジアインフラ投資銀行(AIIB)への言及はなかった。
 各国の金融政策については「負の波及効果を最小化するため、明確にコミュニケーションが行われるべきだ」とした。
 東南アジア諸国連合(ASEAN)も含めた域内の金融協力を強化していくことでも一致。来年5月に独フランクフルトで次回会合を開くことも決めた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 ネットの中では相変わらず安倍信者が「中国主導で設立されるアジアインフラ投資銀行(AIIB)への言及はなかった。」を大絶賛しているだろうけれど,そんなことは我が国としては余りにも自明であり,見え見えの自民党のネット工作にひっかかっていてはいけない。
 
 それよりも尖閣問題や慰安婦問題を抜きにしても,日頃から中韓の先端技術泥棒や為替操作を糾弾している当方にすれば,「日中韓」の経済関係など百害あって一利なしである。

 こういう点では我が国の保守勢力の姿勢はまだまだ弱いと言える。
  1. 2015/05/05(火) 01:41:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"自民ハト派が結集へ 7日に若手12人が初会合 「過剰なナショナリズム排す…」" 安倍晋三首相は現実の政策的にはナショナリズムが不足しており全く我が国の苦境を解消する力にはなっていない!! | ホーム | 特別永住者制度変更に伴う在日強制送還問題に関するコメントの紹介>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2375-f2a03891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)